(最終更新日:2021-04-10 10:38:04)
  ササカワ ワタル   SASAKAWA Wataru
  笹川 渉
   所属   青山学院大学  文学部 英米文学科
   職種   准教授
■ 担当科目
基礎演習,特別演習(卒業論文),ReadingⅠ,基礎演習Ⅰ,基礎演習Ⅱ,特別演習,特別演習(卒業論文),イギリス文学概論,イギリス文学概論Ⅰ,イギリス文学概論Ⅱ,イギリス文学特講(3),イギリス文学特講Ⅰ(3),イギリス文学特講Ⅱ(3),イギリス文学演習(1),イギリス文学演習Ⅰ(1),イギリス文学演習Ⅱ(1),研究指導演習Ⅰ,研究指導演習Ⅱ,研究指導演習Ⅲ,研究指導演習Ⅳ
■ 専門分野及び関連分野
イギリス詩, 英米文学 
■ 学歴・学位
1. 慶應義塾大学 文学部 英米文学専攻 卒業
2. 立教大学大学院文学研究科英米文学専攻博士課程前期課程修了
3. 東京都立大学大学院 人文科学研究科 英文学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 首都大学東京 博士(文学)
■ 職歴
1. 2009/04~2012/03 首都大学東京 大学教育センター助教
2. 2012/04~2016/03 北見工業大学 工学部共通講座 准教授
3. 2016/04~ 青山学院大学 文学部 英米文学科 准教授
■ 所属学会
1. 2003/04~ 日本英文学会
2. 2020/07 ∟ 大会準備委員
3. 2003/10~ 十七世紀英文学会
4. 2010/04~2017/03 ∟ 東京支部事務局
5. 2013/04~2015/03 ∟ 本部事務局会計
全件表示(16件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  イングランド共和制下における王党派詩集と歌集のメランコリックな政治性 文学研究 
2. 2015/04~  イングランドの内乱期と共和制下における民衆の祝祭と国王表象 研究代表者(単独) 
3. 2013/04~2015/03  1620年代から50年代を中心としたイングランドのイエス生誕詩の政治的多様性 研究代表者(単独) 
4. 2015/04~  内乱期における王党派の詩の国王表象 個人研究 
5. ~  ジョン・ミルトンの詩作品と政治・宗教 個人研究 
■ 社会的活動
1. 2014/11~2014/11 平成26年度北見工業大学公開講座講師
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  牧歌と神話のクローリス——イングランド内乱期および共和制下の歌集から—— (共著) 2021/03
2. 著書  Bellona and Minerva in History: The Change of the Epic Simile in The Faerie Queene, Book III (共著) 2018/03
3. 著書  「神意にかなわぬ」ソロモン王——『失楽園』におけるチャールズ二世の表象—— (共著) 2017/09
4. 著書  国王の像とイエス生誕詩——1630年から王政復古まで—— (共著) 2015/05
5. 論文  ブラゾンの政治学——『機智と冗談』におけるダンの「恋の旅路」とミルトンの『失楽園』の対比—— (単著) 2020/12
全件表示(7件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2016/12 幻想の祝祭 ——1640年代から50年代前半における王党派の国王表象(青山学院大学青山キャンパス)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2020/11/08 『妖精の女王』と『失楽園』における宴(シンポジウム:『妖精の女王』と『失楽園』――叙事詩をどう楽しむか?)(日本英文学会関東支部 2020年度秋季大会(第19回大会))
2. 2018/01/27 『失楽園』の「天上の想像力」と身体観(オベロン会)
3. 2017/12/09 アダムの読書と生気論(日本ミルトン協会第8回研究大会)
4. 2017/02/25 共和政府樹立後の歓楽——王党派とランターズ(オベロン会)
5. 2016/02/27 ブリトマートの変容(オベロン会)
全件表示(11件)