(最終更新日:2019-05-07 14:46:37)
  ヤスイ トシフミ   YASUI, Toshifumi
  安井 年文
   所属   青山学院大学  コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科
   職種   教授
■ 担当科目
アドバンストスポーツ実習、フレッシャーズ・セミナー、基礎演習Ⅱ、地域社会調査法入門(基礎調査)、卒業研究、健康・スポーツ演習、スポーツ運動実習
■ 専門分野及び関連分野
コーチング学, スポーツ科学, 体育学, スポーツバイオメカニクス 
■ 学歴・学位
1. 筑波大学 体育専門学群 卒業
2. 筑波大学大学院 体育研究科 コーチ学専攻 修士課程修了
3. 筑波大学 体育学修士
■ 職歴
1. 1997/04~1999/03 筑波大学 研究協力部研究協力課文部技官
2. 1994/04~1997/03 青山学院大学 非常勤講師
3. 1991/04~1994/03 青山学院大学 体育実技嘱託助手
4. 1999/04~2003/03 青山学院大学 文学部 教育学科 専任講師
5. 2003/04~2007/03 青山学院大学 文学部 教育学科 助教授
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 2002/10~ 日本陸上競技学会
2. 2002/10~ ∟ 理事
3. 1993/04~ 日本スプリント学会
4. 2010/08~ ∟ 理事長
5. 2000/08~ ∟ 常任理事
全件表示(15件)
■ 
1. 2018/07 文部科学大臣表彰(日本学生陸上競技連合推薦)
2. 2018/07 文部科学大臣表彰(日本陸上競技連盟推薦)
3. 2017/10 勲功章(日本陸上競技連盟)
4. 2017/09 功労賞(日本学生陸上競技連合)
5. 2015/05 指導者功労賞(関東学生陸上競技連盟)
全件表示(19件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2018/04/01~ 青山学院大学 陸上競技部副部長兼短距離総監督
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  大学体育・スポーツにおけるこだわり意識が健康に及ぼす影響 個人研究 
2. 2015/04~  身体的不器用な学生の自己成長を促す大学体育授業の開発 個人研究 
3. 2015/04~2017/03  大学生の健康増進のためのヘルステスト開発の試み 機関内共同研究 
4. 2009/04~2010/03  大学体育授業としてのゴルフ授業の検討 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2008/04~2009/03  トレーニング手段としての300m走における疾走動作の変容について(単独) 競争的資金等の外部資金による研究 
全件表示(11件)
■ 社会的活動
1. 2017/08~2017/08 第29回ユニバーシアード競技大会(2017/台湾・台北)陸上競技役員(総務)
2. 2016/03~2016/03 横須賀市陸上競技協会創立80周年記念事業技術講習会
3. 2018/02~2018/02 薩摩川内市陸上競技講習会
4. 2017/02~2017/02 薩摩川内市陸上競技協会講習会
5. 2016/02~2016/02 薩摩川内市陸上競技協会講習会
全件表示(11件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/04/01~ 公益財団法人日本オリンピック委員会 日本オリンピック委員会強化スタッフ(情報・戦略スタッフ)陸上競技
2. 2018/04~ 関東学生陸上競技連盟強化委員会 強化委員長
3. 2017/04~ 関東学生陸上競技連盟評議委員会 評議委員
4. 2012/04~ 日本学生陸上競技連合調査研究委員会 委員長
5. 2018/04~ 日本学生陸上競技連合 強化委員会 副委員長
全件表示(15件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  陸上競技における相対的年齢効果の成因=社会学的,心理学的影響について (単著) 2018/03
2. 著書  スプリント学ハンドブック -すべてのスポーツパフォーマンスの基盤- (共著) 2018/02
3. 著書  (編著)『Health & Fitness Workbook 2017』(青山学院大学身体の技能領域担当者会編) (共著) 2017/04
4. 著書  走りが変わる!陸上スプリント最強のコツ50 (単著) 2015/06
5. 著書  スプリント&ハードル(宮下憲編著) (共著) 2012/03
全件表示(131件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2018/11 「アジア大会を終えて」 (司会)(神奈川・横浜 桐蔭横浜大学)
2. 2018/04 女性アスリートのエネルギー不足について考える:指導者の立場から(味の素ナショナルトレーニングセンター)
3. 2018/03 平成29年度ユニバーシアード強化研究会(第63回指導者会議)(東京・お茶の水)
4. 2017/12 4×100mリレー2020東京へ向けて(司会)(沖縄県・名護 名桜大学)
5. 2017/12 100m9秒台への道のり(コーディネーター)(三重県・伊勢市 皇學館大学)
全件表示(18件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/10/03 暑熱環境下における大学体育授業が学生に与える生理的負荷(第56回全国大学保健管理研究集会(共同))
2. 2017/03/22 運動不振学生の判別モデル構築の試み(第28回 日本コーチング学会)
3. 2016/10/05 大学生における健康度を評価する取り組みについて(第54回全国大学保健管理研究集会(共同))
4. 2015/09/10 大学体育授業が及ぼす学生の運動に対する意識の変化(第53回全国大学保健管理研究集会(共同))
5. 2014/11/29 ロングスプリントトレーニング(300m走)における主観的努力度の変化がパフォーマンスに与える影響についてー男子学生競技者及び女子学生競技者の特徴からー(日本陸上競技学会第13回大会(共同))
全件表示(55件)