(最終更新日:2018-11-07 12:36:02)
  ミウラ テツヤ   MIURA, Tetsuya
  三浦 哲哉
   所属   青山学院大学  文学部 比較芸術学科
   職種   准教授
■ 担当科目
映像文化論(1)演習Ⅰ・Ⅱ(大学院)、比較芸術学特講Ⅲ(5)・(6)(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
映画研究, 表象文化論 
■ 学歴・学位
1. 一橋大学 社会学部 卒業
2. 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻表象文化論コース 修士課程修了
3. (フランス)カン大学大学院修士課程(DEA)映画演劇コース修了
4. 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻表象文化論コース 博士課程修了
5. 東京大学 博士(学術)
■ 職歴
1. 2007/04~2009/03 日本学術振興会 特別研究員(東京大学大学院)
2. 2010/04~2012/03 いわき明星大学 非常勤講師
3. 2011/09~2014/03 明治学院大学 非常勤講師
4. 2012/04~2013/03 群馬女子大学 非常勤講師
5. 2013/04~ 青山学院大学 文学部 比較芸術学科 准教授
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2005/11~ 表象文化論学会
2. 2006/09~ 映像学会
3. 2016/09~ 日本映像学会
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  映画とは何か──フランス映画思想史 (単著) 2014/11
2. 著書  サスペンス映画史 (単著) 2012/06
3. 著書  ひきずる映画──ポストカタストロフ時代の想像力 (共著) 2011/08
4. 論文  基底的サスペンスとシジフォスの憐れみ (単著) 2007/11
5. 論文  『ラ・シオタ駅への列車の到着』と動けない観客 (単著) 2006/03
全件表示(6件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2016/05 ヌーヴェル・ヴァーグを総括する 文学との関係において
2. 2015/12 ブレッソンと小津の自動性
3. 2015/07 「映画史講義──何がハリウッドと呼ばれるか」(石岡良治+三浦哲哉)(武蔵野美術大学)
4. 2012/01 福島と3.11のイメージ
■ 研究業績(学会発表)
1. 2015/11/07 バザンの弁証法:「『田舎司祭の日記』とロベール・ブレッソンの文体論」再読を通して(表象文化論学会)
2. 2015/10/02 Waiting after 311(Asian Theories International Symposium)
3. 2015/05/30 アンドレ・バザン「演劇と映画」再読:不純な映画と精神的リアリズム(日本映像学会)
4. 2009/01/24 アメリカ映画におけるサスペンス映画の生成:グリフィスとセネット(日本アメリカ文学会)
5. 2007/11/18 自由・サスペンス・予定調和:サスペンス作家としてのロベール・ブレッソン(表象文化論学会)
全件表示(6件)