(最終更新日:2018-12-21 09:47:11)
  スズキ タケヒト   SUZUKI, Takehito
  鈴木 岳人
   所属   青山学院大学  理工学部 物理・数理学科
   職種   助教
■ 担当科目
コンピュータアプリケーション演習Ⅱ(第一部)、コンピュータプログラミング演習(第一部)、フーリエ解析演習(第一部)、幾何Ⅰ演習(第一部)、最新物理講義(第一部)、電磁気学演習(第一部)、統計力学演習(第一部)、物理学演習Ⅰ(第一部)、物理学演習Ⅱ(第一部)、物理学演習Ⅲ(第一部)、物理学演習Ⅳ(第一部)、物理数学演習Ⅰ(第一部)、物理数学演習Ⅱ(第一部)、量子力学演習(第一部)、力学演習(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
地震物理学(特に理論), 摩擦物理学 
■ 学歴・学位
1. 東京大学理学部地球惑星物理学科卒業
2. 東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程修了
3. 東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程修了
4. 東京大学 博士(理学)
■ 職歴
1. 2004/06~2005/03 東京大学 地震研究所山下研究室 COE拠点形成アシスタント(第1種)
2. 2005/04~2007/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
3. 2006/01~2006/02 パリ地球物理研究所 Vilotte研究室滞在大学院生(COE海外インターンシップ)
4. 2007/04~2008/03 東京大学 地震研究所 研究機関研究員
5. 2008/04~2008/11 東京大学 地震研究所 特任研究員
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2003/03~ 日本地震学会
2. 2005/01~ American Geophysical Union
3. 2009/02~ 日本地球惑星科学連合
4. 2013/06~ 日本物理学会
5. 2015/04~ 日本応用数理学会
■ 
1. 2013/03 日本地震学会若手学術奨励賞(平成24年度)
2. 2015/04 平成27年度 科学技術分野の文部科学省大臣表彰 若手科学者賞
3. 2015/09 International Tribology Conference, Tokyo 2015, Poster Award for Young Tribologists
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  多孔質圧電媒質の破壊に伴う水力学的・熱的及び電磁気学的現象の研究 日本学術振興会特別研究員(DC2) 
2. 2013/04~2014/03  一次元亀裂と温度・流体圧・空隙生成相互作用が生み出す地震サイクルの多様性 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2013/04~2015/03  反応拡散系との対比で考える新しい地震サイクル理論 若手研究(B)(研究代表者) 
4. 2015/06~2015/06  Analytical Understanding of Slip Velocity in the Steady State of Dynamic Earthquake Slip in the System with Fluid Flow 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2016/04~2018/03  滑りの相転移の観点による地震の多様性の統一的理解 若手研究(B) 
全件表示(9件)
■ 社会的活動
1. 2018/06~2018/06 大学の物理学-入門編-
2. 2014/08~2014/08 研究集会「岩石実験から見える新しい摩擦の物理」企画・運営
3. 2013/06~2013/06 Session SE04, Modeling Fast and Slow Earthquakes in Subduction Zones in 10th Annual Meeting of AOGSにおけるmain convener
4. 2012/08~2012/08 超深度掘削が拓く海溝型巨大地震の新しい描像(平成21年度~25年度、文部科学省研究費補助金、新学術領域研究、研究課題番号:21107001)における数値計算関係グループ内の年度中間報告的な研究集会及び巡検のとりまとめ
5. 2010/09~2010/09 超深度掘削が拓く海溝型巨大地震の新しい描像(平成21年度~25年度、文部科学省研究費補助金、新学術領域研究、研究課題番号:21107001)における数値計算関係グループ内の年度中間報告的な研究集会のとりまとめ
■ 委員会・協会等
1. 2017/09/25~2018/03/31 日本地震学会代議員選挙管理委員 委員
2. 2009/10~2009/10 文部科学省委託研究「東海・東南海・南海地震の連動性評価研究」運営委員会・研究推進委委員会合同研究委員会への(代理の)出席・議論 委員(代理)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  Temporal gravity anomalies observed in the Tokai area and a possible relationship with slow slips (共著) 2018/02
2. 論文  Emergence and seismological implications of phase transition and universality in a system with interaction between thermal pressurization and dilatancy (単著) 2017/08
3. 論文  熱・流体・空隙生成相互作用系に現れる動的地震滑り過程の多様性 (単著) 2015/05
4. 論文  Earthquake model experiments in a viscoelastic fluid: A scaling of decreasing magnitudes of earthquakes with depth (共著) 2014/04
5. 論文  Effects of shear heating, slip-induced dilatancy and fluid flow on diversity of 1-D dynamic earthquake slip (共著) 2014/02
全件表示(14件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2015/09 Systematic Understanding of the Friction Behavior in terms of the Interaction among Heat, Fluid Pressure and Dilatancy in Natural Fault(Tokyo, Japan)
2. 2014/11 動的地震破壊過程におけるエネルギー消費量と空隙率の関係(松江)
3. 2013/10 数理物理的視野に立った動的地震破壊過程の包括的理解(横浜)
4. 2011/05 非弾性な効果の観点による地震破壊過程の動的枠組みの構築(千葉)
5. 2008/05 動的断層滑りの振る舞いを支配する単一の無次元パラメータ(千葉)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/12/13 Unpredictability of the Final Slip Amount based on Uncertainty of the Initial Fluid Pressure and the Porosity Evolution Law(2018 AGU Fall Meeting)
2. 2018/10/11 亀裂の最終滑り量の初期流体圧分布に対する鋭敏性とその地震学的意義(日本地震学会2018年度秋季大会)
3. 2018/09/22 Sensitivity of the Final Slip Amount to the Initial Fluid Pressure(International Joint Workshop on Slow Earthquakes 2018)
4. 2018/09/10 熱・流体・空隙生成系が示す地震の最終滑り量の予測不可能性(日本物理学会2018年秋季大会)
5. 2018/09/05 共通ヌルクラインに基づく地震の最終滑り量の予測不能性(日本応用数理学会2018年度年会)
全件表示(95件)