(最終更新日:2021-06-10 17:35:43)
  マツモト エミ   MATSUMOTO Emi
  松本 英実
   所属   青山学院大学  法学部 法学科
   職種   教授
■ 担当科目
法史学A, B、近代西洋法史
■ 専門分野及び関連分野
西洋法制史, 比較法, フランス法 (キーワード:法制史、比較法、フランス法) 
■ 学歴・学位
1. 東京大学法学部第一類(私法コース)卒業
2. 東京大学大学院 法学政治学研究科 基礎法学専攻 修士課程修了
3. 東京大学 修士課程修了 法学修士
4. 東京大学大学院 法学政治学研究科 基礎法学専攻 博士課程単位取得満期退学
5. パリ第二大学博士課程修了(法制史専攻)
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 1995/04~1997/03 日本学術振興会 特別研究員
2. 1998/04~2004/03 新潟大学 法学部 助教授
3. 1999/04~2000/09 青陵短期大学 非常勤講師
4. 2002/08~ 大阪市立大学 法学部非常勤講師
5. 2004/04~2008/09 新潟大学 大学院実務法学研究科 助教授
全件表示(14件)
■ 所属学会
1. 1998 法制史学会
2. 1998~ 日仏法学会
3. 1998~ 比較法学会
4. 2012/06~ ∟ 理事
5. 2006/11~ 19世紀学学会
全件表示(7件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/07~  比較法方法論、ミクスト・リーガル・システム(混合法)研究 個人研究 
2. 2008/04~  法源論、法学概論、英語による日本法教科書 国内共同研究 
3. 2011~  日本近代法形成に対する混合法の観点からの検討 国際共同研究 
4. 2014/01~  モンテネグロ、セルビア、クロアチアと日本法 国際共同研究 
5. 1989~  商法史、商事裁判制度研究 個人研究 
全件表示(14件)
■ 社会的活動
1. 2017/05 「バルカンより愛をこめて――忘れられた日本民法の恩人」
2. 2016/07 青山学院大学公開講座 シリーズ「ヨーロッパと日本の粋な関係」
3. 2014/07 青山学院大学公開講座 全体テーマ「フランスを味わう」
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  La juridiction consulaire dans la justice de l'Ancien Regime. Rivalites et conflits avec les autres juridictions, these, Paris II, 2002, 452pp. (単著) 2002/06
2. その他 フランソワ・アルトーグ著『新装版オデュッセウスの記憶 古代ギリシアの境界をめぐる物語』 (共著) 2021/04
3. その他 シィエス著『第三身分とは何か』 (共著) 2011
4. 著書  フランス古法の世界--pratiqueによる法創造 (単著) 2021/04
5. 著書  “Tort Law in Japan,” BUSSANI, Mauro & SEBOK J. Anthony (eds.), Comparative Tort Law. Global Perspectives (単著) 2021/03
全件表示(53件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2019/11 Bogisic and his Japanese connection(Podgorica, Montenegro)
2. 2018/09 A Influencia francesa no Codigo Civil do Japao(Recife, Brazil)
3. 2018/09 Boissonade in and outside Japan (Boissonade dentro et for a do Japao)(São Paulo, Brazil)
4. 2013/05 Searching for customary law in Japan: Is Japanese law a mixed system of the civil law and customary law?(Kwa Maritaine, Pilanesberg, South Africa) Link
5. 2011/10 Potential of the Mixed Legal System Approach: Japanese Law Seen as a Mixed System(Sherbrooke) Link
全件表示(6件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2017/07/06 Valtazar Bogišić (1834-1908) and Gustave Boissonade (1825-1910): some neglected aspects of Modern Japanese Law(British Legal History Conference (23rd))
2. 2015/10/07 The idea of law-giver in J.J. Rousseau's Du contrat social and the difficulty in Japanese translation(Southern African Society of Legal Historians)
3. 2015/06/25 Valtazar Bogisic and some Neglected Aspects of Modern Japanese Law(4th World Congress of World Society of Mixed Jurisdiction Jurists) Link
4. 2013/07/11 Conflicts of jurisdictions seen from the viewpoint of authority – French commercial courts and the ordinary courts under the Old Regime(21st British Legal History Conference)
5. 2012/02/04 The Codification in the 19th Century– Comparative Perspectives from (Post-)Colonial Experiences –(Society for the 19th Century Scholarship)
全件表示(18件)