(最終更新日:2020-11-02 15:25:16)
  クロイシ イズミ   KUROISHI Izumi
  黒石 いずみ
   所属   青山学院大学  総合文化政策学部 総合文化政策学科
   職種   教授
■ 担当科目
都市・国際文化概論,建築デザイン論,建築計画論,都市建築社会学,文化基礎演習,文化基礎演習A,文化基礎演習B,文化演習,文化演習ⅠA,文化演習ⅠB,卒業演習,文化演習ⅡA,文化演習ⅡB,建築理論,空間デザイン論,プロジェクト演習Ⅱ,都市建築デザイン特論Ⅰ,都市建築デザイン特論Ⅱ
■ 専門分野及び関連分野
建築理論, 生活文化, 都市論, 都市・建築・住居史, 環境造形論, 表象文化論, 芸術史, 民俗学, 環境科学デザイン 
■ 学歴・学位
1. 東京大学工学部建築学科卒業
2. 東京大学 工学士
3. 東京大学大学院 工学研究科 建築学専攻 修士課程修了
4. 東京大学 工学修士
5. 東京大学大学院 工学研究科 建築学専攻 博士課程単位取得満期退学
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 1982/06~1987/01 (株)大谷研究室 都市・建築設計職
2. 1988/09~1990/06 米国ペンシルバニア大学 客員研究員
3. 1992/09~1993/06 米国ペンシルバニア大学 建築理論 非常勤助手
4. 1994/04~1996/03 日本大学 生産工学部建築学科(文献講読) 非常勤講師
5. 1996/04~1996/12 香港大学 工学部建築学科(都市計画理論) 非常勤助手
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1982/04~ 日本建築学会
2. 2013/09~2015/08 ∟ 編集委員
3. 1998/07~ IASTE(UCLA国際環境建築史学会)
4. 1998/07~ 日本生活学会
5. 2014/06~ ∟ 副会長
全件表示(10件)
■ 
1. 1986/10 労災会館設計競技3席(大谷グループ)(労災組合)(共同)
2. 1996/05 山形県城下町再開発計画佳作(山形県山形市)(共同)
3. 2014/11 青山学院学術賞
4. 2015/06 今和次郎賞
5. 2015/07 Canadian Center of Architecture Visiting Fellowship
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. ~  都市・建築の歴史と理論 個人研究 
2. ~  デザイン論 個人研究 
3. ~  文化資源論 個人研究 
4. ~  日本近代デザイン論 個人研究 
5. ~  田園都市思想 個人研究 
全件表示(21件)
■ 社会的活動
1. 2015/04~ 新庄市商工会議所顧問
2. 2010/04~2013 UIFA JAPON 理事
3. 2005/06~2009/06 『NEXUS JOURNAL』Editorial Board
4. 2004/04~2010 国立民俗博物館「「思い出」はどこに行くのか?ユビキタス社会の物と家庭にかんする研究会」メンバー
5. 2003/04~2007/03 青森県文化財部局青森県史編纂室による青森県史叢書執筆委員として調査・研究
全件表示(8件)
■ 委員会・協会等
1. 2015/04~ 大和市まちづくり協議会委員 委員
2. 2014/06~ 日本生活学会 副会長 副会長
3. 2014/04~ 建築教育普及センター理事 理事
4. 2013/07~2015/07 日本建築学会 建築雑誌編集委員 編集委員
5. 2012~ 日本生活学会理事 理事
全件表示(9件)
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 著書  民家を知る旅:日本の民家見所案内 (共著) 2020/06
2. 著書  『「住む」ための事典』 (共著) 2020/03
3. 著書  Encyclopedia of East Asian Design (共著) 2020/02
4. 著書  “Archaic Water: role of a legend in sustaining water heritages of Sanbonkihara, Japan,” Strategies for Water Heritage, edited by Carola Hein (単著) 2019/10
5. 著書  「カタストロフの景観を生きる」『時間の中のまちづくり 歴史的な環境の意味を問い直す』(黒石、小林、中島、宮下共著) (単著) 2019/07
全件表示(135件)
■ 研究業績(招待講演)
1. 2019/10 記録と対話からまちづくりへ(山形)
2. 2018/03 From Ethnography to Architectural Planning(Delft)
3. 2018/01 Empathy and Engagement of architecture: Social Resilience in Everyday Life after the Disaster(Nurmberg)
4. 2017/12 Visions and Engagements toward Alternative Modernization of Japanese Architecture(Aahen)
5. 2017/03 Fieldwork as a learning method about the society(washington DC)
全件表示(49件)
■ 研究業績(学会発表)
1. 2019/07/27 Avant-Garde Quality of the Reality Sketches by Kon Wajiro: Ever-lasting Inspirations of the Archival Architectural Drawings in Japan(Frascari Symposium IV: Drawing sites and sites of knowledge construction)
2. 2019/07 Transmitted Inquiries toward Integrated Humanistic Planning based on Surveys of Everyday Life: from Kon Wajiro to Nishiyama Uzo and Takayama Eika(IPHS2018)
3. 2019/03/14 Architectural Values in Housing Design: disaster refugees’ housing after the Great Northern Japan Earthquake(Value and Housing)
4. 2018/12/14 Reconstruction of mutual help system by tea parties (ocha-kai) after Great Eastern Japan Earthquake(GASS& Pacific Rim Community Design Network)
5. 2018/09/08 Transformation of the Idea of Housing Through the Disaster Displacement: History and Design of Prefabricated Shelter Housing in Japan(DHS Annual Meeting)
全件表示(75件)