ハシモト オサム   HASHIMOTO Osamu
  橋本 修
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/09
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 「筐体内に配置された電波吸収体の効果的な電磁界抑制に対する一検討」
執筆形態 共同
掲載誌名 『エレクトロニクス実装学会誌』(エレクトロニクス実装学会)
掲載区分国内
巻・号・頁 582-586頁
著者・共著者 小玉和輝, 小野裕司, 和田光司, *橋本 修
概要 きょう体内に電波吸収体を配置した場合のQ値の低下率から吸収量を評価する方法に対し,きょう体モデルとして方形空洞共振器を用い,その内部に電波吸収体としてフェライト材料を装荷した場合のQ値をFDTD個の法を用いて計算し,測定値と比較した。また,電波吸収体を装荷した場合のきょう体内における電磁界の抑制効果を確認するために,きょう体内の磁界強度分布を観察した。この結果,きょう体内に電波吸収体としてフェライト材を装荷した場合のQ値の低下率が,装荷位置を変えた場合においても計算値と測定値において,それぞれ2%以下の違いで良好に一致することにより,この評価法におけるFDTD法の有効性を確認した。さらに,きょう体内部の磁界強度が電波吸収体を装荷することにより,きょう体内全体において抑制されることを定量的に確認することで,今後の近傍電磁界の効果的な抑制に対するFDTD法の有用性を示すことができた。