(最終更新日:2022-11-05 22:09:13)
  タキモト マサヒロ   TAKIMOTO Masahiro
  瀧本 将弘
   所属   青山学院大学  理工学部 共通教育・外国語科目
   職種   教授
■ 担当科目
English Communication Ⅰ,英語読解Ⅰ,英語読解Ⅲ,English Core Ⅰ‐b,English Core Ⅰ‐d,English Comprehension A,English Comprehenson B,Active Speaking Skills A,Active Speaking Skills B
■ 専門分野及び関連分野
認知言語学, 応用認知言語学 
■ 学歴・学位
1. Harvard University 教育学大学院言語文化習得専攻修士課程修了
2. Harvard University Master of Education
3. The University of Auckland 大学院人文学部博士課程修了 (Ph. D.)
4. 東京大学大学院 総合文化研究科 言語情報科学専攻 博士課程修了
5. 東京大学 博士(学術)
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 1994/04~1998/03 帝塚山短期大学 文芸学科 専任講師
2. 1998/04~2004/03 帝塚山短期大学 文芸学科 助教授
3. 2001/04~2002/03 The University of Auckland Resident PhD Student (在外研究) 助教授・准教授
4. 2004/04~2006/03 帝塚山大学 人文科学部 助教授
5. 2006/04~2009/03 帝塚山大学 人文科学部 准教授
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 日本認知言語学会
2. 認知神経心理学研究会
3. 大学英語教育学会
■ 
1. 1984 1984年~1985年 ロータリー財団大学課程奨学金(米国大学留学)
2. 1991 1991年~1992年 ロータリー財団大学院課程奨学金(米国大学院留学)
3. 2010 Asia TEFL travel grant for the 8th Asia TEFL International Conference
4. 2019 2019年度東京大学学術成果刊行助成(東京大学而立賞)
5. 2021 2021年度大学英語教育学会褒賞(学会賞)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2017/03  科学研究費補助金 学術研究助成基金 基盤研究(C)(研究代表者) 研究課題:日本人英語学習者の学術論文執筆能力向上を目指す3Dマルチメディア教材開発と検証 
2. 2017/04~2020/03  科学研究費補助金 学術研究助成基金 基盤研究(C)(研究代表者 (単独)) 研究課題:英語学習者の語用論的能力向上のための認知言語学的アプローチの有効性と検証 
3. 2019  2019年度東京大学学術成果刊行助成 刊行物名称:Application of Cognitive Linguistics in Foreign Language Teaching その他の補助金・助成金 
4. 2020/04~2023/03  科学研究費補助金 学術研究助成基金 基盤研究(C)(研究代表者 (単独)) 研究課題:脳科学からみた外国語学習における認知言語学的アプローチの有効性に関する研究 
■ 社会的活動
1. 2021/02 観光庁事業「地域の観光人材のインバウンド対応能力強化研修」の英語講師 (名古屋市・名古屋鉄道株式会社職員対象)
2. 2021/01 観光庁事業「地域の観光人材のインバウンド対応能力強化研修」の英語講師 (南あわじ市・市役所職員対象)
3. 2020 Manuscript Reviewer (Cognitive Linguistic Studies, John Benjamins Publishing Company)
4. 2020 Manuscript Reviewer (ReCall, Cambridge University Press)
5. 2020 研究発表要旨査読委員 (言語科学会 第22回国際年次大会)
全件表示(19件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  Application of Cognitive Linguistics in Foreign Language Teaching (単著) 2020/03
2. 著書  実践例で学ぶ第二言語習得研究に基づく英語指導 (共著) 2017
3. 著書  Research summay of exploring the effects of similar and same task repetition on learners' second language pragmatic proficiency. In T. Stephens & J. Duncan (Eds.), Education Research Summaries. (共著) 2013/05
4. 著書  Exploring the effects of similar and same task repetition on learners' second language pragmatic proficiency. In D. Alonso (Ed.), English as a Second Language. (共著) 2011/01
5. 著書  TOEIC TEST英文法完全バイブル問題集600問 (単著) 2010/05
全件表示(31件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2022/08 The application of cognitive linguistics and right-hemisphere in foreign language teaching(5th International Conference on Advanced Research in Social Sciences, Keynote Speaker)
2. 2022/07 The relationship between the effects of metaphor-based approach and the right-hemisphere involvement in developing EFL learners' knowledge of degrees of sureness(The European Conference on Language Learning, Session Chair)
3. 2022/06 The relationship between cognitive linguistic approach and right-hemisphere of the brain in developing EFL learners' pragmatic proficiency(The Paris Conference on Education)
4. 2021/11 The application of cognitive linguistics on the right-hemisphere involvement in developing Japanese EFL learners' knowledge of degrees of certainty(4 th International Conference on Advanced Research in Social Sciences)
5. 2019/12 Application of cognitive linguistics to foreign language teaching(5th Annual International Conference on Modern Education and Social Science, Keynote Speaker)
全件表示(34件)