(最終更新日:2022-05-01 12:00:45)
  イトウ バンリ   ITO Banri
  伊藤 萬里
   所属   青山学院大学  経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 担当科目
演習,演習(卒業論文),国際経済学Ⅰ,国際経済学Ⅱ,国際経済学,国際経済学Ⅰ,国際経済学Ⅱ,国際経済学演習Ⅰ,国際経済学演習Ⅱ,博士前期課程研究指導Ⅱ
■ 専門分野及び関連分野
国際経済学, 実証研究 
■ 学歴・学位
1. 慶應義塾大学大学院経済学研究科前期博士課程修了
2. 慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得後退学
3. 慶應義塾大学 博士(経済学)
■ 職歴
1. 2005/01~2007/03 慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所 助教
2. 2007/04~2009/03 日本学術振興会 特別研究員(PD)
3. 2007/04~2009/03 独立行政法人経済産業研究所 ヴィジティング スカラー
4. 2009/04~2011/03 内閣府経済社会総合研究所 客員研究員
5. 2009/04~2011/03 専修大学 経済学部国際経済学科 専任講師
全件表示(12件)
■ 所属学会
1. 2005/04~ 日本経済学会
2. 2006/04~ 日本国際経済学会
3. 2016/10~ ∟ 理事
4. 2006/04~ 法と経済学会
5. 2009/09~ American Economic Association
全件表示(6件)
■ 
1. 2021/10 日本国際経済学会 特定領域研究奨励賞(小田賞) Link
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2012/03  国際貿易におけるアウトソーシングと企業特性に関する理論的・実証的研究 基盤研究(B) 
2. 2010/04~2012/03  企業の国際化とR&D活動・イノベーションの相互因果関係に関する実証分析 若手研究(B) 
3. 2012/04~2016/03  企業の国際化と市場特性に関する理論的・実証的研究 基盤研究(A) 
4. 2012/04~2015/03  国際知財取引によるイノベーションの市場化と日本の高付加価値産業の戦略の実証分析 基盤研究(C) 
5. 2013/04~2016/03  貿易政策への支持に個人の行動経済学的特性が与える影響に関する計量実証研究 基盤研究(C) 
全件表示(10件)
■ 社会的活動
1. 2021/09 「【対談】新型コロナ危機を超えて、貿易のあるべき姿を考える:伊藤萬里×椋寛」 Link
2. 2021/05 ワクチンの知的財産権保護免除でグローバルなワクチンの供給増加につながるか Link
3. 2020/05 グローバル公共財は誰が供給する?:ワクチン開発のインセンティブとアクセスの両立は可能か Link
4. 2017/01 保護主義はなぜ選挙でお墨付きを得るのか? Link
5. 2016/07 輸出増には企業の新規参入が必要
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2021/04~ 情報通信経済研究会 構成員 Link
2. 2020/04~ AIネットワーク社会推進会議 AI経済検討会 データ専門分科会 構成員 Link
3. 2018/05~2020/12 OECD デジタル経済政策委員会デジタル経済計測分析作業部会 副議長
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  グローバル・イノベーション (共著) 2011
2. 論文  Individual characteristics and the demand for reciprocity in trade liberalization: Evidence from a survey in Japan (共著) 2021/03 Link
3. 論文  Trade exposure and electoral protectionism: evidence from Japanese politician-level data (単著) 2020/09 Link
4. 論文  How Do Exporters Respond to Exogenous Shocks: Evidence from Japanese Firm-Level Data (共著) 2019/07 Link
5. 論文  Individual Characteristics, Behavioral Biases, and Attitudes toward Foreign Workers: Evidence from A Survey in Japan (共著) 2019/04 Link
全件表示(32件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2021/10/24 Why do people oppose foreign acquisitions? Evidence from Japanese individual-level data(日本国際経済学会第80回全国大会)
2. 2021/01 Characteristics of Firms Transmitting Data Across Borders: Evidence from Japanese Firm-level Data(The 2021 ASSA Annual Meeting)
3. 2019/09 Cross-border M&As and urban gravity(ETSG 2019 Bern 21st Annual Conference)
4. 2019/03 Who demand reciprocal trade? A survey-based investigation of individual characteristics(WEAI 15th International Conference)
5. 2018/09 Trade exposure and electoral protectionism: evidence from Japanese politician-level data(ETSG 2018 Warsaw Twentieth Annual Conference)
全件表示(24件)