(最終更新日:2020-10-22 13:51:12)
  ヤスイ ケンゴ   YASUI Kengo
  安井 健悟
   所属   青山学院大学  経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 担当科目
演習,演習(卒業論文),特殊講義(ビジネス経済学1),特殊講義(ビジネス経済学2),日本経済論Ⅰ,日本経済論Ⅱ,産業特論,日本経済論,日本経済論Ⅰ,日本経済論Ⅱ,労働経済学演習Ⅰ,労働経済学演習Ⅱ,博士前期課程研究指導Ⅰ
■ 専門分野及び関連分野
労働経済学, 応用計量経済学 
■ 学歴・学位
1. 慶應義塾大学 経済学部 卒業
2. 大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程経済理論専攻修了
3. 大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程経済学専攻修了
4. 大阪大学 博士(経済学)
■ 職歴
1. 1999/04~2001/02 アンダーセン・コンサルティング(現社名 アクセンチュア) アナリスト
2. 2003/10~2006/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
3. 2006/04~2007/06 大阪大学 社会経済研究所 特任研究員
4. 2007/07~2009/03 一橋大学 経済学研究所 専任講師
5. 2007/08~2008/03 新潟大学 経済学部 非常勤講師
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 2003/10~ 日本経済学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2003/10~2006/03  労働市場における雇用と賃金の調整についての実証研究 特別研究員奨励費 
2. 2009/04~2011/03  少子高齢化社会における労働供給と資産蓄積 若手研究(B) 
3. 2009/04~2010/03  結婚・離婚行動に関する経済学的研究:パネルデータを用いた実証分析 競争的資金等の外部資金による研究 
4. 2012/04~2014/03  人的資本形成における学校教育と学校外教育の効果に関するミクロ計量分析 若手研究(B) 
5. 2014/04~2018/03  教育と震災が賃金分布に与える影響に関するミクロ計量分析 基盤研究(C) 
全件表示(10件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/10~2026/09 日本学術会議 連携会員
2. 2020/09~2021/03 政策研究院「人口減少・高齢化社会における政策課題に関する研究会」 委員
3. 2020/09~2022/07 経済産業研究所「AI時代の雇用・教育改革」 メンバー
4. 2018/11~2019/03 中央労働委員会 統計アドバイザー
5. 2017/07~2019/03 内閣府経済社会総合研究所 平成29 ・30年度国際共同研究「潜在成長力の強化と経済の活性化に向けた課題」 リーダー
全件表示(13件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  「定年後の継続雇用者の働き方の実態とその評価」(久米功一氏、鶴光太郎氏、佐野晋平氏との共著) (共著) 
2. 論文  「認知能力及び非認知能力が賃金に与える影響について」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著) (共著) 2020/04
3. 論文  学校や職場での教育訓練、スキルの実態に関する研究―RIETI 「全世代的な教育・訓練と認知・非認知能力に関するインターネット調査」から(鶴光太郎氏、久米功一氏、佐野晋平氏との共著) (共著) 2019/12
4. 論文  「転勤・異動・定年後雇用の実態」(鶴光太郎氏、久米功一氏、佐野晋平氏との共著) (共著) 2019/09
5. 論文  「雇用形態間の賃金格差」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著) (共著) 2019/09
全件表示(48件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/10/26 大学と大学院の専攻の賃金プレミアム(平成29・30年度国際共同研究「潜在成長力の強化と経済の活性化に向けた課題」WG1(潜在成長力の強化:人材・人的資本とイノベーション)最終報告会)
2. 2017/11/24 大学院教育が賃金にもたらす効果(平成29・30年度国際共同研究「潜在成長力の強化と経済の活性化に向けた課題」WG1(潜在成長力の強化:人材・人的資本とイノベーション)中間報告会)
3. 2016/09/23 「無限定正社員に対する限定正社員と有期雇用労働者の賃金差の分析」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著)(RIETI「労働市場制度改革」研究会)
4. 2015/10/30 「教育のリターンの異質性と無限定正社員と限定正社員の賃金差について」(佐野晋平氏との共著)(RIETI「労働市場制度改革」研究会)
5. 2015/01 “The Long-term Impact of the 1995 Hanshin–Awaji Earthquake on Wage Distribution” (Joint with Fumio Ohtake, Naoko Okuyama and Masaru Sasaki).(立命館大学経済学会セミナー・重点研究プログラムセミナー(立命館大学))
全件表示(27件)