(最終更新日:2018-11-07 11:30:03)
  ニノミヤ アヤコ   NINOMIYA, Ayako
  二宮 文子
   所属   青山学院大学  文学部 史学科
   職種   准教授
■ 担当科目
基礎演習、史学特講B(1)、東洋史演習(3)、アジア史における社会と文化研究A・B(院)
■ 専門分野及び関連分野
インド・イスラーム文化史 
■ 学歴・学位
1. 京都大学 文学部 卒業
2. 京都大学大学院 文学研究科 歴史文化学 修士課程修了
3. 京都大学大学院文学研究科歴史文化学専攻博士課程指導認定退学
4. 京都大学 博士(文学)
■ 職歴
1. 2008/04~2010/03 京都外国語大学 非常勤講師
2. 2008/04~2013/03 関西大学 非常勤講師
3. 2008/06~2009/02 京都大学文学部付属ユーラシア文化研究センター(羽田記念館) 教務補佐
4. 2009/10~2010/03 立命館大学 非常勤講師
5. 2010/04~2013/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 1997/04~ 西南アジア学会
2. 1999/04~ 東洋史研究会
3. 2010/04~ 京都大学史学研究会
4. 2010/06~ 宗教と社会学会
5. 2011/06~ 南アジア学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/07  中世インド・イスラーム文化に関連するペルシア語写本史料の校訂と翻訳(単独) 三島海運記念財団学術研究奨励金 
2. 2014/04~2017/03  前近代インドにおける音楽実践、音楽理論書の状況。 国内共同研究 
3.   インドのムスリム社会形成の歴史的過程 個人研究 
4.   インド共和国、ウッタル・プラデーシュ州中北部のイスラーム初伝伝説とムスリム社会の形成 個人研究 
5.   中世・近世のインド・イスラーム文化 個人研究 
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  インドにおけるイスラーム「聖地」の創造——シャムスの貯水池Ḥauḍ-i Shamsīと『求道者の鍵Miftāḥ al-Ṭālibīn』—— (単著) 2013/12
2. 論文  「北インド農村地域におけるスーフィー教団施設――ハーンカー・カリーミーヤの事例――」 (単著) 2011/12
3. 論文  「聖者の因子:中世インドのスーフィー聖者の事例から」 (単著) 2011/06
4. 論文  デリー・サルタナト期におけるバハーウッディーン・ザカリヤー一族の歴史 (単著) 2007/01
5. その他 イスラームにおける奇跡と驚異 (単著) 2015
全件表示(6件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2015/12/13 英領インド行政とムスリム聖者廟(2015年度九州史学会大会イスラム文明学部会)
2. 2015/09/27 19世紀北インドの聖者廟の資産についての分析:サーラール・マスウード廟の事例(日本南アジア学会第28回全国大会)
3. 2011/10/02 ムガル期におけるイスラーム――ペルシア語神秘思想文献を通して見るイスラームと南アジアの接触の様態――(日本南アジア学会第24回全国大会)
4. 2010/12/19 Towards Theoretical Analysis of Ṭarīqa: Structural Models of Ṭarīqa in Medieval India(IAS International Conference 2010, New Horizones in Islamic Area Studies)
5. 2008/12/14 アブドゥルカーディル・バダーウニー ― ― 十六世紀ムガル朝の知識人の「宮仕え」と教養 ― ―(2008年度九州史学会大会イスラム文明学部会)
全件表示(6件)