(最終更新日:2020-04-28 08:21:57)
  フルショウ ジュンイチ   FURUSHOU Junichi
  古荘 純一
   所属   青山学院大学  教育人間科学部 教育学科
   職種   教授
■ 担当科目
基礎演習,基礎演習Ⅰ,専門演習,卒業研究,小児精神神経学,教育学特論F,小児保健論,教育学特論M,保育内容教育法(健康),精神疾患とその治療,教育実践調査法Ⅱ,臨床医学的小児教育演習Ⅰ,臨床医学的小児教育演習Ⅱ,研究指導Ⅰ,研究指導Ⅱ,研究指導Ⅲ,研究指導Ⅳ,臨床医学的小児教育特別演習Ⅰ,臨床医学的小児教育特別演習Ⅱ,研究指導Ⅴ,研究指導Ⅵ,研究指導Ⅶ,研究指導Ⅷ,研究指導Ⅸ,研究指導Ⅹ
■ 専門分野及び関連分野
小児科学, 小児神経学, 小児精神神経学, 児童青年精神神経学, てんかん学 
■ 学歴・学位
1. 昭和大学 医学部 卒業
2. 昭和大学大学院 医学研究科 博士課程修了
3. 昭和大学 医学博士
■ 職歴
1. 1988/04~1990/06 昭和大学 医学部小児科学教室員外 助手
2. 1990/07~1991/01 亀田総合病院 小児科医長補佐
3. 1993/07~1996/12 公立昭和病院 小児科医長
4. 1996/12~1998/03 昭和大学 医学部小児科学教室 助手
5. 1998/04~1999/01 昭和大学 医学部小児科学教室 専任講師
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. 1984/06~ 日本小児科学会
2. 1985/09~ 日本小児神経学会
3. 1998/12~ 日本小児精神神経学会
4. 2017/04~ 日本発達性協調運動障害(DCD)学会
5. 1990/10~ 日本てんかん学会
全件表示(10件)
■ 
1. 2003/03 日本イーライリリー海外研修フェローシップ
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~  格差センシティブな人間発達科学の創成 国内共同研究 
2. 2009/04~  社会行動関連分子機構の解明に基づく自閉症の根本的治療法の創出 国内共同研究 
3. 2006/04~  学校における思春期の心の問題に関する相談システムモデルの構築 国内共同研究 
4. 2009/04~  特別支援教育と医療支援に関する研究 個人研究 
5. 2006/04~  小児版QOL尺度を用いた治療評価の確立 個人研究 
全件表示(11件)
■ 社会的活動
1. 2020/04 第4回 日本DCD学会学術集会 会長
2. 2020/02 境界知能~“気づかれない人たち”をどう支えるか~
3. 2019/12 第32回 発達障害 医学セミナー コーディネーター
4. 2019/10 自自己肯定感と幸福度 孤独感を脱するヒントは?
5. 2018/10 10代のうつ病・増加する背景と対処法
全件表示(12件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/07~ 日本小児科学会用語委員会 委員長
2. 2016/04~ 公益財団法人 日本発達障害連盟 理事
3. 2015/09~ 日本子ども健康科学会 理事
4. 2009/06~ 日本小児精神神経学会 理事、常務理事
5. 2002/05~ 日本小児神経学会 評議員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  自己肯定感で子どもが伸びる 12歳までのこころと脳の育て方 (単著) 2020/01
2. 著書  子どもの精神保健テキスト 改定第2版 (単著) 2019/10
3. 著書  いい親をやめるとラクになる (単著) 2019/04
4. 著書  発達障害サポート入門 幼児から社会人まで (単著) 2018/05
5. 著書  発達障害とはなにか 誤解をとく (単著) 2016/08
全件表示(178件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2019/10 発達障害とトラウマ・愛着障害の併存 ~教育現場でできる見立てと支援~
2. 2019/05 自閉スペクトラム症 ―最近の定義と対応―(東京)
3. 2019/05 教育虐待・教育ネグレクト 日本の教育システムと親が抱える問題
4. 2018/12 子どもの精神面の問題と 自己肯定感 うつ病を中心に(東京;東京大学)
5. 2018/08 発達障害と 愛着障害の関連
全件表示(13件)