(最終更新日:2020-01-08 00:02:22)
  コウ ジュンヒョン   KO, Junhyung
  高 準亨
   所属   青山学院大学  経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 担当科目
経済英語入門,オープンマクロ経済学Ⅰ,国際金融論Ⅰ,金融特論,国際金融経済論演習Ⅰ,国際金融経済論特論Ⅰ
■ 専門分野及び関連分野
マクロ経済学, 国際金融論, 金融政策, 財政政策 
■ 学歴・学位
1. 高麗大学 文学部 英語英文学科 卒業
2. 高麗大学国際大学院修士課程(国際通商学専攻)修了
3. 東京大学大学院公共政策学教育部専門職学位課程経済政策コース(公共政策学専攻)卒業
4. 一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得済退学
5. 一橋大学 博士(経済学)
■ 職歴
1. 2010/04~2011/03 一橋大学経済研究所 研究員(非常勤)
2. 2011/08~2012/03 一橋大学イノベーション研究センター ポストドクトラルフェロー
3. 2012/04~2013/03 大東文化大学 「現代経済学A・B」「経済理論」 非常勤講師
4. 2012/04~2012/09 専修大学 「外国為替」 非常勤講師
5. 2012/04~2013/03 東京大学 大学院経済学研究科 大学院経済学研究科 助教
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 2008/04~ 日本経済学会
2. 2011/01~ European Economic Association
3. 2016 Korean Economic Association
4. 2016~ Econometric Society
5. American Economic Society
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/04~2015/03  Political Divergence and Economic Convergence in East Asia 指定寄付金 
2. 2013/05~2015/03  Fiscal Sustainability and Regime Switches in Advanced Countries 助成金 
3. 2015/04~2018/03  The Six Puzzles in International Economics: Wavelet Analysis 若手研究(B) 
4. 2019/04~2023/03  オープンマクロ経済学・国際金融論におけるパズルの解明 基盤研究(C)(一般) 
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 論文  The Geography of Gravity (共著) 2019
2. 論文  On the Sources of the Feldstein-Horioka Puzzle across Time and Frequencies (共著) 2019
3. 論文  Regime Switches in Japan's Fiscal Policy: Markov-Switching VAR Approach (共著) 2019
4. 論文  Trade Balance and Japanese Monetary Policy during the Bubble and Lost-Decade: TVP-FAVAR Approach (単著) 2016/03
5. 論文  Effects of Government Taxation and Subsidy on Hours Worked: Evidence from Japan (単著) 2015/09
全件表示(15件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2013/08 Fiscal Sustainability and Regime Shifts in Advanced Countries
2. 2012/08 International Monetary-Fiscal policy Interactions with Different Levels of Government Debt
3. 2010/12 The Great Moderation in the Japanese Economy(一橋大学)
4. 2010/12 The Great Moderation in the Japanese Economy(首都大学東京)
5. 2010/08 The Great Moderation in the Japanese Economy(キャノングローバル戦略研究所)
全件表示(8件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2019/06 Kuznets Trilemma(SASE Conference)
2. 2019/04 The Dynamics of Gravity(GPEN Conference)
3. 2018/09 Kuznets Trilemma(VIII Conference of the Spanish-Portuguese Association of Natural Resources and Environmental Economics)
4. 2018/08 The Dynamics of Gravity(EEA-ESEM Cologne 2018)
5. 2018/06 The Dynamics of Gravity(2018 North American Meeting of the Econometric Society)
全件表示(20件)