(最終更新日:2018-11-08 10:51:32)
  オオダイラ テツシ   OODAIRA, Tetsushi
  大平 哲史
   所属   青山学院大学  情報メディアセンター 情報メディアセンター
   職種   助教
■ 専門分野及び関連分野
知能情報学, 生態・環境, ソフトコンピューティング 
■ 学歴・学位
1. 慶應義塾大学 環境情報学部 環境情報学科 卒業
2. 東京大学大学院 工学系研究科 システム量子工学専攻 修士課程修了
3. 東京大学大学院工学系研究科システム量子工学専攻博士課程単位取得後退学
4. 東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻研究生
5. 慶應義塾大学 博士(政策・メディア)
■ 職歴
1. 2000/04~2001/03 慶應義塾大学 環境情報学部 スチューデントアシスタント
2. 2003/10~2004/03 東京大学 大学院工学系研究科システム量子工学専攻 ティーチングアシスタント(TA)
3. 2009/10~2012/03 東京工業大学 大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻 特別研究員
4. 2012/04~2013/03 慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(訪問)
5. 2012/12~2013/03 独立行政法人科学技術振興機構 研究プロジェクト推進部 調査員
全件表示(8件)
■ 所属学会
1. 2011/06~ 電気学会
2. 2013/07~ 情報処理学会
3. 2016/10~ 慶應義塾大学湘南藤沢学会
4. 2016/12~ 日本人間行動進化学会
■ 
1. 2015/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015 奨励賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~  利害対立の状況下における限定合理性に基づく協調と利他的な行動に関する研究 個人研究 
2. 2009/10~  エージェントベース社会シミュレーションと情報可視化に関する研究 個人研究 
3. 2017/04~2020/03  ソーシャルメディア参加者がハーモニアスに協力するために必要な枠組みに関する研究 若手研究(B) 
■ 社会的活動
1. 2017/10~ Reviewer for Journal of Physics Communications
2. 2016/12~ Reviewer for Connection Science
3. 2014/09~ Reviewer for Physics Letters A
4. 2013/02~ Reviewer for Computational Economics
5. 2010/02~ Referee for the Journal of Artificial Societies and Social Simulation
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  『囚人のジレンマゲームの拡張とその応用に関する研究 ~ 限定合理性と利他性を考慮して』 (単著) 2012/03
2. 論文  ``The difference of the kurtosis of the average degree distribution between cooperators-dominant and defectors-dominant cases'' (単著) 2018/01
3. 論文  ``A remarkable effect of the combination of probabilistic peer-punishment and coevolutionary mechanism on the evolution of cooperation'' (単著) 2017/09
4. 論文  ``Characteristics of the evolution of cooperation by the probabilistic peer-punishment based on the difference of payoff'' (単著) 2017/02
5. 論文  ``Evolution of cooperation by the introduction of the probabilistic peer-punishment based on the difference of payoff'' (単著) 2016/05
全件表示(21件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2018/09/14 熟考のコストの導入が促進する協力の進化(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2018)
2. 2017/09/16 確率的罰と共進化機構の組み合わせにより促進される協力進化(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017)
3. 2016/11/19 協力の構築に必要とされる罰する者の役割に関する研究(慶應義塾大学湘南藤沢学会第14回研究発表大会)
4. 2015/10/01 利得の差に基づく確率的ピア懲罰の導入による協力進化に関する研究(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2015)
5. 2015/03/04 利得の差に依存するピア懲罰の導入による協力進化に関する研究(電子情報通信学会)
全件表示(13件)