ハシモト オサム   HASHIMOTO Osamu
  橋本 修
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2001/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 「FDTD法を用いたシート状損失材挿入型電子レンジ用ドアシールドに関する検討」
執筆形態 共同
掲載誌名 『電子情報通信学会論文誌』
掲載区分国内
巻・号・頁 (3),544-550頁
著者・共著者 松本好太,草間裕介,*橋本 修
概要 本論文では、電子レンジ本体とドアとの間隙から漏洩する電波を抑制する方法として、現在一般的に用いられているチョーク構造の代わりに、間隙内にシート状の損失材を挿入した場合のシールド効果の検討を、3次元のFDTD法を用いて行った。具体的には、種々の高次モードのうち漏洩電波の形状に最も近いTE40モードを用いて、間隙及び損失材の挿入長の変化に対するシールド効果の計算を行った。この結果、損失材の材質によっては、すきまなく充てんされた場合、30dB以上のシールド効果を示すことや、1mmのすきまが空いた場合、30dB以上のシールド効果を得るためには損失材の挿入長が50mm以上必要であること等がわかり、実用性をふまえたシールド効果を定量的に確認することができた。