(最終更新日:2019-07-30 13:59:44)
  カメサカ アキコ   KAMESAKA, Akiko
  亀坂 安紀子
   所属   青山学院大学  経営学部 経営学科
   職種   教授
■ 担当科目
金融と生活設計,投資行動論,証券投資論Ⅰ,証券投資論Ⅱ,人間行動の多面的分析A,人間行動の多面的分析B,経営演習Ⅰ(1),経営演習Ⅰ(2),経営演習Ⅱ(1),経営演習Ⅱ(2),博士前期課程研究指導Ⅰ,財務管理論演習Ⅰ,財務管理論演習Ⅱ
■ 専門分野及び関連分野
ファイナンス(特に投資家行動), 幸福度の分析 
■ 学歴・学位
1. 慶應義塾大学 商学部 卒業
2. 東京大学大学院経済学研究科経営学専攻第2種博士課程単位取得満期退学
3. 東京大学 修士(経済学)
4. 慶應義塾大学 博士(経済学)
■ 職歴
1. 1989/10~1993/05 太田昭和監査法人 会計士補
2. 1995/04~1998/03 大東文化大学 経済学部 専任講師
3. 1998/04~2001/03 大東文化大学 経済学部 助教授
4. 2001/04~2005/03 龍谷大学 経済学部 助教授
5. 2005/04~2007/03 青山学院大学 経営学部 経営学科 助教授
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 1993/11~ 日本金融学会(旧金融学会)
2. 1994/04~ 日本ファイナンス学会
3. 1994/04~ 日本経済学会(旧理論・計量経済学会)
4. 2002/05~ Western Finance Association
5. 2006/04~ 日本FP学会
全件表示(6件)
■ 
1. 2002/07 Ibbotson Associates Japan Research Award(共同)
2. 2006/09 FP学会賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2009/09  幸福度の分析 国際共同研究 
2. 2002/04~2003/03  個人投資家の株式投資行動(単独) 龍谷大学社会科学研究所個人研究 
3. 2003/03~2004/01  技術経営コンソーシアム(中小企業向け技術経営人材育成プログラム)(研究分担) 技術経営(MOT)プログラム開発 
4. 2003/04~2006/03  国際資本市場における投資家行動と金融危機の発生メカニズム 若手研究(B)(研究代表者(単独)) 
5. 2005/04~2006/03  税制改革と経済成長(単独) (財)平和中島財団国際学術研究助成 
全件表示(15件)
■ 社会的活動
1. 2013/05~ 内閣府経済社会総合研究所
2. 2012/08~2013/03 内閣府経済社会総合研究所
3. 2007/09 日本公認会計士協会研修会「公認会計士のためのファイナンスの知識」講師
4. 2006/08~2006/09 新光証券株式会社「実証ファイナンス勉強会」講師
5. 2005/11~2006/03 独立行政法人経済産業研究所研究プロジェクトメンバー(RIETI)
全件表示(9件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/01~ 財務省 財政制度等審議会 臨時委員
2. 2012/04~ 日本FP学会 理事
3. 2011/01~ 財務省 関税・外国為替等審議会 臨時委員
4. 2010/05~2012/05 日本ファイナンス学会 理事
5. 2008/07~2010/05 日本ファイナンス学会 監事
全件表示(11件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  Rising Aspirations Dampen Satisfaction (共著) 2015/08
2. 著書  Accessing Suicidal Ideation from Responses to Queries on Subjective Well-Being (共著) 2015/12
3. その他 幸福の経済学 (単著) 2014/07
4. 論文  東日本大震災前後の外国人投資家と国内投資家の行動 (共著) 2014/01
5. 論文  どのような人が結婚・出産を決意するのか?:アンケート調査の結果 (共著) 2013/12
全件表示(37件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2014/09 Understanding Japan after 3.11 from Survey Responses(中国(青島))
2. 2014/09 行動ファイナンスの研究と日本の株式市場
3. 2013/11 幸福感の研究方法と応用可能性
4. 2013/11 自治体の政策と住民幸福度
5. 2013/11 人々の心を可視化する―アンケート調査によるアプローチ―
全件表示(16件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2014/10/11 Multidimensional Poverty in Japan(日本経済学会)
2. 2014/07/17 Examining the Structure of Happiness and Life Satisfaction in Japan Utilizing a Large Scale National Survey(International Sociological Association)
3. 2014/07/15 Effects of the Great East Japan Earthquake on Subjective Well-Being(International Sociological Association)
4. 2014/07/09 Effects of the Great East Japan Earthquake on Subjective Well-Being(International Panel Data Conference)
5. 2013/09/15 Rising Aspirations Dampen Satisfaction(日本経済学会)
全件表示(39件)