(最終更新日:2019-03-11 19:01:04)
  オオヤマ カズトシ   OHYAMA, Kazutoshi
  大山 和寿
   所属   青山学院大学  法学部 法学科
   職種   准教授
■ 担当科目
民事法基礎演習, 入門演習, 民法(債券担保法)研究ⅡA・B(院), 法学・政治学演習ⅠA・B、同ⅡA・B,民法Ⅱ、 民法B, 私法総合演習(院), フレッシャーズ・セミナー
■ 専門分野及び関連分野
民法, 倒産処理法, 労働法 
■ 学歴・学位
1. 早稲田大学 法学部 卒業
2. 早稲田大学大学院 法学研究科 民事法学専攻 修士課程修了
3. 早稲田大学 修士(法学)
4. 早稲田大学大学院法学研究科民事法学専攻博士後期課程満期退学
■ 職歴
1. 2001/04~2004/03 早稲田大学 法学部 助手
2. 2004/04~2010/03 青山学院大学 法学部 法学科 専任講師
3. 2010/04~ 青山学院大学 法学部 法学科 准教授
■ 所属学会
1. 2000/04~ 日本私法学会
2. 2002/10~ 金融法学会
3. 2007/04~ 信託法学会
4. 2010/04~ 日本マンション学会
5. 2012/10~ 初年次教育学会
全件表示(6件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2018/04/01~2020/03/31 青山学院大学 学生部副部長(青山キャンパス)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/10~  包括的な資産の担保化に関する研究 個人研究 
2. 2006/04~  信託法に関する研究 個人研究 
3. 2006/04~  先取特権(優先権のある債権)に関する研究 個人研究 
4. 2012/04~  法学教育方法に関する研究 個人研究 
■ 社会的活動
1. 2004/11~2007/02 財団法人トラスト60信託法現代化研究会
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  共益費用の先取特権の形成過程(3)物理的保存費を被担保債権に認める見解への疑問,及び,民法307条2項の解釈を提示することを目的に (吉田直教授・西澤宗英教授退職記念号) (単著) 2018/03
2. 論文  共益費用の先取特権の形成過程(2) ――物理的保存費を被担保債権に認める見解への疑問、及び、民法307条2項の解釈を提示することを目的に―― (単著) 2017/06
3. 論文  共益費用の先取特権の形成過程(1)
――物理的保存費を被担保債権に認める見解への疑問、及び、民法307条2項の解釈を提示することを目的に―― (単著) 2016/03
4. 論文  旧会社更生法119条の2の形成過程(2)
――更生手続における退職金債権の処遇のありかたを探るための一助として―― (単著) 2014/06
5. 論文  旧会社更生法119条の2の形成過程(1)
――更生手続における退職金債権の処遇のありかたを探るための一助として―― (単著) 2014/03
全件表示(27件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2017/09/07 法学入門の授業への協同学習の導入の試み(初年次教育学会第10回大会)
2. 2015/04/25 区分所有者が管理組合の臨時総会を招集した場合において、一部の組合員を被告として提起された、この総会及び決議の無効確認請求が認容された事例(日本マンション学会第24回広島大会)