(最終更新日:2018-11-07 16:38:11)
  オオハラ コウゾウ   OOHARA, Kouzou
  大原 剛三
   所属   青山学院大学  理工学部 情報テクノロジー学科
   職種   教授
■ 担当科目
情報数学Ⅱ(第一部)、情報基礎論(大学院)、知的データベース(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
発見科学, 知能情報学, 知識工学 
■ 学歴・学位
1. 大阪大学 基礎工学部 情報工学科 中退
2. 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士前期課程修了
3. 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士後期課程中途退学
4. 大阪大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 1996/04~1997/03 日本学術振興会 特別研究員(DC)(大阪大学)
2. 1997/04~2007/03 大阪大学 産業科学研究所 助手
3. 2000/10~2001/09 摂南大学 非常勤講師
4. 2002/04~2008/09 摂南大学 非常勤講師(毎年4月~9月)
5. 2002/10~2004/03 金蘭短期大学 非常勤講師(毎年10月~3月)
全件表示(9件)
■ 所属学会
1. 1994/01~ 情報処理学会
2. 1995/04~ 人工知能学会
3. 1998/01~ IEEE
4. 1999/05~ AAAI
5. 2000/10~ 電子情報通信学会
■ 
1. 1996/03 テレコムシステム技術学生賞
2. 2012/09 2012年度人工知能学会全国大会優秀賞
3. 2014/10 Best Research Paper Award, The 2014 International Conferene on Data Science and Advanced Analytics (DSAA 2014)
4. 2014/11 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会 (SSI 2014) 部門学術講演会最優秀論文賞
5. 2015/09 2015年度人工知能学会全国大会優秀賞
全件表示(8件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996/04~1998/04  不完全知識創出のための知識コンバージョンに関する研究 萌芽的研究 
2. 1998/04~2000/03  情報の統合・交換に基づく情報表示の高度化とその概念の認識・理解への展開 基盤研究(B),展開研究 
3. 1999/04~2002/03  インタモーダル協調とドメイン知識利用による連続メディアのネットワーク型構造化 基盤研究(B),一般研究 
4. 1999/04~2001/03  例外を許容する知識ベースシステムからの帰納論理プログラミングを用いた知識獲得 奨励研究(A) 
5. 2001/04~2006/03  コンテクスチャル・メディエータを用いたインタラクティブ視覚拡張型放送に関する研究 その他の補助金・助成金 
全件表示(26件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/06~ 人工知能学会編集委員会 シニア委員
2. 2015/04~ 人工知能学会 代議員
3. 2014/04~ 人工知能学会知識ベースシステム研究会 主査
4. 2013/09~2014/05 2014年度人工知能学会全国大会プログラム委員会 委員
5. 2013/04~ 人工知能学会 データ指向構成マイニングとシミュレーション研究会 幹事
全件表示(8件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  「Pruning Strategies Based on the Upper Bound of Information Gain for Discriminative Subgraph Mining」『Knowledge Acquisition: Approaches, Algorithms and Applications, Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop, PKAW 2008, Hanoi, Vietnam, December 15-16, 2008, Revised Selected Papers』(D. Richards and B. H. Kang Ed.)  2009/06
2. 著書  「Apriori」『Top 10 Algorithms in Data Mining』(X. Wu and V. Kumar Ed.)  2009/04
3. 著書  「Analysis of Hepatitis Dataset by Decision Tree Based on Graph-Based Induction」『New Frontiers in Artificial Intelligence, JSAI 2003 and JSAI 2004 Conferences and Workshops, Niigata, Japan, June 23-27, 2003 and Kanazawa, Japan, May 31 - June 4, 2004, Revised Selected Papers』(A. Sakurai, K. Hasida, and K. Nitta Ed.)  2007/04
4. 著書  「Extracting Discriminative Patterns from Graph Structured Data using Constrained Search」『Advances in Knowledge Acquisition and Management, Pacific Rim Knowledge Acquisition Workshop, PKAW 2006, Guilin, China, Augsut 2006, Revised Selected Papers』(A. Hoffmann, B.H. Kang, D. Richards, and S. Tsumoto Ed.)  2007/02
5. 著書  「Constructing Decision Trees Based On Chunkingless Graph-Based Induction」『Mining Graph Data』(L. B. Holder and D. J. Cook Ed.)  2006/11
全件表示(30件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2016/10/21 Accelerating computation of distance based centrality measures for spatial networks(The 19th Internatioanal Conference on Discovery Science (DS2016))
2. 2016/08/26 Detecting Critical Links in Complex Network to Maintain Information Flow/Reachability(The 14th Pacific Rim International Conference on Artificial Intelligence (PRICAI2016))
3. 2015/11/01 Combining Activity-evaluation Information with NMF for Trust-link Prediction in Social Media(The 2015 IEEE International Conference on Big Data (BigData2015))
4. 2015/10/06 Change Point Detection for Information Diffusion Tree(The 18th Internatioanal Conference on Discovery Science (DS2015))
5. 2015/08/05 The Effect of Metaphoric Gestures on Schematic Understanding of Instruction Performed by a Pedagogical Conversational Agent(The 17th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2015))
全件表示(62件)