(最終更新日:2018-11-07 16:08:45)
  ハルヤマ ジュンジ   HARUYAMA,Junji
  春山 純志
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   准教授
■ 担当科目
ナノサイエンス特論(大学院)、基礎電気物性学及び演習(第一部)、機能性物質の基礎と応用(大学院)、卒業研究Ⅰ(第一部)、卒業研究Ⅱ(第一部)、電気電子工学概論(第一部)、電気電子工学輪講A(第一部)、電気電子工学輪講B(第一部)、物質工学特別輪講C(大学院)、物質工学特別輪講D(大学院)、理工学特別実験・演習C(大学院)、理工学特別実験・演習D(大学院)、量子電子デバイス(第一部)
■ 専門分野及び関連分野
ナノエレクトロニクス, 量子・メゾスコピック物性 
■ 学歴・学位
1. 早稲田大学 理工学部 応用物理学科 卒業
2. 早稲田大学 博士(工学)
■ 職歴
1. 1985/04~1995/03 日本電気株式会社 勤務
2. 1994/07~1995/03 日本電気株式会社ULSIデバイス開発研究所 主任
3. 1995/03~1997/03 トロント大学電気・コンピュータ工学科,及びオンタリオ・レーザー・ライトウェーブ・リサーチ・センター 客員研究員
4. 1997/04~2007/03 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 助教授
5. 2007/04~ 青山学院大学 理工学部 電気電子工学科 准教授
■ 所属学会
1. 1989/10~ 応用物理学会
2. 1990/10~ 応用物理学会超電導分科会
3. 1996/06~ American Physical Society
4. 1997/04~ 日本物理学会
5. 2000~ American Association of Advanced Science
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~1999/03  多孔質アルミナ膜により形成したナノトンネル接合(量子ドット)アレイにおけるSET 特定領域研究(A)(研究代表者(単独)) 
2. 1998/04~2000/03  炭素系微細構造物質の研究(研究分担) フロンティアカーボンプロジェクト助成 
3. 1999/04~2002/03  ダイヤモンド等機能性炭素材料の作成と評価(研究分担) ハイテク・リサーチ・センター整備事業 
4. 1999/04~2000/03  微小多孔質アルミナ膜によるメゾスコピック現象の研究(単独) 材料科学技術振興財団研究助成 
5. 1999/04~2000/03  微小多孔質アルミナ膜を用いた単電子トンネリングの研究 特定領域研究(A)(研究分担者) 
全件表示(14件)
■ 社会的活動
1. 2002/08~2002/08 Member of International scientific committee for“Nano investor conference”(the Jacob Javits Convention Center, New York City, on August 2-3, 2002)and chairman.
2. 2001 Chairman in“the 8th international conference on Composite engineering”(Spain 2001)
3. 2001 Chairman in“the 9th international conference on Composite engineering”(San Diego 2001)
4. 2001~ Physics Review B Reviewer
5. 2000~ Physical Reviewer Letter Reviewer
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2001~ 文部科学省科学技術振興調整費運営委員 委員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  「第10章「カーボンナノチューブ」」『ナノテクノロジー最前線』(塚田 捷,河津 晶)  2002/03
2. 著書  『単一電子トンネリング概論:量子力学とナノテクノロジー』 (単著) 2001/12
3. 著書  “Abrupt magnetoresistance jumps in Ni-nanowire systems and Coulomb blockade under elastic environment in Carbon nanotube/single junction systems”Macroscopic quantum coherence and quantum computation(D.Averin,B.Raggiero,P.Silvestrini)  2001
4. 著書  “Coulomb blockade in single tunnel junction connected to nanowire and Carbon nanotube: Can mutual Coulomb interaction and weak localization play the role of high impedance environment?”Quantum Mesoscopic Phenomena and Mesoscopic Devices in Microelectronics(I.Kulik et.al.)  2000
5. 著書  “Nonlithographic Fabrication and Physics of Nanowire and Nanodot Array Devices: - Present and Future”Future Trends in Microelectronics: Reflections on the Road to Nanotechnology(S.Luryi,J.M.Xu,A.Zaslavsky)  1996
全件表示(38件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2001/08 Impact of Self-organized Nanostructures, Nanoporous Alumina Membranes, on Nano-physics and -electoronics
■ 研究業績(学会発表)
1. 2002/03 Quantum-mesoscopic phenomena in carbon nanotubes; spintronics and superconductivity(Invited seminar, Harvard University)
2. 2002/03 Superconductivity by proximity effect in single-walled carbon nanotube array with large diameter and thick shell(American physical society, March meeting , Vol.47, №1(American Physical Society))
3. 2002/03 多孔質アルミナ膜中Ni量子細線の物性:強磁性と位相コヒーレンス(日本物理学会第58回年次大会(日本物理学会))
4. 2002/03 微小多孔質アルミナ膜に成長したカーボンナノチューブの物性(Ⅵ):超伝導との相関(日本物理学会第58回年次大会(日本物理学会))
5. 2002/03 微小多孔質アルミナ膜に成長したカーボンナノチューブの物性(Ⅶ):Y・T字型チューブ(日本物理学会第58回年次大会(日本物理学会))
全件表示(57件)