(最終更新日:2019-04-02 12:04:55)
  キシダ イツタカ   KISHIDA, Ittaka
  岸田 一隆
   所属   青山学院大学  経済学部 共通教育・外国語科目
   職種   教授
■ 担当科目
科学・技術の視点(個別科目)(エネルギー問題)、技術史A(科学・技術の歴史)・B(科学・技術の倫理)、文化としての科学・技術A(人文系文化と科学系文化のコミュニケーション)・B(文明論の科学)
■ 専門分野及び関連分野
科学コミュニケーション, 文明論, 科学技術史, 原子核・素粒子物理学, 科学教育 
■ 学歴・学位
1. 東京大学理学部物理学科卒業
2. 東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程修了
3. 東京大学 理学博士
■ 職歴
1. 1988/04~1993/03 東京大学 理学部 物理学科
2. 1993/04~1998/03 理化学研究所 研究員
3. 1998/04~2016/03 理化学研究所 先任研究員
4. 2003/04~ 東京女子大学 非常勤講師
5. 2015/01~ 東京女子大学 研究倫理審査委員会 外部委員
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 1984/04~ 日本物理学会
2. 2012/01~ 日本サイエンスコミュニケーション協会
■ 
1. 2010/10 埼玉県高圧ガス会会長表彰(単独)
2. 2010/11 理化学研究所 理事長感謝状(単独)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1990/04~1993/03  RIビームの2次核反応を用いた中性子過剰核の核構造研究 一般研究(A) 
2. 1990/04~1991/03  可視領域半導体レーザーを用いた素粒子実験用検出器のモニターシステムの開発 一般研究(C) 
3. 1993/04~1997/03  極端状況下の原子核の構造と相互作用 重点領域研究 
4. 2003/04~2006/03  新星・超新星における元素合成過程にかかわる軽い不安定核の天体核反応率測定 基盤研究(A) 
5. ~  科学コミュニケーション論 個人研究 
全件表示(7件)
■ 社会的活動
1. 2018/11 六ヶ所村ワークショップ
2. 2018/03 パネル討論会
3. 2015/05 よりよき地方のあり方に関する長期的視野からの提言(那須塩原市執行部講演会)
4. 2015/03 静かな革命へ向かう覚悟(自由民主党・国家戦略本部講演会)
5. 2015/03 3つの循環と文明論の科学(鳥居薬品外部講師講演会)
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/04~2019/03 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT) プログラムアドバイザー
2. 2017/04~ 日本生産性本部・経営アカデミー・イノベーションデザインコース プログラムコーディネーター
3. 2012/01~ 日本サイエンスコミュニケーション協会編集委員会 編集委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  3つの循環と文明論の科学 ー人類の未来を大切に思うあなたのためのリベラルアーツ (単著) 2014/09
2. 著書  科学コミュニケーション ー理科の〈考え方〉をひらく (単著) 2011/02
3. 著書  ボクらのエネルギーって、どうなるの!? ー電気から食べ物まで、ボクらは限られたエネルギーで生きている (単著) 2012/10
4. 論文  イノベーションの重要性 (単著) 2019/02
5. 論文  学生たちの提案 (単著) 2019/01
全件表示(27件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2018/11 新しい選択肢を考えるためのヒント(青森県六ヶ所村)
2. 2018/05 原子力の科学コミュニケーションへの挑戦(東京)
3. 2018/05 超長期時間軸で社会変化を考える(東京)
4. 2018/03 科学コミュニケーションの必要性(東京)
5. 2017/05 これからのエネルギー文明論(西宮市)
全件表示(12件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2016/06 科学・技術と経済学と若者たち(青山学院大学経済学部学内研究会)
2. 2014/03 核変換技術の科学コミュニケーション(第一回「長寿命核分裂核廃棄物の核変換データとその戦略」ワークショップ)
3. 2008/09 価値観の共有と科学コミュニケーション(総研大研究会)