(最終更新日:2018-11-07 15:17:35)
  マツダ ノリタダ   MATSUDA, Noritada
  松田 憲忠
   所属   青山学院大学  法学部 法学科
   職種   教授
■ 担当科目
政治学原論(第一部)、政治過程論(第一部)、法学・政治学演習Ⅰ・ⅡA・ⅡB(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
政治学, 政治過程論, 行政学 
■ 学歴・学位
1. 早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業
2. 早稲田大学大学院 政治学研究科 修士課程修了
3. ピッツバーグ大学 A.B.D.(Political Science)
4. 早稲田大学 博士(政治学)
■ 職歴
1. 2004/10~2005/03 北九州市立大学 法学部政策科学科 専任講師
2. 2005/04~2011/03 北九州市立大学 法学部政策科学科 助教授・准教授
3. 2011/04~2015/03 青山学院大学 法学部 法学科 准教授
4. 2015/04~ 青山学院大学 法学部 法学科 教授
■ 所属学会
1. 1996~ 日本行政学会
2. 1998~ 日本政治学会
3. 2001~ American Political Science Association
4. 2004~ 日本公共政策学会
5. 2005~ 日本比較政治学会
全件表示(8件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2018/04/01~2020/03/31 青山学院大学 法学部法学科主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1994/04~  税制の政治過程のメカニズムの解明 個人研究 
2. 2002/07~  政治学理論・政策過程理論の科学哲学的分析 個人研究 
3. 2004/04~  ガバナンス・システムにおける政治過程の理論的考察 個人研究 
■ 社会的活動
1. 2009/10~2010/03 総務省から受託した財団法人行政管理研究センターが実施した「機構(郵便貯金・簡易生命保険管理機構)の評価の在り方に関する調査研究」
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『ガバナンス論の現在―国家をめぐる公共性と民主主義』(共著:岩崎正洋編),勁草書房 (単著) 2011/08
2. 著書  『政策研究―学びのガイダンス』(共著:中道寿一編),福村出版 (単著) 2011/04
3. 著書  『政権交代選挙の政治学―地方から変わる日本政治』(共著:白鳥浩編),ミネルヴァ書房 (単著) 2010/10
4. 著書  『現代日本の政治―政治過程の理論と実際』(共編著:岡田浩・松田憲忠編),ミネルヴァ書房 (単著) 2009/04
5. 著書  『政策科学の挑戦―政策科学と総合政策学』(共著:中道寿一編),日本経済評論社 (単著) 2008/04
全件表示(25件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2009/07 「ガバナンスの主体としての市民―懸念と可能性」(日本大学)
2. 2006/10 「政策科学か総合政策学か」(北九州市立大学)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2011/10/09 「市民参加とシティズンシップ・エデュケーション―人は「市民」になり得るのか?」(日本政治学会)
2. 2011/06/19 「選挙結果と市民の意向―2010年参院選福岡県選挙区で民主党は何に敗れたのか?」(日本公共政策学会)
3. 2006/07/16 "Citizens' Governability and Policy Analysts' Roles in the Policy Process"(日本公益学会)
4. 2006/07/09 "Citizens' Governability and Policy Analysts' Roles in the Policy Process: A Theoretical Examination"(International Political Science Association)
5. 2006/05/13 「日本の「税制の政治」は変わったのか,変わるのか?」(日本行政学会)
全件表示(6件)