オオシマ チカラ   OOSHIMA, Chikara
  大島 力
   所属   青山学院大学  経済学部 共通教育・外国語科目
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 「イザヤ書における預言と黙示」
執筆形態 単独
掲載誌名 『キリスト教と文化』(青山学院大学宗教主任研究叢書)(青山学院宗教センター)
巻・号・頁 (12),83-89頁
著者・共著者 *大島 力
概要 「預言と黙示」の問題は現代旧約学の最重要の問題である。イザヤ書の場合,その書物全体が「預言から黙示へ」という方向性をもっている。預言者的終末論は歴史に根差しているが,黙示的終末論は歴史から離脱する。しかし,それは歴史に全く関わらないということではなく,「神の宇宙的ヴィジョン」は迫害下にあった古代イスラエルの人々を励ます力となったのである。イザヤ書の最終編集者の立場は黙示的終末論であると思われる。