(最終更新日:2018-11-07 12:48:44)
  ナリタ ジュンジ   NARITA,Junji
  成田 淳司
   所属   青山学院大学  経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 担当科目
金融論(第一部)、演習(卒業論文)(第一部)、金融理論研究(大学院)
■ 専門分野及び関連分野
金融論 
■ 学歴・学位
1. 小樽商科大学 商学部 経済学科 卒業
2. 小樽商科大学大学院 商学研究科 修士課程修了
3. 小樽商科大学 商学修士
4. 北海道大学大学院経済学研究科博士後期課程中途退学(北海道大学経済学部助手就任のため)
■ 職歴
1. 1980/04~1983/03 北海道大学 経済学部(経済政策論講座) 助手
2. 1980/04~1981/03 札幌商科大学 経済学担当 非常勤講師
3. 1981/05~1982/02 文部省 内地研究員(東京大学経済学部)
4. 1983/04~1989/04 財団法人国民経済研究協会 研究員
5. 1988/04~1991/03 東洋英和女学院短期大学 経済学担当 非常勤講師
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 1979/04~ 日本経済学会
2. 1983/04~ 日本金融学会
3. 1996/06~ 日本証券経済学会
4. 1998/06~ 日本統計学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~  マクロ経済政策の国際比較 個人研究 
2. 2006/04~  実質為替レート決定の理論と実証 個人研究 
3. 2006/04~  日本の金融政策と金融行政:日銀の金融政策、旧大蔵省、金融庁の金融行政を理論的、実証的に検討する。とくに、80年代後半以降の資産価格の急騰、その後の急落の時期に焦点を当てる。 個人研究 
4. 2006/04~  消費・貯蓄のライフサイクル仮説の検証:消費・貯蓄のライフサイクル仮説をミクロデータにより実証する。従来、消費・貯蓄のライフサイクル仮説は、集計データを使って実証分析がなされてきたが、ここでは、ミクロデータを使って検証する。 個人研究 
■ 委員会・協会等
1. 2000/06~2004/03 財団法人国民経済研究協会評議員 評議員
2. 1998/10~2000/10 経済企画庁物価局物価安定政策会議専門委員 専門委員
3. 1997/06~ 社団法人東亜科学技術協力協会科学技術経済部会幹事委員 幹事委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『実質為替レート決定メカニズムの理論と実証』(1997年・1998年報告書) (単著) 1999/03
2. 著書  『貯蓄、労働供給、および、資産蓄積の相互連関に関する総合的研究』(1998年度) (単著) 1999/03
3. 著書  『貯蓄,労働供給,および,資産蓄積の相互連関に関する総合的研究(1997年度)』 (単著) 1998/03
4. 論文  “The Economic Consequences of the ‘Price Keeping Operation’ in the Japanese Stock Markets” (単著) 2002/05
5. 論文  「日本のビッグバン―途上国金融改革へのインプリケーション」 (単著) 2000/06
全件表示(57件)