(最終更新日:2019-08-16 09:40:33)
  アソウ エリカ   ASOU, Erika
  麻生 えりか
   所属   青山学院大学  文学部 英米文学科
   職種   教授
■ 担当科目
基礎演習,特別演習(卒業論文),基礎演習Ⅰ,基礎演習Ⅱ,特別演習,特別演習(卒業論文),イギリス文学史,イギリス文学史Ⅰ,イギリス文学史Ⅱ,イギリス文学特講(2),イギリス文学特講Ⅰ(2),イギリス文学特講Ⅱ(2),イギリス文学演習(3),イギリス文学演習Ⅰ(3),イギリス文学演習Ⅱ(3),イギリス小説C研究Ⅱ,基礎演習(1)Ⅰ,研究指導演習Ⅰ,研究指導演習Ⅱ,研究指導演習Ⅲ,研究指導演習Ⅳ,研究指導演習Ⅴ,研究指導演習Ⅵ,研究指導演習Ⅶ,研究指導演習Ⅷ,研究指導演習Ⅸ,研究指導演習Ⅹ,イギリス小説C総合研究Ⅱ,,,,,,,,,,,
■ 専門分野及び関連分野
英文学(小説) 
■ 学歴・学位
1. 慶應義塾大学 文学部 英米文学科 卒業
2. 慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻博士前期課程修了
3. 慶應義塾大学 修士(文学)
4. 慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻博士後期課程単位取得済退学
5. ノッティンガム大学大学院修士課程修了
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 1995/04~1997/03 東邦大学 理学部 非常勤講師
2. 1996/04~2002/03 慶應義塾大学 文学部 非常勤講師
3. 1996/04~1997/03 慶應義塾大学 法学部 非常勤講師
4. 1997/04~2001/03 青山学院大学 文学部 英米文学科 専任講師
5. 2001/04~2007/03 青山学院大学 文学部 英米文学科 助教授
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 1988/04~ 慶應義塾大学藝文学会
2. 1994/10~ 日本英文学会
3. 2018/04~2021/03 ∟ 大会準備委員
4. 2018/04~2021/03 ∟ 関東支部 編集委員
5. 2005/12~ 日本ロレンス協会
全件表示(16件)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2014/04/01~2016/03/31 青山学院大学 文学部教務主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~  イギリス小説における核エネルギー表象 個人研究 
2. 2010/04~  イギリス現代小説のコズモポリタニズム―ウルフとイシグロの小説に描かれる戦争 個人研究 
3. 2006/04~  イギリス・モダニズム小説におけるアウトサイダーの表象 個人研究 
■ 社会的活動
1. 2018/03 朝日カルチャーセンター横浜教室 カズオ・イシグロ ノーベル文学賞受賞記念講座 『日の名残り』を読み解く
2. 2017/09 朝日カルチャーセンター横浜教室 公開講座 『ハワーズ・エンド』にみるフォースターの人間主義
3. 2017/01~ 朝日カルチャーセンター 横浜教室 「英文学を原書で読む」
4. 2001/10 青山学院大学・渋谷区共催公開講座「モダニズム小説の現在―ヴァージニア・ウルフの『ダロウェイ夫人』を例に―」
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  孤独な執事の旅行記――冷戦小説として読むカズオ・イシグロの The Remains of the Day (単著) 2018/11
2. 著書  「家事労働を語ること――家庭の天使、『波』のスーザン、ハウスワイフ2.0」 (単著) 2016/09
3. 論文  『虹』批評と現代社会――石炭とダイヤと工兵と (単著) 2016/03
4. 論文  「見たこともない白い花」――ヴィクトリア朝の花文化とワイルドの描いた花 (単著) 2015/12
5. 著書  「イギリスの原爆小説――カズオ・イシグロとカミラ・シャムジー」 (単著) 2015/02
全件表示(33件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2017/10 冷戦とイギリス文学批評(日本ヴァージニア・ウルフ協会 第37回全国大会シンポジウム 「冷戦の地政学的読解とイギリス文学」 於東洋大学)
2. 2015/06 『虹』批評と現代社会――石炭とダイヤと工兵と(日本ロレンス協会 第46回大会 於愛知学院大学)
3. 2014/11 「見たこともない白い花」――ヴィクトリア朝の花文化とワイルドの花(日本ワイルド協会 第39回大会 於青山学院大学)
4. 2012/11 「イシグロ小説と核エネルギー言説――プルトニウム社会に生きる人間」(日本英文学会関東支部 第6回大会 於中央大学)
5. 2007/11 「体感するイングランド?―The Yearsにおける national identity」(日本ヴァージニア・ウルフ協会第27回大会シンポジウム「National Cultureと(Step-)Daughterたち―英国戦間期女性作家を再考する」 於上智大学)
全件表示(6件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 1995/06/21 D.H.ロレンスの“New Art”(慶應義塾大学藝文学会(単独))
2. 1995/05/21 Lawrenceの“New Art”再考:“Two Marriages”と“Daughters of the Vicar”(日本英文学会(単独))
3. 1992/11/28 D.H.ロレンスにおける『父』(慶應義塾大学大学院英米文学専攻コロキア同人(単独))