(最終更新日:2019-03-09 12:38:06)
  シマザキ ケンタロウ   SHIMAZAKI, Kentarou
  嶋崎 健太郎
   所属   青山学院大学  法務研究科 法務専攻
   職種   教授
■ 担当科目
憲法演習(専門職)、憲法(人権)(専門職)、憲法(統治)(専門職)、法曹演習A、法学特別演習(憲法)、公法特講D(憲法訴訟)(専門職)、比較憲法研究ⅡA・B、リサーチ・ペーパー(専門職)
■ 専門分野及び関連分野
憲法学, 人権論, 憲法裁判, 生命権, ドイツ憲法 
■ 学歴・学位
1. 中央大学 法学部 法律学科 卒業
2. 中央大学大学院法学研究科公法専攻博士前期課程修了
3. 中央大学 法学修士
4. 中央大学大学院法学研究科公法専攻博士後期課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2014/04~ 青山学院大学 法務研究科 法務専攻 教授
2. 2007/04~2014/03 新潟大学 大学院 実務法学研究科 教授
3. 2012/08~2012/09 ミュンスター大学 客員
4. 2002/11~2007/03 埼玉大学 経済学部 教授
5. 1996/04~1998/03 ゲッテインゲン大学 客員研究員
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 1981/10~ 日本公法学会
2. 1989/05~ 憲法理論研究会
3. 1989/10~ 日独法学会
4. 1992/04~ ドイツ憲法判例研究会
5. 1994/05~ 全国憲法研究会
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2018/04/01~2020/03/31 青山学院大学 大学院法務研究科法務専攻教務主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1993/04~1994/03  ヨーロッパ統合と外国人の選挙権 (研究代表者) 奨励研究A 
2. 2008/04~2011/03  憲法の規範力の研究-憲法学と他の社会科学・法学との討議による検証 (研究分担者) 基盤研究A 
3. 2010/04~2013/03  憲法の基本権規範の医事法に対する具体的影響力の研究 (研究代表者) 基盤研究C 
4.   基本権理論、 憲法裁判, 生命権, ドイツ憲法 個人研究 
■ 委員会・協会等
1. 2015/04~2019/03/31 埼玉県情報公開審査会 会長(2017/04~2019/03)
2. 2016/10~ 日弁連法務研究財団 法科大学院認証評価 評価員
3. 2009/04~2014/03 国土交通省北陸地方整備局入札監視委員会 委員
4. 2013/04~2014/03 新潟市個人情報保護審議会 委員
5. 2001/04~2001/11 特許庁・弁理士審査分科会/工業所有権審査会試験委員(弁理士試験委員(憲法)) 試験委員
全件表示(11件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『講座 憲法の規範力第5巻 憲法の規範力と行政』(編集代表:嶋崎健太郎) (単著) 2107/03
2. 著書  「航空安全法判決」『ドイツの憲法判例Ⅳ』(編集代表:鈴木秀美・畑尻剛・宮地基) (共著) 2018/10
3. 著書  『判例から考える憲法』(小山・畑尻・土屋編) (共著) 2014/05
4. 著書  「加持祈祷事件」「牧会権事件」「日曜日授業参観事件」「宗教的理由による『剣道』の不受講」「宗教法人オウム真理教事件」「皇居前広場人権」「泉佐野市民会館事件」他全12編『憲法判例インデックス』(工藤達朗編) (共著) 2014/03
5. 著書  「憲法裁判の公開」、「判決の効力』「『ドイツの憲法裁判―連邦憲法裁判所の組織・手続・権限(第2版)』(畑尻剛・工藤達朗編) (共著) 2013/04
全件表示(68件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2012/09 "Verfassungarechtliche Aspekte des Schutz ungeborenen Lebens in Japan"(Münster/Germany)
2. 2004/08 "Rechtliche und tatsächliche Wirkung verfassungsrechtlicher Entscheidungen"(Universität Göttingen /Germany)
3. 2000/09 "Verfassungsrechtliche Probleme im Hinblick auf die Geburt von Menschen"(Universtaet Freiburg)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2006/09/02 「ドイツ連邦憲法裁判所・航空安全法違憲判決について」(ドイツ憲法判例研究会 第139回研究会)
2. 1999/09/04 「第3次堕胎判決?(バイエルン妊婦援助補充法事件)」(ドイツ憲法判例研究会 第73回研究会)
3. 1998/09/01 「『損害』としての子供-不妊手術及び遺伝子病相談に失敗した医師の民事責任と子の人間の尊厳-」(ドイツ憲法判例研究会 第63回研究会)
4. 1995/01/28 「ドイツにおける胎児の生命権と妊娠中絶判決」(憲法理論研究会 月例研究会)
5. 1994/06/04 「性転換者の名の変更の不平等・平等原則に関する違憲性判断基準および無効判決と立法者の形成自由」(ドイツ憲法判例研修会 第23回研究会)