(最終更新日:2021-10-12 16:44:14)
  アズマ ノブカズ   AZUMA Nobukazu
  東 伸一
   所属   青山学院大学  経営学部 マーケティング学科
   職種   教授
■ 担当科目
流通論I /II , 商学基礎論I /II
■ 専門分野及び関連分野
流通, 商業 
■ 学歴・学位
1. スターリング大学 経営大学院 経営学専攻 修士課程修了
2. ヘリオット・ワット大学 経営大学院 経営学専攻 博士課程修了
■ 職歴
1. 2001/10~2003/06 ヘリオット・ワット大学 経営学部 非常勤講師
2. 2002/02~ ヘリオット・ワット大学スクール・オブ・マネジメント Research Associate
3. 2003/04~2005/03 流通科学大学附属流通科学研究所 専任講師
4. 2005/04~2008/03 青山学院大学 経営学部 経営学科 専任講師
5. 2008/04~2009/03 青山学院大学 経営学部 経営学科 准教授
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 2019/11~ American Collegiate Retailing Association (ACRA)
2. 2003/04~ 日本商業学会
3. 2007/04~ マーケティング史学会
■ 
1. 2021/07 CERR 2021ベストペーパー賞次点
2. 2017 科学研究費 審査委員 表彰
3. 2004/09 流通科学大学研究奨励特別賞(2003~2004年度の研究全般)
4. 2004/05 Emeral Literati Club Highly Commended Award 2004
5. 2003/11 ACRAコンファレンス ベストペーパー賞次点
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2008/04/01~ 青山学院大学 剣道部部長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~  業態の提供価値と顧客評価の齟齬に着目した小売企業の業態戦略に関する総合的研究 科研費基盤C 
2. 2018/04~  小売競争と地域多様性の相互作用に関する総合的研究 科学研究費基盤C 
3. 2018/04~  質的比較分析(QCA)を用いた衣料品小売業と飲食料品小売業の研究 科学研究費基盤C 
4. 2016/04~2017/03  フードサービスにおける多店舗化と事業システムについての研究―事業システムの特性と活動成果の分析枠組みの検討を中心に― 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2014/04~2017/03  流通の有力理論・仮説にかんする研究 基盤研究(A)(研究代表者) 
全件表示(11件)
■ 社会的活動
1. 2005/04~2007/04 財団法人ファッション産業人材育成機構(IFI)マーケティング委員会及びマーチャンダイジング委員会研究員
2. 2005/02~ 日欧産業協力協会「EU流通ミッション」講師
■ 委員会・協会等
1. 2013/04~2018/08 中小企業診断士試験出題委員 出題委員
2. 2009/08~2010/03 経済産業省繊維産業におけるブランド化に関する委員会 委員
3. 2008/11~2010/08 中小企業診断士試験出題委員 出題委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  Revisiting the Big Middle: An fsQCA Approach to Unpack the Large Value Market from the Product Specialist Retailer's Perspective (共著) 2021/07
2. 論文  Applications of Process-tracing Method towards the Theorisation of Retail Business Model (共著) 2021/03
3. 論文  事例内因果推論技法としての過程追跡法の方法論的基礎とその流通研究における可能性について (共著) 2021/03
4. 論文  UNPACKING THE CAUSAL RECIPES OF RETAILING MIX ON CONSUMER SATISFACTION IN GROCERY SHOPPING USING QUALITATIVE COMPARATIVE ANALYSIS (QCA) – FROM AN EXPERIENCE OF A JAPANESE MINI SUPERMARKET MULTIPLE (共著) 2020/06
5. 論文  ”A Mixed-method Study on the Determinants of Different Levels of Customer Satisfaction with a ‘Mini Supermarket’ Multiple in a Spatially Small Urban Market Setting” (共著) 2020/03
全件表示(27件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2013/11 日系小売企業の国際化と商品調達ネットワーク(台北)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2021/07/16 Revisiting the Big Middle: An fsQCA Approach to Unpack the Large Value Market from the Product Specialist Retailer's Perspective(Colloquium on European Research in Retailing 6th Conference 2021)
2. 2021/05/30 流通研究における過程追跡法の可能性〜ケーススタディとの関係を主眼に〜(日本商業学会 第71回全国研究大会)
3. 2021/03 Applications of Process-tracing Method towards the Theorisation of Retail Business Model(AMA ACRA Triennial Conference 2021)
4. 2020/03 “Unpacking the Causal Recipes of Retailing Mix on Consumer Satisfaction in Grocery Shopping Using Qualitative Comparative Analysis (QCA) – From and Experience of a Japanese Mini Supermarket Multiple"(ACRA 2020 Annual Conference)
5. 2019/10/04 スモールデータ分析のススメ:fsQCAを用いた小商圏における買い物客の顧客満足の規定要因の解析(日本マーケティング学会)
全件表示(17件)