(最終更新日:2019-03-29 18:22:40)
  ナガイ タダタカ   NAGAI, Tadataka
  永井 忠孝
   所属   青山学院大学  経営学部 マーケティング学科
   職種   教授
■ 担当科目
国際文化理解Ⅰ・Ⅱ、世界の言語文化Ⅰ・Ⅱ、国際文化演習Ⅰ・Ⅱ
■ 専門分野及び関連分野
言語学 
■ 学歴・学位
1. 東京大学文学部言語学科卒業
2. 東京大学大学院 人文社会系研究科 言語学科 修士課程修了
3. 東京大学大学院人文社会系研究科言語学科博士課程単位取得済退学
4. アラスカ大学フェアバンクス校大学院人類学科博士課程修了
5. アラスカ大学フェアバンクス校 Ph.D. in Linguistics
■ 職歴
1. 2006/09~2007/05 米アラスカ大学フェアバンクス校 外国語外国文学部 助教授
2. 2008/04~2009/03 青山学院大学 経営学部 准教授
3. 2009/04~2019/03 青山学院大学 経営学部 マーケティング学科 准教授
4. 2019/04~ 青山学院大学 経営学部 マーケティング学科 教授
■ 所属学会
1. 1998/05~ 日本言語学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996/08~1997/10  イヌピアック語のフィールドワーク(研究分担) 三菱信託山室記念奨学財団 少数民族言語のフィールドワーク 
2. 1998/06~1998/09  環太平洋の危機に瀕した言語にかんする緊急調査 国際学術研究(研究分担者) 
3. 1999/02~1999/03  環太平洋の危機に瀕した言語にかんする緊急調査 基盤研究(A)(研究分担者) 
4. 1999/06~1999/09  環太平洋の危機に瀕した言語にかんする緊急調査研究 特定領域研究(A)(1)(研究分担者) 
5. 2001/06~2001/11  Andio-visual documentation of the Iñupiaq language(研究分担) University of Alaska Museum Geist Fand 
全件表示(6件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  「グリーンランド語(東エスキモー語) もっとも活力あるエスキモー語」『アイスランド・グリーンランド・北極を知るための65章』(小澤実,中丸禎子,高橋美野梨編)  2916/03
2. 著書  『英語の害毒』 (単著) 2015/06
3. 著書  "Uvanga Atigha Aliitchak / My Name Is Aliitchak" 『Words of the Real People』 (Ann Fienup-Riordan and Lawrence D. Kaplan, eds.)  2007
4. 著書  「日本語における自動詞で表される二項文」『言語研究の射程』(加藤重広,吉田浩美編)  2006/06
5. 著書  "The young woman who disappeared"『Voices from four directions』(Brian Swann ed.)  2004/10
全件表示(14件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2016/09 英語化偏重の弊害と言語多様性の恩恵
■ 研究業績(学会発表)
1. 2005/03/04 Ambivalent verb bases in Iñupiaq(10th workshop(Workshop on Structure and Constituency in Languages of the Americas)(単独))
2. 2005/01/06 Two types of transitivity alternations in Central Alaska Yup'ik Eskimo(Annual meeting(Society for the Study of the Indigenous Languages of the Americas)(単独))
3. 2004/08/11 Agentive and Patientive verb based in Iñupiaq(14th conference(Inuit Studies Conference)(単独))
4. 2003/03/26 Kinship terms in Upper Kobuk Iñupiaq(Annual meeting(Alaska Authropological Association)(単独))
5. 2002/08/01 -tumi/runi forms in Iñupiaq(13th Conference(Inuit Studies Conference)(単独))
全件表示(6件)