ハシモト オサム   HASHIMOTO Osamu
  橋本 修
   所属   青山学院大学  理工学部 電気電子工学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/07
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
標題 「電子レンジドアコーナー部からの電波漏洩とコーナー部用チョーク構造の最適設計に関する基礎検討」
執筆形態 共同
掲載誌名 『電子情報通信学会論文誌B』(電子情報通信学会論文誌)
掲載区分国内
巻・号・頁 Vol.J86-B,1157-1164頁
著者・共著者 松本好太, *橋本 修, 牧田 実
概要 本論文では、電子レンジからの電波漏洩(えい)抑制法として一般的に使用されているチョーク構造のうち、周辺部よりも比較的漏洩電波が多いとされるコーナー部におけるシールド効果について、FDTD法により検討を行った。すなわち、ドア周辺部に設けたFDTD法による電力観測面を幅5mmの部分領域に分割し、それぞれの部分領域においてシールド効果を計算することによりシールド効果分布を算出した。この計算結果より、コーナー部においては26dB程度と、周辺部の35dB程度に比べシールド効果が低い傾向を示すことや、コーナー部の同期間隔(ピッチ)を調節することによりシールド効果を約36dBまで改善できること等、コーナー部におけるチョーク構造の最適設計に関する指針を定量的に示すことができた。