(最終更新日:2019-07-30 13:59:44)
  ヤマモト ヒロシ   YAMAMOTO, Hiroshi
  山本 寛
   所属   青山学院大学  経営学部 経営学科
   職種   教授
■ 担当科目
人的資源管理論,人材育成論Ⅰ,キャリアデザイン論Ⅰ,人材育成論Ⅱ,キャリアデザイン論Ⅱ,人的資源管理論Ⅰ,人的資源管理論Ⅱ,経営演習Ⅰ(1),経営演習Ⅰ(2),経営演習Ⅱ(1),経営演習Ⅱ(2),研究指導演習Ⅱ(A),研究指導演習Ⅱ(B),人的資源管理論演習Ⅰ,人的資源管理論演習Ⅱ
■ 専門分野及び関連分野
人的資源管理論, キャリア・ディベロップメント, 組織行動論 
■ 学歴・学位
1. 早稲田大学 政治経済学部 政治学科 卒業
2. 立教大学大学院文学研究科心理学専攻博士前期課程修了
3. 明治大学大学院経営学研究科経営学専攻博士後期課程中途退学
4. 明治大学 博士(経営学)
■ 職歴
1. 1979/04~1982/03 株式会社日本債券信用銀行新宿支店 勤務
2. 1982/04~1991/02 千葉県千葉市役所 会計課
3. 1991/04~1994/03 函館大学 商学部 専任講師
4. 1992/04~1993/03 北海道教育大学 函館校 非常勤講師
5. 1994/04~1997/03 千葉商科大学 商経学部 専任講師
全件表示(15件)
■ 所属学会
1. 1987/07~ 産業・組織心理学会
2. 1990/10~ 組織学会
3. 1991/06~ 日本労務学会
4. 1992/09~ 日本経営学会
5. 1997/11~ 経営行動科学学会
全件表示(7件)
■ 
1. 2018/08 日本の人事部『HRアワード』入賞 Link
2. 2009/11 青山学院学術褒賞
3. 2004/11 経営行動科学学会優秀事例賞
4. 2002/06 日本労務学会賞(学術賞)
5. 2001/01 経営科学文献賞
全件表示(7件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2005/04/01~ 青山学院大学 音楽芸術研究部顧問
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2021/03  勤労者の専門性と組織の専門性マネジメントの研究 基盤研究(C) 
2. 2012/04~2017/03  知覚されたエンプロイアビリティ統合モデルの研究ー国際比較・時系列比較の観点から 基盤研究(C)(研究代表者(単独)) 
3. 2012/04~2013/03  大学生のキャリア・モチベーションとエンプロイアビリティ 機関内共同研究 
4. 2011/04~2014/03  目標管理制度が看護師のキャリア発達に及ぼす影響-キャリア・プラトー現象の観点から 基盤研究(C) 
5. 2010/10~  知覚されたエンプロイアビリティの研究 個人研究 
全件表示(18件)
■ 社会的活動
1. 2017/03 「グローバル時代の”エンゲージメント”とは?-タレントマネジメントの観点から」 Link
2. 2016/10 「変化の時代に立ち向かう、GSK社員のキャリア形成」 Link
3. 2016/10 「企業と働く人々は、どのようなエンプロイアビリティを求めていけばよいか」 Link
4. 2016/06 法政大学キャリアデザイン学会2016年度第2回研究会講演「人材定着のマネジメント」
5. 2016/03 キャリアカウンセリング協会キャリアカウンセラーの為の組織・人的資源管理基礎講座「キャリアマネジメントの基礎」
全件表示(36件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/11/17~2018/10/15 働き方改革フォーラム(日経BP社・日経BP総研) 委員長 Link
2. 2017/05/09~2018/03/31 (公財)日本生産性本部平成29年度調査企画委員会(厚生労働省委託「人材不足分野における人材確保のための雇用管理改善促進事業」(モデル調査コース)(若年分野)) 委員 Link
3. 2016/05/19~2017/03/31 (公財)日本生産性本部平成28年度調査企画委員会委員(厚生労働省委託「人材不足分野における人材確保のための雇用管理改善促進事業」(モデル調査コース)(若年分野)) 委員 Link
4. 2010/04/01~2010/09/30 「CCAスーパーバイザー養成・認定プログラム」研修 (特定非営利活動法人キャリアカウンセリング協会) 講師 Link
5. 2009/08~2009/12 千葉市事務事業評価における外部評価員 外部評価員
全件表示(10件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『なぜ、御社は若手が辞めるのか』 (単著) 2018/06 Link
2. 著書  「中だるみ社員」の罠 (単著) 2017/05 Link
3. 著書  『働く人のキャリアの停滞-伸び悩みから飛躍へのステップ-』 (共著) 2016/05
4. 著書  『昇進の研究[増補改訂版]-キャリア・プラトー現象の観点から』 (単著) 2014/06
5. 著書  「ダイバーシティ・マネジメントとリテンション」『企業力を高める―女性の活躍推進と働き方改革』(経団連出版編)  2014/05
全件表示(96件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/10/20 能力開発の観点からみた専門性マネジメントの実証的研究(経営行動科学学会第21回年次大会)
2. 2018/07/01 労務学会誌に投稿するために考えてほしいこと(日本労務学会第48回全国大会)
3. 2016/09/03 専門性マネジメントの実証的研究-専門職のキャリア自律重視のキャリア開発の観点から(産業・組織心理学会第32回大会(共同))
4. 2016/06/26 エンプロイアビリティの国際比較-日本とイギリスの組織従業員の比較の観点から(日本労務学会第46回全国大会(単独))
5. 2014/07/20 組織従業員のエンプロイアビリティ・スキルとエンプロイアビリティ知覚との関係(日本労務学会第44回全国大会(単独))
全件表示(65件)