(最終更新日:2019-04-03 11:53:25)
  マツカワ ヒロシ   MATSUKAWA,Hiroshi
  松川 宏
   所属   青山学院大学  理工学部 物理・数理学科
   職種   教授
■ 担当科目
コンピュータアプリケーション演習(第一部)、コンピュータアプリケーション演習Ⅰ(第一部)、コンピュータアプリケーション演習Ⅱ(第一部)、コンピュータプログラミング演習(第一部)、応用物理学輪講(第一部)、応用物理学輪講Ⅰ(第一部)、応用物理学輪講Ⅱ(第一部)、基礎物理学A(第一部)、最新物理講義(第一部)、数理輪講(第一部)、数理輪講Ⅰ(第一部)、数理輪講Ⅱ(第一部)、卒業研究(第一部)、卒業研究Ⅰ(第一部)、卒業研究Ⅱ(第一部)、物体と地震の運動(第一部)、物理科学特別輪講A(大学院)、物理科学特別輪講B(大学院)、物理学Ⅱ(第一部)、物理学輪講(第一部)、物理学輪講Ⅰ(第一部)、物理学輪講Ⅱ(第一部)、変形体及び流体(第一部)、理工学特別実験・演習A(大学院)、理工学特別実験・演習B(大学院)、量子力学Ⅲ(第一部)、量子力学C(第一部)、量子力学特論Ⅰ(大学院)、力学Ⅰ(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
物性理論, 低次元導体, 超伝導, 統計力学, トライボロジー, 低温物理, ナノテクノロジー, 表面物理, 摩擦、地震、密度波 
■ 学歴・学位
1. 東京理科大学 理学部 物理学科 卒業
2. 北海道大学大学院 理学研究科 物理学専攻 修士課程修了
3. 北海道大学大学院理学研究科物理学専攻博士後期課程修了
4. 北海道大学 理学博士
■ 職歴
1. 1987/04~1989/03 東京大学物性研究所日本学術振興会 特別研究員
2. 1989/04~1993/03 奈良女子大学 理学部 助手
3. 1993/04~1994/03 大阪大学 教養部 助教授
4. 1994/04~1995/03 大阪大学 理学部 助教授
5. 1995/04~2003/03 大阪大学 大学院理学研究科 助教授
全件表示(19件)
■ 所属学会
1. 1983/03~ 日本物理学会
2. 1994/02~ 日本トライボロジー学会
3. 1995/12~ American Physical Society
4. 2006/06~ American Geophysical Union
5. 2008/09~ 表面科学会
全件表示(6件)
■ 
1. 2011/12 日本表面科学会会誌賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1992/04~1993/03  摩擦の物性理論的研究 奨励研究(A)(研究代表者(単独)) 
2. 1993/04~1994/03  t-Jモデルの相図と物理的性質 重点領域(2)“高温超伝導の科学”(研究代表者(単独)) 
3. 1993/04~1994/03  電荷密度波の運動と摩擦の問題 重点領域(2)“計算物性物理”(研究代表者(単独)) 
4. 1994/04~1995/03  摩擦の物性理論的研究 奨励研究(A)(研究代表者(単独)) 
5. 1994/04~1995/03  銅酸化物の超伝導と磁性の理論的研究 重点領域(2)“高温超伝導の科学”(研究代表者(単独)) 
全件表示(22件)
■ 社会的活動
1. 2010/09~2010/09 International Conference on Science of Friction, 13-18 Sep.2010, Shima, Japan
2. 2007/09~2007/09 International Conference on Science of Friction, 9-13 Sep.2007, Irago, Japan
3. 2005/08 “摩擦,トライボロジー, ダイナミクス夏の学校”主催
4. 1999/07 奈良女子大学付属高校ボランティア講師
5. 1996/06~1996/09 オランダデルフト工科大学FOM研究員
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2019/04/01~2020/03/31 日本物理学会・Jr.セッション委員会 委員長
2. 2015/09~2015/09 International Tribology Conference, Tokyo 2015 Vice Chairperson
3. 2015/09~2015/09 International Tribology Conference, Tokyo 2015 Special Symposium "Science of Friction" Organizer
4. 2015/09~2015/09 東京大学地震研究所研究会 Internatioal meeting, Friction -from atomic to geophysical scales- 代表世話人
5. 2013/04~2016/03 日本物理学会Jr.セッション委員会 委員長
全件表示(9件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  「数値解析と表面分析によるトライボロジーの解明と制御」 (共著) 2018/03
2. 著書  「基礎物理学 力学」 (共著) 2016/11
3. 著書  すごいぞ! 身のまわりの表面科学 ツルツル、ピカピカ、ザラザラの不思議 (共著) 2015/10
4. 著書  「摩擦の物理」 岩波講座 物理の世界 (単著) 2012/06
5. 著書  「滑りと摩擦の科学」非線形科学シリーズ4液晶のパターンダイナミクス (共著) 2009
全件表示(113件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2017/10 Sliding Friction and Dilatancy of Wet Sand(奄美大島)
2. 2017/09 謎は残る。砂の摩擦と膨張
3. 2017/09 Amontons' law between randomly rough surfaces(北京)
4. 2016/08 摩擦の物理(菅平)
5. 2016/07 Hierarchy of Law of Friction(豊田産業技術記念館)
全件表示(32件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/09 Rate and State Friction Law and Static Friction Force(スロー地震学国際合同研究集会2018)
2. 2018/03/23 乱れた粗い表面の静摩擦係数の理論(日本物理学会 第73回年次大会)
3. 2018/03/16 Hierarchy of Law of Friction(スロー地震学CO2班 研究集会)
4. 2017/11/15 乱れた粗い表面の静摩擦係数の理論(トライボロジー会議2017秋)
5. 2017/09/30 謎は残る。砂の摩擦と膨張(電気通信大学ナノトライボロジー研究センター 第1回 シンポジウム)
全件表示(31件)