(最終更新日:2018-11-08 10:16:59)
  テラオ アツシ   TERAO, Atsushi
  寺尾 敦
   所属   青山学院大学  社会情報学部 社会情報学科
   職種   教授
■ 担当科目
ウェブラーニング(第一部)、ウェブラーニング特論(大学院)、ゼミナールⅠ(第一部)、ゼミナールⅡ(第一部)、マルチメディア学習論(第一部)、学習科学(第一部)、教育方法の研究(第一部)、教育方法の研究(中等)(第一部)、教育方法論(第一部)、合理的思考と社会行動(第一部)、社会情報演習Ⅰ(第一部)、社会情報演習Ⅲ(第一部)、社会情報演習Ⅳ(第一部)、社会情報体験演習(第一部)、社会統計(第一部)、社会統計演習(第一部)、社会統計特論(大学院)、心理学演習(第一部)、心理学概論(第一部)、人間科学概論(第一部)、人間科学研究法(第一部)、組織意思決定論(第一部)、卒業研究(第一部)、卒業研究Ⅰ(第一部)、卒業研究Ⅱ(第一部)、統計入門(第一部)、特定課題演習/研究(第一部)、特定課題演習/研究Ⅰ(第一部)、特定課題演習/研究Ⅱ(第一部)、認知心理学(第一部)、
■ 専門分野及び関連分野
認知科学, 教育工学, 教育心理学 
■ 学歴・学位
1. 和歌山大学 教育学部 小学校教員養成課程 卒業
2. 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 システム科学専攻 修士課程修了
3. 東京工業大学大学院 総合理工学研究科 システム科学専攻 博士課程修了
4. 東京工業大学 博士(学術)
■ 職歴
1. 1999/04~2002/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
2. 2001/09~2003/09 Carnegie Mellon University,School of Computer Science,Human-computer Interaction Institute ポスドク
3. 2003/10~2005/03 北海道大学脳科学研究教育センター 産官学連携研究員(ポスドク)
4. 2005/04~2006/03 北海道大学脳科学研究教育センター 学術研究員(ポスドク)
5. 2006/04~2007/03 北海道大学 大学院文学研究科博士研究員
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1992~ 日本認知科学会
2. 1994~ 日本心理学会
3. 1994~ 日本教育工学会
4. 1994~ 日本教育心理学会
5. 1995~ The Cognitive Science Society
全件表示(10件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2018/04/01~2020/03/31 青山学院大学 大学院社会情報学研究科社会情報学専攻教務主任(社会情報学コース)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1999/04~2002/03  数学的問題解決における学習の転移のメカニズムの解明 特別研究員奨励費 
2. 2005/04~2008/03  算数・数学の学習を支える言語的・非言語的表象の発達 若手研究(B)(単独) 
3. 2008/04~2011/03  心理統計教育のためのテスト項目データベースの構築と運用 基盤研究(C)(研究分担者) 
4. 2008/04~2011/03  心理統計教育のためのテスト項目データベースの構築と運用 国内共同研究 
5. 2008/04~2012/03  独創的で論理的なアカデミックライティングのための協調学習環境 基盤研究(B)(研究分担) 
全件表示(21件)
■ 委員会・協会等
1. 2011/06~2015/04 NPO法人 人材育成マネジメント研究会理事 理事
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  生理データを用いた学習評価 (単著) 2012/10
2. 著書  数学的推論 (単著) 2010/06
3. 著書  「教訓帰納の有効性に関する実証的研究」『認知カウンセリングから見た学習方法の相談と指導』(市川 伸一編)  1998/07
4. 論文  認知アーキテクチャの理論による脳の構造と機能の解明 (単著) 2015/12
5. 論文  心理学統計の教育におけるG型およびQ型の正規分布 ―椎名論文へのコメント― (単著) 2013/08
全件表示(33件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2012/12 デジタル時代の教育実践研究
2. 2012/11 大学教育での携帯端末の活用(東京農工大学)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2016/10/08 3囚人問題はなぜ難しいのか―準抽象化教示の効果(2)―(日本教育心理学会第58回総会)
2. 2016/08/21 中等教育での教職科目におけるデジタル教科書の利用方法の教育(日本デジタル教科書学会第5回年次大会)
3. 2015/03/01 ランダム系列の性質についての大学生の直感的理解と学習(情報コミュニケーション学会第12回全国大会)
4. 2015/03/01 地図に基づく移動を支える能力に関する研究(情報コミュニケーション学会第12回全国大会)
5. 2014/11/09 ベイズ的確率推論課題での準抽象化教示の効果(日本教育心理学会第56回総会)
全件表示(67件)