ウメガキ チヒロ   UMEGAKI Chihiro
  梅垣 千尋
   所属   青山学院大学  コミュニティ人間科学部 コミュニティ人間科学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2004/05
形態種別 その他
査読 査読有り
標題 「「重なりあい」のなかの女性問題 ─ メアリ・ウルストンクラフトとラームモーハン・ローイ」
執筆形態 単独
掲載誌名 『未來』
掲載区分国内
巻・号・頁 (452),30-36頁
概要 エドワード・サイードが『文化と帝国主義』のなかでその関連性について言及したメアリ・ウルストンクラフトと、「近代インドの父」ラージャ・ラームモーハン・ローイのあいだの思想的な共通性について論じた。両者がともに、「文明化」の進展にともない女性の地位が高まるとする歴史観を共有していたこと、またそうした主張を展開する際、いずれも宗教的な使命感によって突き動かされていたことに注目し、「東洋/西洋」という安易な二項対立を避けて、「女性問題」が先鋭的な社会批判となる契機に注目する必要性を強調した。