(最終更新日:2022-08-13 12:27:23)
  ヨネヤマ サトル   YONEYAMA Satoru
  米山 聡
   所属   青山学院大学  理工学部 機械創造工学科
   職種   教授
■ 担当科目
メカの世界,一般機械工学,応用数学Ⅱ,材料力学Ⅰ及び演習,材料力学Ⅱ,ラボ・ワークAⅠ,ラボ・ワークAⅡ,ラボ・ワークBⅠ,ラボ・ワークBⅡ,機械創造工学輪講Ⅰ,機械創造工学輪講Ⅱ,卒業研究Ⅰ,卒業研究Ⅱ,計算機実習Ⅰ,機械創造特別輪講A,理工学特別実験・演習A,理工学特別実験・演習B,理工学特別実験・演習C,理工学特別実験・演習D,材料力学特論,博士後期課程研究指導Ⅲ
■ 専門分野及び関連分野
材料力学, 実験力学 (キーワード:実験応力解析、光応用計測、ひずみ測定、画像処理、粘弾性、破壊力学) 
■ 学歴・学位
1. 青山学院大学 理工学部 機械工学科 卒業
2. 青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士前期課程修了
3. 青山学院大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士後期課程退学
4. 東京工業大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 1998/04~2000/03 青山学院大学 理工学部 機械工学科 助手
2. 2000/04~2000/07 青山学院大学 理工学部 機械創造工学科 助手
3. 2000/08~2003/03 和歌山大学 システム工学部 助手
4. 2003/04~2004/03 東京理科大学 工学部 助手
5. 2004/04~2007/03 大阪府立大学 大学院工学研究科 講師
全件表示(7件)
■ 所属学会
1. 1994/02~ 日本機械学会
2. 1995/06~ Society for Experimental Mechanics
3. 2014/06~2016/06 ∟ Executive Board Member
4. 1998/04~ 日本実験力学会
5. 2001/01~ ∟ 評議員
全件表示(16件)
■ 
1. 2000/06 日本光弾性学会論文賞
2. 2002/05 日本非破壊検査協会新進賞
3. 2002/06 R.E. Peterson Award
4. 2003/05 日本非破壊検査協会論文賞
5. 2005/12 日本機械学会材料力学部門優秀講演表彰
全件表示(19件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2019/04/01~2021/03/31 青山学院大学 大学院理工学研究科理工学専攻教務主任(機械創造コース)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2000/04~2002/03  ハイブリッド粘弾性固体材料の力学特性並びに強度評価法の確立 その他の補助金・助成金 
2. 2000/04~2003/03  メカトロ計測評価(共同) 産学官共同研究事業 
3. 2000/04~2003/03  形状・応力・ひずみ・振動計測法および装置の開発(共同) 産学官共同研究事業 
4. 2001/07~2002/03  格子投影法による移動体の高速三次元形状計測システムの開発(共同) 企業からの受託研究 
5. 2002/04~2005/03  位相解析ラインセンサを用いた形状・欠陥検査法による巨大構造物の健全性評価 基盤研究(A)(研究分担者) 
全件表示(76件)
■ 社会的活動
1. 2020/08 日本機械学会講習会「よくわかる粘弾性力学」講師
2. 2020/01 ひずみ測定レベルIII講習会
3. 2020/01 日本機械学会講習会「応力・ひずみ測定の基礎と応用」講師
4. 2019/07 日本機械学会講習会「DIC(デジタル画像相関法)の基礎と応用」講師
5. 2019/01 日本機械学会講習会「応力・ひずみ測定の基礎と応用」講師
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2021/06~ 自転車産業振興協会新商品・新技術研究開発委員会 委員長
2. 2020/06~2021/03 自転車産業振興協会新商品・新技術研究開発委員会 委員
3. 2017/06~2018/02 製品安全協会自転車用空気ポンプ専門部会 部会長
4. 2015/05~ Strain Editorial Board
5. 2014/11~2016/11 Journal of Strain Analysis for Engineering Design Editorial Board
全件表示(25件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『皮膚の測定・評価法バイブル』 (共著) 2013/05
2. 著書  『よくわかる実験技術・学術用語第2版』 (共著) 2012/07
3. 著書  『ひずみ測定問題集』 (共著) 2009/12
4. 著書  『ひずみ測定III 2009』 (共著) 2009/10
5. 著書  "Experimental Mechanics" (J. Freire, ed.) (共著) 2009
全件表示(189件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2019/07 Quantitative Characterization of Cracks and Contact Stresses Using Photomechanics Methods(Phuket)
2. 2019/03 Simultaneous Identification of Two-independent Viscoelastic Characteristics with the Virtual Fields Method(Tokyo)
3. 2016/10 画像相関法による変位・ひずみ分布測定の基礎とその応用(神戸市)
4. 2012/11 Instantaneous Phase-stepping Interferometry Based on a Micro-polarizer Array(Taipei)
5. 2012/10 スペックル干渉法を用いたひずみ測定に関する研究(東京)
全件表示(6件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2022/06 Evaluating the Effect of the Carbon Black on the Crack Growth Behavior of Natural Rubber Sheets with Large Deformation and the Strain Distribution(2022 SEM Annual Conference and Exposition on Experimental and Applied Mechanics)
2. 2022/06 Evaluation of Stress State and Fracture Strain of High-strength Steel Using Stereo Image Correlation(2022 SEM Annual Conference and Exposition on Experimental and Applied Mechanics)
3. 2022/06 Measuring Strain Distribution Around Inclusions and Matrix Interface Using Global Digital Image Correlation(2022 SEM Annual Conference and Exposition on Experimental and Applied Mechanics)
4. 2022/06 グローバルDICを用いた異材界面近傍における変位・ひずみ分布の測定(2022年度 非破壊検査総合シンポジウム)
5. 2022/01 3Dプリント熱可塑性樹脂材料の材料特性評価(第52回応力・ひずみ測定と強度評価シンポジウム)
全件表示(514件)
■ 研究業績(取得特許)
1. 2003/09/25 スペックルノイズ除去手段を用いた形状計測方法及び形状計測装置(2003-269938)
2. 2003/09/26 縞位相解析方法(3475245)
3. 2003/12/12 単色矩形波格子を用いる形状計測方法(3500430)
4. 2004/03/26 周波数変調格子による格子投影形状計測方法(3536097)
5. 2006/06/15 複屈折測定装置および応力分布測定装置(2006-153503)
全件表示(12件)