ヤマモト ミキ   YAMAMOTO Miki
  山本 美紀
   所属   青山学院大学  教育人間科学部 教育学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2019/03
形態種別 学術雑誌
査読 査読有り
招待 招待あり
標題 「伝統文化遺産としての能楽の保存と活用 --教育の場での扱いを含めた日本における動向」
執筆形態 単独
掲載誌名 民族藝術
掲載区分国内
出版社・発行元 民族芸術学会
巻・号・頁 35,62-66頁
著者・共著者 山本美紀
概要 東京2020を前に、伝統文化遺産の「保存と活用」がにわかに議論されるようになった。本稿では、民間総合文化施設「朝日会館」(1926年~1962年)、及び現代の教育における能楽等の扱いを例に、「保存と活用」が伝統文化に与える影響を考察する。
両者の比較は、「活用」の際の課題と方策にさほど違いがないことを明らかにする。グローバル化が叫ばれる時、「伝統文化遺産」には固定化が期待される勝ちである。しかしながら、「活用」は伝統の固定化によっては達成するのは難しい。伝統の活用のためにも、伝統芸能の担い手の育成のためにも、教育現場との結びつきは今後必須要件となっていくだろう。外国人家庭の子供たちの受け入れなど、激変する教育現場との連携は容易ではない。「活用」のスローガンは、どこに伝統文化を導くのか。