(最終更新日:2019-03-24 14:06:46)
  オガワ タケシ   OGAWA,Takeshi
  小川 武史
   所属   青山学院大学  理工学部 機械創造工学科
   職種   教授
■ 担当科目
機械創造工学演習(第一部)、工業力学(第一部)、材料強度学(第一部)、材料工学特論(大学院)、弾塑性工学(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
材料強度学 
■ 学歴・学位
1. 東京工業大学 工学部 機械物理工学科 卒業
2. 東京工業大学大学院 理工学研究科 機械物理工学専攻 修士課程修了
3. 東京工業大学大学院理工学研究科機械物理工学専攻博士課程中途退学
4. 東京工業大学 工学博士
■ 職歴
1. 1983/10~1990/09 岐阜大学 工学部 助手
2. 1989/06~1990/03 ブラウン大学 客員研究員
3. 1990/10~1997/03 岐阜大学 工学部 助教授
4. 1996/10~1997/03 大同工業大学 非常勤講師
5. 1997/04~2000/03 青山学院大学 理工学部 機械工学科 助教授
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 1982/04~ 日本機械学会
2. 1983/10~ 日本材料学会
3. 1993/06~ 日本材料試験技術協会
4. 1999/04~ 日本高圧力技術協会
5. 2006/06~ 自動車技術会
全件表示(7件)
■ 
1. 1994/05 日本材料学会 学術賞
2. 1999/04 日本材料試験技術協会賞
3. 2005/05 日本複合材料学会論文賞
4. 2006/05 日本材料学会論文賞
5. 2006/11 青山学院学術褒賞
全件表示(9件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 1999/04/01~ 青山学院大学 航空部部長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1983/10~  材料の疲労強度評価 個人研究および国内共同研究 
2. 1980/04~  材料の疲労き裂進展特性評価 個人研究および国内共同研究 
3. 1997/04~  インデンテーション法による局所力学特性評価 個人研究および国内共同研究 
4. 1986/04~1987/03  微小疲労き裂成長の下限界特性およびき裂開閉口挙動に関する研究 奨励研究(A)(研究代表者(単独)) 
5. 1987/04~1988/03  微小疲労き裂成長の下限界特性およびき裂開閉口挙動に関する研究 奨励研究(A)(研究代表者(単独)) 
全件表示(15件)
■ 社会的活動
1. 2016/04~ 宇宙航空研究開発機構 客員:CFRP複合材料の極低温における力学特性評価に関する技術指導
■ 委員会・協会等
1. 2016/01~2019/03 IoTセキュリティワーキンググループ 委員
2. 2012/11~ 内閣府 消費者安全調査委員会 委員
3. 2012/11~ 経済産業省 産業構造審議会 高圧ガス小委員会 委員長
4. 2012/05~ 日本ボイラ協会 開放検査周期認定事前審査委員会 委員
5. 2012/04~2019/03 日本溶接協会 原子力研究委員会 FQA小委員会 主査
全件表示(13件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  マイクロ・ナノ領域の超精密技術 (共著) 2011/03
2. 著書  リスクベース工学の基礎 (共著) 2011/03
3. 著書  メンテナンストライボロジー (共著) 2006/11
4. 著書  『機械工学便覧・基礎編α3・材料力学』(大野信忠他6名企画・編集)13・6節 (共著) 2005/04
5. 著書  『材料強度学』(中井善一編)4.6節 (共著) 2005/03
全件表示(253件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2015/10 日本溶接協会原子力研究委員会および疲労に関する小委員会活動の紹介(青山学院大学)
2. 2013/06 過大荷重を受けた溶接継手の疲労評価(東京(溶接会館))
3. 2010/10 最新の材料強度学(疲労と破壊力学,計測技術)(長岡技術科学大学)
4. 2009/01 二段多重変動振幅荷重下の高強度鋼のギガサイクル疲労強度(自動車技術会第3会議室)
5. 2008/08 インデンテーション法による局所力学特性評価および微視組織解析(東京:私学会館)
全件表示(16件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/09/12 金属キャスク用衝撃緩衝木材の高速変形挙動の観察(2018年度年次大会)
2. 2018/09/10 アルミニウム合金の湿潤ガス応力腐食割れに及ぼす主成分元素と湿度の影響(2018年度年次大会)
3. 2018/05/26 炭素鋼 STS410 の低サイクル疲労寿命に及ぼす表面加工層の影響(第67期学術講演会)
4. 2018/05/26 素材寸法の異なるSUS630鋼の超高サイクル疲労強度に及ぼす平均応力の影響(第67期学術講演会)
5. 2018/05/25 3次元離散転位動力学法を用いたき裂発生シミュレーション(第3回マルチスケール材料力学シンポジウム)
全件表示(342件)