(最終更新日:2018-11-07 16:52:17)
  ヨシダ アツマサ   YOSHIDA,Atsumasa
  吉田 篤正
   所属   青山学院大学  理工学部 物理・数理学科
   職種   教授
■ 担当科目
高エネルギー物理概論Ⅱ(第一部)、高エネルギー物理(第一部)、確率統計Ⅰ(第一部)、応用確率統計(第一部)、物理・数理専門実験Ⅰ(第一部)、物理・数理専門実験Ⅱ(第一部)、天体宇宙概論(第一部)、宇宙物理特論A(大学院)、力学Ⅰ(第一部)、基礎物理学A(第一部)、物理学Ⅰ(第一部)、物理科学特別輪講C(大学院)、物理科学特別輪講A(大学院)、応用物理学輪講(第一部)、数理輪講(第一部)、応用物理学輪講Ⅰ(第一部)、物理学輪講(第一部)、物理学輪講Ⅰ(第一部)、理工学実践演習Ⅰ(第一部)、卒業研究Ⅰ(第一部)、数理輪講Ⅰ(第一部)、卒業研究(第一部)、博士後期課程研究指導Ⅰ(大学院)、理工学特別実験・演習C(大学院)、理工学特別実験・演習A(大学院)、数理輪講Ⅱ(第一部)、卒業研究Ⅱ(第一部)、理工学実践演習Ⅱ(第一部)、物理学輪講Ⅱ(第一部)、応用物理学輪講Ⅱ(第一部)、理工学特別実験・演習D(大学院)、理工学特別実験・演習B(大学院)、物理科学特別輪講D(大学院)、物理科学特別輪講B(大学院)
■ 専門分野及び関連分野
高エネルギー天体物理学, 放射線計測学 
■ 学歴・学位
1. 東京大学理学部物理学科卒業
2. 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程修了
3. 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 博士課程修了
4. 東京大学 理学博士
■ 職歴
1. 1989/06~1990/11 理化学研究所 研究員補
2. 1990/12~1998/03 理化学研究所 研究員
3. 1998/04~2001/03 理化学研究所 先任研究員
4. 1999/04~1999/09 埼玉大学 非常勤講師
5. 1999/10~2000/03 宮崎大学 非常勤講師
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1984/09~ 日本物理学会
2. 1986/09~ 日本天文学会
3. 1990~ International Astronomical Union
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2005/04/01~ 青山学院大学 理工宇宙科学研究部顧問
2. 2013/04/01~ 青山学院大学 理工学部物理・数理学科主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001/04~2003/03  HETE-2衛星を用いたガンマ線バースト/バースト残光天体の研究 基盤研究(B)(研究代表者(共同) 
2. 2003/08~2004/03  全天X線監視装置(MAXI)用コリメータの研究(単独) 企業からの受託研究 
3. 2004/08~2005/03  全天X線監視装置ガススリットカメラ用ガス比例計数管の研究(単独) 企業からの受託研究 
4.   国際宇宙ステーション搭載CALET実験ガンマ線バーストモニターの開発 国際共同研究 
5.   国際宇宙ステーション搭載MAXI全天X線観測装置の開発および同装置を利用した天体現象の観測研究 国内共同研究 
全件表示(7件)
■ 社会的活動
1. 2001/04~ (特別研究員)客員研究員: 高エネルギートランジェント天体の研究(理化学研究所)
2. 1997/12~ (特別研究員)招聘研究員: MAXI全天X線観測装置の開発(宇宙開発事業団)
3. 1990/04~ (特別研究員)共同研究員: 人工衛星を用いたX線γ線天体の研究(文部科学省宇宙科学研究所)
■ 委員会・協会等
1. 1999/10~ 宇宙開発事業団有人サポート委員会宇宙放射線被曝管理分科会専門委員 委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  “HETE-2 Observation of Two Gamma-Ray Bursts at z > 3” (共著) 2005
2. 論文  “High-Energy Observations of XRF 030723: Evidence for an Off-Axis Gamma-Ray Burst?” (共著) 2005
3. 論文  “Repeated injections of energy in the first 600ms of the giant flare of SGR1806 - 20” (共著) 2005
4. 論文  “HETE Observations of the Gamma-Ray Burst GRB 030329: Evidence for an Underlying Soft X-Ray Component” (共著) 2004
5. 論文  “HETE-2 Observations of Gamma-Ray Bursts and Their Follow-Ups” (共著) 2004
全件表示(25件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2004 HETE-2が開いた地平
■ 研究業績(学会発表)
1. 2005 GRB030328のプロンプト放射からafterglowへの遷移過程の観測的研究(日本天文学会2005年春季年会(明星大学)(日本天文学会))
2. 2005 HETE-2衛星、BeppoSAX衛星によるガンマ線バーストの本体と可視光残光の関係(日本天文学会2005年春季年会(明星大学)(日本天文学会))
3. 2005 HETE-2衛星が捉えたガンマ線バーストのX線アクティビティ(日本天文学会2005年春季年会(明星大学)(日本天文学会))
4. 2005 HETE-2衛星の観測運用状況―2004年秋から現在まで(日本天文学会2005年春季年会(明星大学)(日本天文学会))
5. 2005 すばる望遠鏡によるXRF040916残光の観測(日本天文学会2005年春季年会(明星大学)(日本天文学会))
全件表示(59件)