(最終更新日:2019-07-16 23:49:23)
  タカサゴ タミノブ   TAKASAGO, Taminobu
  髙砂 民宣
   所属   青山学院大学  経営学部 マーケティング学科
   職種   准教授
■ 担当科目
キリスト教概論Ⅰ(第一部)、キリスト教概論Ⅱ(第一部)、新約聖書と人間(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
新約聖書神学(ヨハネによる福音書) 
■ 学歴・学位
1. 早稲田大学 社会科学部 卒業
2. 東京神学大学神学部神学科卒業
3. 東京神学大学大学院博士前期課程修了
4. 東京神学大学 修士(神学)
5. 東京神学大学大学院博士後期課程中途退学
全件表示(9件)
■ 職歴
1. 1993/04~1995/03 日本基督教団横浜指路教会 担任教師
2. 1995/04~2006/03 日本基督教団荻窪清水教会 担任教師
3. 2000/04~2001/03 東洋英和女学院高等部 非常勤講師
4. 2001/04~2002/09 東京女子大学 非常勤講師
5. 2002/04~2007/03 頌栄女子学院中学校・高等学校 非常勤講師
全件表示(13件)
■ 所属学会
1. 2005/04~ 学校伝道研究会
2. 2007/09~ 日本基督教学会
3. 2007/09~ 日本新約学会
4. 2008/03~ 日本キリスト教教育学会
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2007/04/01~ 青山学院大学 キリスト教推薦入学生「イクサス」担当者
2. 2007/04/01~ 青山学院大学 大学宗教主任(経営学部)
3. 2010/04/01~ 青山学院大学 聖書に親しむ会担当者
4. 2012/04/01~ 青山学院大学 大学聖歌隊チャプレン
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1991/10~  福音書に記されたイエスの受難物語を編集史研究を始め、様々な角度から考察し、福音書記者の神学を把握する。 個人研究 
2. 2012/04~2014/03  キリスト教大学の学問体系論の研究(学問体系論)(総合文化研究部門キリスト教文化研究部)(研究分担) 機関内共同研究 
3. 2015/04~2018/03  贖罪思想の社会的影響の研究 機関内共同研究 
■ 社会的活動
1. 2013/03 フェリス女学院中学校・高等学校 卒業礼拝説教担当
2. 2011/12 恵泉女学園高等学校クリスマス礼拝説教担当
3. 2011/12 明治学院中学校クリスマス礼拝説教担当
4. 2003/06 フェリス女学院高等学校宗教講演会講師
5. 2002/11 H.アトリッジ教授(イエール大学神学大学院院長)来日公演通訳(講演題「ヨハネ福音書の文学的ジャンル」於:東京女子大学)
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2005/04~2007/03 日本基督教団西東京教区世界宣教協力委員会委員長 委員長
2. 2002/05~2006/09 東京神学大学主催「21世紀の日本伝道を担う青年の集い」準備委員 準備委員
3. 2000/04~2005/03 日本基督教団西東京教区教区報編集委員、編集長 編集委員、委員長
4. 1999/08~2007/03 季刊『教会』編集委員 編集委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『栄光のキリスト-ヨハネによる福音書の受難物語-』 (単著) 2013/10
2. 著書  『贖罪信仰の社会的影響-旧約から現代の人権法制化へ』 (共著) 2019/03
3. 論文  「ヨハネによる福音書」の受難物語に関する文学的研究(1) (単著) 2018/09
4. 論文  聖書文学会2015年年次大会報告 (単著) 2017/07
5. 論文  在外研究報告 - ニューへイブン滞在記 (単著) 2017/03
全件表示(40件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 1999/11 アメリカ留学で学んだこと
■ 研究業績(学会発表)
1. 2011/09/09 ヨハネ福音書の受難物語に関する一考察―18:1~27の編集史的考察―(日本新約学会 第51回 学術大会(単独))
2. 2004/02/02 ヨハネ福音書の受難物語における逮捕と裁判(教会研究所第四回研究会(日本基督教団改革長老教会協議会・教会研究所)(単独))