(最終更新日:2019-04-02 17:42:04)
  アベ シヨウタ   ABE, Shota
  安部 祥太
   所属   青山学院大学  法学部 法学科
   職種   助教
■ 専門分野及び関連分野
刑事訴訟法, 少年法, 刑事政策, 法と心理学, アメリカ法, 韓国法 
■ 学歴・学位
1. 青山学院大学 法学部 法学科 卒業
2. 青山学院大学大学院法学研究科公法専攻博士前期課程修了
3. 青山学院大学大学院法学研究科公法専攻博士後期課程修了
4. 青山学院大学 博士(法学)
■ 職歴
1. 2013/04~2015/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
2. 2015/04~2016/03 國學院大學 法学部フェロー
3. 2016/04~ 立正大学 法学部 非常勤講師(刑法各論)
4. 2016/04~ 青山学院大学 法学部 法学科 助教
5. 2017/04~2018/03 國學院大學 法学部 兼任講師(刑事訴訟法、法律学特殊講義(刑事訴訟法2))
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. 2012/04~ 日本刑法学会
2. 2012/04~ 日本犯罪社会学会
3. 2013/04~ 比較法学会
4. 2013/04~ 法と心理学会
■ 
1. 2011/01 平成22年度刑事政策に関する懸賞論文 優秀賞(単独) Link
2. 2011/01 平成22年度刑事政策に関する懸賞論文 読売新聞社賞(単独) Link
3. 2017/12 第4回 守屋研究奨励賞(単独) Link
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   刑事手続と適正手続(被疑者取調べとその適正化) 個人研究 
2.   韓国刑事法 個人研究 
3.   アメリカ刑事法 個人研究 
4.   少年法と刑事訴訟法の交錯 個人研究 
5. 2013/04~2015/03  被疑者取調べを含む捜査手法の適正化 特別研究員奨励費 
全件表示(8件)
■ 社会的活動
1. 2018/12 朝日新聞2018年12月30日朝刊22面「弁護士不在の取り調べ『前近代的』ゴーン前会長の勾留」コメント Link
2. 2018/05 近畿弁護士連合会刑事弁護委員会 講師
3. 2017/06 日本弁護士連合会「取調べへの弁護人立会権に関する講演会」パネリスト
4. 2017/02 日本弁護士連合会刑事法制委員会 講師
5. 2017/01 熊本大学法学部振興会シンポジウム「取調べの可視化をめぐる東アジアの動き」パネリスト
全件表示(6件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/04~ 日韓刑事法研究会 日本側事務局
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  隠された証拠が冤罪を晴らす—再審における証拠開示の法制化に向けて (共著) 2018/10
2. 著書  GPS捜査とプライバシー保護—位置情報取得捜査に対する規制を考える (共著) 2018/04
3. 著書  緊急提言!刑事再審法改正と国会の責任 (共著) 2017/08
4. 論文  刑事訴訟法入門—『犯人』の権利を守るのはなぜか? (単著) 2018/03
5. 論文  韓国における常習窃盗罪をめぐる近時の議論状況等について (単著) 2018/03 Link
全件表示(27件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2017/12/01 改正刑訴法301条の2は被疑者取調べの何を変えるか(第20回被疑者取調べ録画研究会)
2. 2017/11/04 韓国における被疑者取調べの憲法的規制と司法積極主義(「韓・朝鮮半島と法」研究会)
3. 2016/12/17 被疑者取調べの憲法的規制(刑事司法研究会)
4. 2016/07/06 被疑者取調べ規制の論理—2016年改正刑訴法と憲法的刑事訴訟—(青山学院大学法学会研究会)
5. 2015/06/06 韓国における被疑者取調べの憲法的規制(比較法学会)
全件表示(9件)