ハシモト オサム   HASHIMOTO Osamu
  橋本 修
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2000/04
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 「FDTD法を用いた電子レンジ用ドアシールの小型化に関する検討」
執筆形態 共同
掲載誌名 『電子情報通信学会論文誌』
掲載区分国内
巻・号・頁 (4),544-553頁
著者・共著者 草間裕介,*橋本 修,牧田 実
概要 本論文では、現状の溝寸法に対して深さ寸法が約半分のチョーク溝について、FD-TD法を用いて、高次モードまで含めた実際に極めて近い漏洩電波に対するシールド効果の検討を行った。検討においては、計算時間削減のため、まず2次元断面のチョーク溝にTEMモードを入力した場合の最適寸法を計算し、この最適データをもとに周期スリット付き3次元チョーク溝の解析と評価を行った。また小型化によるシールド効果の劣化を補う副次的手段として、損失材を溝と併用した場合の検討も合わせて行った。更に、解析をもとに試作したチョークのシールド効果を測定した結果、約31dBであり、解析結果の妥当性も実験的に確認できた。