(最終更新日:2018-11-08 12:50:40)
  コニシ ノリユキ   KONISHI Noriyuki
  小西 範幸
   所属   青山学院大学  会計プロフェッション研究科 会計プロフェッション専攻
   青山学院大学  会計プロフェッション研究科 プロフェッショナル会計学専攻(併任)
   職種   教授
■ 担当科目
国際財務報告(大学院)、財務会計Ⅰ・Ⅱ(大学院)、財務諸表(大学院)
■ 専門分野及び関連分野
財務会計論, 経営分析論, 国際財務報告論, 非営利組織会計, 国際統合報告論, 概念フレームワーク 
■ 学歴・学位
1. 専修大学 商学部 商業学科 卒業
2. 専修大学大学院 商学研究科 商学専攻 修士課程修了
3. 南山大学大学院 経営学研究科 経営学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 南山大学大学院経営学研究科経営学専攻修了
5. 南山大学 博士(経営学)
■ 職歴
1. 1992/04~1995/03 駿河台大学 経済学部 専任講師
2. 1993/06~1994/06 株式会社アトラス 監査役
3. 1995/04~1997/03 専修大学 経営学部 専任講師
4. 1997/04~2002/03 専修大学 経営学部 助教授
5. 1998/08~1999/04 University of Illinois at Urbana-Champaign,Center for International Education and Research in Accounting Visiting Research Professor
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 1988~ 日本会計研究学会
2. 1989~ American Accounting Association
3. 1989~ 国際会計研究学会
4. 1989~ 日本簿記学会
5. 1991~ European Accounting Association
全件表示(10件)
■ 
1. 2011 学会賞
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2017/04/01~2019/03/31 青山学院大学 大学院会計プロフェッション研究科長
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1986~  キャッシュフロー会計 個人研究 
2. 2005/04~2008/03  財務情報の信頼性の保証に関する研究 基盤研究(A)(研究分担者) 
3. 2008~  リスク情報開示 個人研究 
4. 2009/04~2012/03  日・英・米の財務報告における記述的リスク情報の質的特性と予測可能性の研究 基盤研究(C)(研究代表者(共同)) 
5. 2011/04~2014/03  非営利組織の存続価値と存続能力に関する会計学的研究 基盤研究B 
全件表示(8件)
■ 社会的活動
1. 2015/04~ 国際会計研究学会研究グループ:営利・非営利組織の財務報告モデルの研究
2. 2012/04~ 日本政策投資銀行設備投資研究所・経営会計研究室:統合思考にみる経済・経営・会計の一体的改革
3. 2011/09~2013/09 日本会計研究学会スタディ・グループ: リスク情報の開示と保証のあり方 -統合報告書の公表に向けて-
4. 2010/09~2012/09 国際会計研究学会研究グループ:国際会計の概念フレームワーク
5. 2007~2009 日本監査研究学会課題別研究部会「財務諸表外情報の開示と保証」
全件表示(11件)
■ 委員会・協会等
1. 2012/09~2013/03 ビジネスにおける人権問題 研究委員
2. 2011/10~ 公認会計士試験委員 試験委員
3. 2011/09~2012/03 CSR研究会 研究委員
4. 2010/04~2011/03 独立行政法人・経済産業研究所:企業情報開示システムの最適設計プロジェクト 委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  「財務報告におけるリスク情報開示の基本的枠組み」,『会社法におけるコーポレートガバナンスと監査』(蟹江 章編)  2008/04
2. 著書  「財務業績報告の新機軸」,『現代企業組織のダイナミズム』(池本 正純編)  2004/03
3. 著書  『キャッシュフロー会計の枠組み―包括的業績報告システムの構築―』 (単著) 2004/03
4. 著書  「有価証券」,『最新簿記』(中村 忠編)  2001/02
5. 著書  「国際会計基準Ⅱ」,『現金収支情報の開示制度』(鎌田 信夫編)  1997/08
全件表示(27件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2007/03 会計専門職教育の今後を考える―会計基準の国際化への対応―
2. 2006/09 業績報告プロジェクトの現状と課題―日本の実務と対応―
3. 2004/11 業績報告におけるキャッシュフロー情報の役割―包括的業績報告システムの構築―(同志社大学大学院)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2008/06 現代会計の枠組みと財務報告の変容―ディスクロージャーに求められる信頼性と関連性―(日本経営ディスクロージャー研究学会第10回年次大会統一論題報告(単独))
2. 2007/09 財務報告におけるリスク情報開示のあり方(日本監査研究学会第30回年次大会課題別研究部会報告(分担))
3. 2006/09 インカムフロー報告とキャッシュフロー報告の連携(日本会計研究学会第65回年次大会準統一論題報告(単独))
4. 2006/09 事業等リスク情報の信頼性―開示の現状と課題―(日本会計研究学会第65回年次大会特別委員会報告(分担))
5. 2006/03 Risk Reporting in Anncial Reporting of Japanese Campanies and its Association with Corporate Chacteristics(29thAnnual Conference(European Accounting Association))
全件表示(11件)