ハシモト オサム   HASHIMOTO Osamu
  橋本 修
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1998/12
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 “A Study on the Door Seal Structure of a Microwave Oven Using the Finite-Difference Time-Domain Method”
執筆形態 共同
掲載誌名 Microwave and Optical Technology Letter
掲載区分国外
巻・号・頁 333-337頁
著者・共著者 Y.Kusama,*O.Hashimoto,M.Makida,and M.Ohsaki
概要 本研究では,電子レンジの扉周辺における電波漏洩防止策として一般的に用いられているチョーク構造に着目し,既存のチョーク構造を基にチョークを構成している各種金属部分の寸法の変化に対してシールド効果の計算を行った。計算においては3次元の電磁界解析法とし有効なFDTD法を用いた。この結果,一般的なチョーク構造を用いた電波漏洩に関する解析や,より効果的なチョーク構造を解析的に検討することが可能であると分かり,さらにチョークの構成している各種金属寸法や傾斜にはシールド効果が最も高くなる組合せが存在することが確認できた。