(最終更新日:2021-06-07 15:38:51)
  イタミ タク   ITAMI Taku
  伊丹 琢
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   助教
■ 担当科目
電気工学実験Ⅱ,電気電子工学基礎実験Ⅰ,電気回路ⅠBおよび演習
■ 学歴・学位
1. 三重大学 工学部 機械工学科 卒業
2. 三重大学大学院 工学研究科 機械工学専攻 博士前期課程 修了
3. 三重大学大学院 工学研究科 システム工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
■ 職歴
1. 2018/07~2020/03 三重大学 地域創生戦略企画室 助教
2. 2018/07~2020/03 三重大学 工学部 機械工学科 助教
3. 2020/04~ 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 助教
■ 所属学会
1. IEEE
2. 日本機械学会
3. 日本義肢装具学会
4. 看護人間工学会
5. 計測自動制御学会
■ 
1. 2017/03 日本機械学会 三浦賞
2. 2017/05 Best Paper Award-The 2nd International Symposium on Innovative Education and Technology 2017
3. 2019/11 Track 4 Best Paper Award – 1st Place-ASME IMECE2019
4. 2020/03 三重大学 学長賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016~2018  下肢骨格アライメント整合コンセプトに基づく装着型歩行支援ロボットの開発 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2019  Mechanical Orthosis with Rotation Induction to Lower Leg for Patients with Knee Osteoarthritis その他の補助金・助成金 
3. 2019~  看護・介護現場における腰痛予防教育管理システムの開発 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 
4. 2020~2021  高齢者の転倒予防を目的とした装着型ロボットの開発 その他の補助金・助成金 
5. 2021~2022  歩行時の疼痛軽減を目的とした正常歩行へ誘導可能な装着型ロボット装具の開発 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 委員会・協会等
1. 2021~2022 青山学院大学先端情報技術研究センター(CAIR) 運営委員
2. 2019/04/01~2020/03/31 計測自動制御学会 中部支部 運営委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  A Survey of low-back pain during care activities of care worker in nursing home A - First report - (共著) 2021/04
2. 論文  Evaluation of the stability limit of static walking in the elderly by considering the relationship between a projected point of a centroid and the base of support (共著) 2021/01
3. 論文  Robust Path Planning Combined Persistent Homology with H2 Augmented Graph in 2.5D Environment (共著) 2021/01
4. 論文  Guitar playing support device with caliper brake mechanism for upper limb disabled (共著) 2020/01
5. 論文  Robot arm operating interface using a touch panel for gripping an object on the floor by designating the end effector (共著) 2020/01
全件表示(17件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2017/11 Assistive Robot Technologies for Aging Society
■ 研究業績(学会発表)
1. 2021/06 セマンティックセグメンテーションを用いた超音波画像からの骨表面抽出(ロボティクス・メカトロニクス講演会)
2. 2021/06 ラインレーザーとOpenCVを用いたリアルタイムでの障害物検出(ロボティクス・メカトロニクス講演会)
3. 2021/06 看護動作時の腰痛予防を目的とした3軸加速度センサによるひねり検出(ロボティクス・メカトロニクス講演会)
4. 2021/03 Chained Form を利用した四輪車両の移動経路を考慮した安定化制御(第53回計測自動制御学会北海道支部学術講演会)
5. 2021/03 パーシステントホモロジーによる標高差を考慮した軌道生成アルゴリズムの作成(第48回知能システムシンポジウム)
全件表示(27件)
■ 研究業績(取得特許)
1. 2016/09/02 姿勢保持装置(特願2016-172155)
2. 2016/10/20 下腿回旋装具(特願2016-206217)
3. 2017/06/30 下腿回旋装具(特願2017-129281)
4. 2018/12/27 下腿回旋装具(特願2018-246214)