(最終更新日:2019-07-30 13:59:45)
  カネコ ナオシ   KANEKO, Naoshi
  金子 直史
   所属   青山学院大学  理工学部 情報テクノロジー学科
   職種   助手
■ 担当科目
化学基礎実験,情報テクノロジー体験演習,情報総合プログラミング実習Ⅰ,システム構築実習,情報テクノロジー実験Ⅱ
■ 専門分野及び関連分野
コンピュータビジョン, 画像処理 
■ 学歴・学位
1. 青山学院大学 社会情報学部 社会情報学科 卒業
2. 青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻博士前期課程修了
3. 青山学院大学 修士(工学)
4. 青山学院大学大学院理工学研究科理工学専攻博士後期課程退学
■ 職歴
1. 2017/04~ 青山学院大学 理工学部 情報テクノロジー学科 助手
■ 所属学会
1. 2013/01~ 情報処理学会
■ 
1. 2019/06 Best Paper Award, 3rd International Conference on Imaging, Vision & Pattern Recognition (IVPR 2019)
2. 2019/02 Best Poster Paper Award, International Workshop on Frontiers of Computer Vision (IW-FCV 2019) Link
3. 2018/01 CVIM研究会奨励賞(指導学生の受賞) Link
4. 2016/03 情報処理学会第78回全国大会 学生奨励賞(指導学生の受賞)
5. 2013/03 情報処理学会第75回全国大会 学生奨励賞
■ 委員会・協会等
1. 2019/06/12~2019/06/14 第25回画像センシングシンポジウム (SSII2019) 実行委員(広報・出版部会)
2. 2018/06/07~ パターン認識・メディア理解研究専門委員会 専門委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  ClothesAwarePoseNet: 衣服の領域分割を考慮した人物姿勢推定法 (共著) 2018/08
2. 論文  Fast Obstacle Detection for Monocular Autonomous Mobile Robots (共著) 2017/09
3. 論文  Detection of Defective Regions in 3D Reconstruction to Support Image Acquisition (共著) 2017/09
■ 研究業績(学会発表)
1. 2019/07/04 Analyzing Input and Output Representations for Speech-Driven Gesture Generation(19th ACM International Conference on Intelligent Virtual Agents (IVA 2019))
2. 2019/06/01 Boosting Monocular Depth Estimation with Channel Attention and Mutual Learning(3rd International Conference on Imaging, Vision & Pattern Recognition (IVPR 2019))
3. 2019/05/17 Multiple Human Tracking with Dual Cost Graphs(Quality Control by Artificial Vision (QCAV2019))
4. 2019/05/16 On the Importance of Representations for Speech-Driven Gesture Generation(International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS 2019))
5. 2019/05/15 Data Augmentation for Intra-Class Imbalance with Generative Adversarial Network(Quality Control by Artificial Vision (QCAV2019))
全件表示(34件)