(最終更新日:2019-04-03 20:14:17)
  タカギ アキコ   TAKAGI, Akiko
  髙木 亜希子
   所属   青山学院大学  教育人間科学部 共通教育・外国語科目
   職種   教授
■ 担当科目
英作文Ⅰ, Comprehensive English I, 英語講読Ⅱ, 初等英語特論, 英語科教育法特論、 中等教育実習Ⅰ
■ 専門分野及び関連分野
英語教育 
■ 学歴・学位
1. 山口大学 人文学部 語学文学科英語学専攻 卒業
2. 金沢大学大学院教育学研究科(修士課程)英語教育専攻修了
3. 金沢大学 修士(教育学)
4. ニューヨーク州立大学バッファロー校大学院 教育学研究科 英語教授法専攻 修士課程修了
5. ニューヨーク州立大学 修士(教育学)
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 2010/04~2018/03 青山学院大学 教育人間科学部 准教授
2. 2018/04~ 青山学院大学 教育人間科学部 教授
■ 所属学会
1. 1997/03~ 全国語学教育学会
2. 1999/04~ 全国英語教育学会
3. 1999/04~ 日本児童英語教育学会
4. 1999/04~ 関東甲信越英語教育学会
5. 2001/04~ 大学英語教育学会
全件表示(13件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  英語教育の質的向上を目指した実践研究法の整備と可能性の探究 基盤研究(C)(研究代表者) 
2. 2015/04~2018/03  初任英語教員の教科指導の向上と学校での問題克服を支援するシステムの提案 基盤研究(C)(研究分担者) 
3. 2014/04~2017/03  英語科教員養成における教師の成長モデルの構築 基盤研究(C)(研究代表者) 
4. 2011/04~2015/03  小学校外国語活動実践を組み込んだ教員養成6年制に関する研究 基盤研究(B)(研究分担者) 
5. 2011/04~2014/03  英語科教員養成における電子ティーチング・ポートフォリオの活用 若手研究(B)(研究代表者) 
全件表示(7件)
■ 社会的活動
1. 2018/11 東京都英語教育中核教員養成講座講師
2. 2018/07~2018/08 浜松市立桜ケ丘中学校校内研修会指導助言
3. 2018/03 「教職大学院における教育実践研究」富山大学大学院教職実践研究開発研究科 講師
4. 2017/12 米原市教職員研修講座「授業力アップ講座(英語・外国語活動I)」講師
5. 2017/05~2018/03 文部科学省委託事業:次世代の教育情報化推進事業「情報教育の推進等に関する調査研究」企画検証委員会委員
全件表示(22件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  第6章「リスニング」、第8章「スピーキング」 JACET教育問題会編『行動志向の英語科教育の基礎と実践ー教師は成長する』 (単著) 2017/11
2. 著書  『はじめての英語教育研究: 押さえておきたいコツとポイント』 (共著) 2016/08
3. 著書  「グローバル化を目指した青山学院CAN-DOリスト」『青山学院 4-4-4一貫制英語教育構想』 (単著) 2015/04
4. 著書  Chapter 9 "My journey in teacher development" In P. Ng, & E. Boucher-Yip (Eds.), Local contextual influences on teaching: Narrative insights from ESL and EFL professionals. (単著) 2014
5. 著書  序書(共同)「成長する英語教師を目指して」、第4章「学習者論」、第5章「教師論」、第14章「授業の形態」 『英語科教育の基礎と実践―成長する英語教師を目指してー』 (共著) 2012/02
全件表示(73件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2017/08 質的研究の技法以前:研究デザインをどのように設計するか(名古屋学院大学)
2. 2017/06 質的研究入門―実践研究に役立てるために(近畿大学)
3. 2016/08 質的研究入門(獨協大学)
4. 2014/10 人文・社会科学における質的研究の理論と方法(麗澤大学)
5. 2014/09 A critical analysis of English university entrance examinations at Japanese universities(法政大学)
全件表示(21件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2019/03/10 ヨーロッパ言語教育履修生ポートフォリオ』(EPOSTL)及び『言語教師のポートフォリオ』(J-POSTL)に関する研究のレビュー ―日本における今後の実践と研究への示唆―(言語教育エキスポ2019(単独))
2. 2019/03/10 中高現職英語教員プロジェクトの成果―自立的学習者を育てる J-POSTL を利用した授業改善の実践事例(言語教育エキスポ2019(共同))
3. 2018/11/14 How purpose statements and research questions are formed in qualitative second and foreign language teaching and learning research: Implications from current research articles(ERAS-APERA International Conference 2018)
4. 2018/06/24 若手英語教師による学びと成長の軌跡ー授業研究会後のインタビュー分析に基づく教師の認知ー(第48回中部地区英語教育学会静岡大会(単独))
5. 2017/09/24 実践研究におけるジャーナルの意義―中学校英語教員の経験を事例として―(第23回日英・英語教育学会研究大会(共同))
全件表示(79件)