(最終更新日:2021-09-02 17:33:09)
  サイトウ シユウゾウ   SAITO Shuzo
  齋藤 修三
   所属   青山学院大学  コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科
   職種   教授
■ 担当科目
基礎演習Ⅱ、応用演習Ⅰ、専門演習Ⅰ・Ⅱ、マイノリティ文化論、英語講読Ⅳ、地域異文化共生論、他
■ 専門分野及び関連分野
アメリカ文学、アメリカ研究, イギリス文学、現代批評、カルチュラル・スタディーズ 
■ 学歴・学位
1. 福島県立安積高等学校 卒業
2. 青山学院大学 文学部 英米文学科 卒業
3. 青山学院大学 文学士
4. 青山学院大学大学院 文学研究科聴講生修了
5. 青山学院大学大学院 文学研究科 英米文学専攻〔博士前期課程〕修了
全件表示(9件)
■ 職歴
1. 1985/04~1990/03 日本工学院専門学校英語科 非常勤講師
2. 1985/04~1986/03 私立東京学園高等学校英語科 非常勤講師
3. 1988/04~1990/03 工学院大学外国語科 非常勤講師
4. 1988/04~1996/03 玉川大学文学部 非常勤講師
5. 1990/04~1995/03 青山学院女子短期大学 英文学科 専任講師
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1990~2000 イギリス・ロマン派学会
2. 1990~ 日本アメリカ文学会
3. 2004~ 多民族研究学会
4. 2010/09~2015/08 ∟ 編集委員会委員長
5. 2015/09~2017/08 ∟ 企画委員会副委員長
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   アメリカ文学、アメリカ研究、英米詩、チカーノ・ラティーノやアフリカ系など米国マイノリティ研究 個人研究 
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  第23章 同化という「空気の支配」の下で:カレンとヒューズ、それぞれの仮面の詩学 (共著) 2021/08
2. 著書  (読書案内)「メーテルリンク『青い鳥』」 『世界少年少女文学 ファンタジー編』(定松正編) (共著) 2010/01
3. 著書  (読書案内)「アンネ・フランク『アンネの日記』」 『世界少年少女文学 リアリズム編』(定松正編) (共著) 2009/12
4. 著書  (読書案内)「クリアリー『がんばれヘンリーくん』」 『世界少年少女文学 リアリズム編』(定松正編) (共著) 2009/12
5. 著書  (読書案内)「クーパー『モヒカン族の最後』」 『世界少年少女文学 リアリズム編』(定松正編) (共著) 2009/12
全件表示(64件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2018/05 講演「ポエジーをめぐる一考察:社会と宇宙のはざまに橋架ける」(青山学院大学渋谷キャンパス)
2. 2013/11 「Femicide in Juarez(シウダー・フアレス市における女性虐殺)」(慶応大学日吉キャンパス)
3. 2010/01 「ディフラシスモの街―East L.A.とチカーノ」 明治大学大学院文学研究科 文化継承学Ⅱ 特別シンポジウム 都市と文学―「マイナー文学」の表現をめぐって(明治大学駿河台キャンパス)
4. 2006/10 メキシコ系アメリカ人―過去・現在・未来(早稲田大学エクステンションセンター主催)
5. 2006/01 チカーノ・チカーナ・アート・アクティヴィストが見たファレス事件、そして国境(立教大学)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2019/12/14 マイノリティ詩人とリーディング:アメリカ現代詩を「よりましに」するアンソロジー(アメリカ文学会東京支部会12月シンポジウム「ポエトリー・リーディングの現在位置」)
2. 2016/09 「Langston Hughesの1920年代初期詩篇を読む」(日本アメリカ文学会東京支部9月例会個人研究発表)
3. 2013/06 踊り場の詩学:マクシマス詩篇遠望(日本アメリカ文学会東京支部6月例会シンポジウム「チャールズ・オルソンって誰?『マクシマス詩篇』って何?」)
4. 2012/10 本質主義の誘惑に抗いながら:チカーノ運動にみるアート・アクティヴィズム(日本アメリカ文学会第51回全国大会ワークショップⅠ「もうひとつの公民権運動―60年代アクティヴィズムと文学」)
5. 2006/05 アメリカスの詩学:チカーノ・ラティーノが響かせるヴァナキュラーな周縁(シマ)言葉(日本英文学会第78回大会)
全件表示(11件)