(最終更新日:2018-11-08 09:08:04)
  オギノ カズトヨ   OGINO, Kazutoyo
  荻野 一豊
   所属   青山学院大学  理工学部 化学・生命科学科
   職種   助教
■ 担当科目
化学・生命科学輪講Ⅰ(第一部)、化学基礎実験(第一部)、生命科学実験Ⅰ(第一部)、生命科学実験Ⅱ(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
神経科学 
■ 学歴・学位
1. 近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科 卒業
2. 大阪大学大学院理学研究科生物化学専攻博士前期課程修了
3. 大阪大学大学院理学研究科生物化学専攻博士後期課程修了
4. 大阪大学 博士(理学)
■ 職歴
1. 2008/04~2008/12 大阪大学 大学院営学研究科 招聘研究員
2. 2009/01~2010/06 名古屋大学 大学院理学研究科生命理学専攻 博士研究員
3. 2010/07~2015/03 国立遺伝学研究所 新分野創造センター 特任研究員
4. 2015/04~2016/03 青山学院大学 理工学部 化学・生命科学科 助手
5. 2016/04~ 青山学院大学 理工学部 化学・生命科学科 助教
■ 所属学会
1. 2005/04~ 日本動物学会
2. 2007/04~ 日本進化学会
3. 2015/04~ 日本神経科学学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~  グリシン作動性シナプス可塑性を制御する分子機構の解明 個人研究 
2. 2015/04~2017/03  グリシン作動性シナプス可塑性の動作原理の解明 学術研究助成基金助成金 (若手研究 B) 
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  Ring Finger Protein 121 Facilitates the Degradation and Membrane Localization of Voltage-gated Sodium Channels (共著) 2015/03
2. 論文  Defective Escape Behavior in DEAH-Box RNA Helicase Mutants Improved by Restoring Glycine Receptor Expression (共著) 2013/09
3. 論文  39.9 Connexin 39.9 Protein Is Necessary for Coordinated Activation of Slow-twitch Muscle and Normanl Behavior in Zebrafish. (共著) 2012/01
4. 論文  The biological role of the glycinergic synapse in early zebrafish (共著) 2011/09
5. 論文  Distinction of Cell Types in Dicyema japonicum (Phylum Dicyemida) by Expression Patterns of 16 Genes. (共著) 2011/08
全件表示(11件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2011/09 逃避行動とグリシン作動性シナプスの形成(北海道 旭川市)