(最終更新日:2018-12-20 21:16:59)
  シン ヘボン   SHIN Hae Bong
  申 惠丰
   所属   青山学院大学  法学部 法学科
   職種   教授
■ 担当科目
入門演習、憲法特殊講義、ヒューマン・ライツの現場B、外書講読Ⅰ(院)、国際人権法、国際人権法(専門職)、国際法研究ⅡA・B(院)、法学・政治学演習Ⅰ・ⅡA・B、国際法・同Ⅰ・同A・B、法学概論(公法系)、海外研修B、博士後期課程研究指導Ⅲ(院)、公法専攻研究指導ⅠA・ⅡB(院)
■ 専門分野及び関連分野
国際法学 
■ 学歴・学位
1. 青山学院大学 法学部 公法学科 卒業
2. 東京大学大学院 法学政治学研究科 公法専攻 修士課程修了
3. ジュネーブ国際高等研究所 国際法専攻 修士課程修了
4. 東京大学大学院法学政治学研究科公法専攻博士課程単位取得済退学
5. 東京大学 博士(法学)
■ 職歴
1. 1995/04~1996/03 日本学術振興会 特別研究員(所属:東京大学)
2. 1996/04~1997/03 青山学院大学 法学部 公法学科 専任講師
3. 1997/04~2001/03 青山学院大学 法学部 公法学科 助教授
4. 2001/04~2007/03 青山学院大学 法学部 法学科 助教授
5. 2007/04~ 青山学院大学 法学部 法学科 教授
■ 所属学会
1. 1988/04~ European Society of International Law
2. 1988/04~ 世界法学会
3. 1988/04~ 国際法学会
4. 1990/04~ 国際人権法学会
5. 2009/04~ アジア国際法学会
全件表示(6件)
■ 
1. 1986/11 青山学院大学法学部懸賞論文首席入賞
2. 1999/11 青山学院学術褒賞
3. 2000/10 安達峰一郎記念賞
4. 2014/09 教育活動 学長表彰(「国際法I」に対する学生のアンケート評価)
5. 2015/10 教育活動 学長表彰(「国際法I/国際法B」に対する学生のアンケート評価)
■ 学生指導及び学内行政分担
1. 2018/04/01~2020/03/31 青山学院大学 大学院法学研究科公法専攻主任
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1994/11~1995/10  人権条約上の国家の義務―条約解釈における「人権」概念の規範的意義―(単独) トヨタ財団 
2. 1998/06  人権条約上の国家の義務(単独) 法学会出版助成 
3. 2001/04~2003/03  フェミニズム国際法学の構築―女性差別撤廃条約選択議定書の研究― 基盤研究(C)(研究分担者) 
4. 2002/04~2004/03  ヨーロッパ人権裁判所の総合的研究―国際人権の保障モデルとして 基盤研究(B)(研究分担者) 
5. 2006/04~  人権条約の国内実施に関する比較法的研究 個人研究 
全件表示(8件)
■ 社会的活動
1. 2018/12 Final Review Panel, 2018 Asia Democacy and Human Rights Award
2. 2018/12 Press Conference, "An Urgent Call for Prioritized Public Expenditure on Education and Social Secutiry: Statement of Protest against the Massive Increase of the Defense Budget"
3. 2018/12 「社会権規約から見た日本社会の現状について―生活保護・年金の引き下げ・教育費負担増と差別」
4. 2018/11 大阪弁護士会 市民・弁護士のための国際人権法連続講座「生活保護費削減と後退禁止の原則」
5. 2018/11 日本弁護士連合会主催シンポジウム「セクシュアル・ハラスメントの根絶と被害者の救済のために―人権侵害と差別の視点で問い直す」基調講演「セクハラは性差別・人権侵害―国際スタンダードからみた日本の課題」
全件表示(62件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/11~ 国際人権法学会 理事長
2. 2012/11~2015/11 国際人権法学会 事務局長
3. 2003/02 参議院憲法調査会参考人 参考人
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『国際人権法―国際基準のダイナミズムと国内法との協調[第2版]』 (単著) 2016/07
2. 著書  「青学法学部の『ヒューマン・ライツコース』」(大石泰彦と共著)「ヒューマン・ライツの現場B」「ヒューマン・ライツ教育の国際的動向」 (共著) 2015/03
3. 著書  『プラクティス国際法講義』(第2版) (共著) 2013/04
4. 著書  『演習プラクティス国際法講義』 (共著) 2013/04
5. 著書  『21世紀の国際法―多極化する世界の法と力』(大沼保昭編),「第9章 人権―意義と現状」 (共著) 2011/09
全件表示(82件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2018/12 "Actuality of the Universal Declaration of Human Rights", Conference on the 70th Anniversary of the Universal Declaration of Human Rights(GIS NTU Convention Center, Taipei, Taiwan)
2. 2018/11 "International Human Rights Law and East Asia", Serbian Academy of Science and Arts and University of Belgrade, Faculty of Law, "Human Rights in the 21st Century"
3. 2018/03 "Le droit international des droits de l’homme et le Japon : Tour d’horizon, de la peine de mort aux femmes de réconfort", Centre de Recherche sur les Droits de l'Homme et le Droit Humanitaire, Université Paris II (Panthéon-Assas)(Paris)
4. 2016/09 "Teaching Human Rights to Law Students: "Human Rights Course" in Aoyama Gakuin", Seoul National University Human Rights Center Symposium, Human Rights Education in Universities: Exploring Models of a Human Rights Degree Programme in Asia
5. 2016/09 The Honourable Shigeru Oda Commemorative Lectures 2016, "Toward A Holistic Understanding and Implementation of Human Rights: Development of Norms and Practice under the International Covenant on Economic, Social and Cultural Rights"
全件表示(7件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/09/05 2018年国際法学会公募分科会B座長(国際法学会)
2. 2010/11/13 2010年国際人権法学会「国際人権法と人権の国際スタンダード―憲法解釈基準の国際標準化に向けて」座長(国際人権法学会)
3. 2009/05/10 (討論者)人権条約の新論点―解釈権限をめぐって(世界法学会(単独))
4. 2004/11/28 (コメント)社会権の権利性―国際人権法の射程範囲(国際人権法学会(単独))
5. 2004/06/19 Retrieving Gender-Legitimacy in International Law: Trends and Prospects of Gender Perspective(The Australian and New Zealand Society of International Law, 2004 Annual Conference(単独))
全件表示(9件)