青山学院大学 研究者情報   
 
TOPページ      


  イダ マサユキ
  井田 昌之   青山学院大学 国際マネジメント研究科   教授
■ 担当科目
     プレゼンテーション・スキル(専門職)、オペレーションズ・情報システム特論(院)、グローバルIT(専門職)、ITマネジメント(専門職)、インターネット・ビジネス・プロジェクト(専門職)、研究指導Ⅴ・Ⅵ(院)
■ 専門分野及び関連分野
    コンピュータサイエンス, 情報システム, 人工知能 
■ 学歴
青山学院大学理工学部経営工学科卒業
青山学院大学大学院理工学研究科経営工学専攻修士課程修了
青山学院大学大学院理工学研究科経営工学専攻博士課程修了
■ 最終学位
工学博士
■ 職歴
ヒューストン大学 Center for High Performance Computing, Guest lecturer & advisor
工業技術院電子技術総合研究所 情報アーキテクチャ部非常勤研究員
マサチューセッツ工科大学人工知能研究所 Visiting Scientist
(財)国際情報化協力センター国際情報化研究所 客員上席研究員
International Association of Methodist related Schools,Colleges and Universities, Member,Board of Directors
ハノイ工科大学 School of Economy and Management, Visiting Professor
■ 所属学会
情報処理学会
Association for Computing Machinery (USA)
The Institute of Electrical and Electronics Engineers Computer Society
■ 研究テーマ
(長期) グローバル情報システム 
(短期) ITマネジメントの体系化 
(短期) グローバルIT基盤と地域特性に関する研究 
■ 社会的活動
1. 1980/08~
1981/03
工業技術院委託社団法人日本電子工業振興協会電子計算機規格委員会BASIC言語専門委員会専門委員
2. 1981/08~
1982/03
私立大学連盟・私立大学等情報処理教育連絡協議会共通システム記述言語作業分科会専門委員
3. 1983/05~
1986/03
私立大学連盟・私立大学等情報処理教育連絡協議会教育ソフトウェア研究委員会演習問題作成分科会委員
4. 1983/09 私立大学連盟・私立大学等情報処理教育連絡協議会(9/1)第6回情報処理教育の進め方についてのシンポジウムにて招待講演及びパネラ(9/2)
5. 1985/04~
1986/03
社団法人日本電子工業振興協会コモンLisp動向専門委員会委員長
6. 1986/04~
1992/03
社団法人日本電子工業振興協会Lisp技術専門委員会委員長
7. 1986/04~
1992/03
社団法人日本電子工業振興協会マイクロコンピュータ技術委員会委員
8. 1986/07~
1987/03
社団法人日本電子工業振興協会JIS Lisp WG主査
9. 1987/04~
1996/03
ANSI(米国規格協会)X3J13正員として米国規格(Common Lisp)原案作成に従事
10. 1988/01~
1997/03
フリーソフトウェア財団(米国マサチューセッツ州認可) Vice President
11. 1989/04~
1990/03
(財)国際AI財団共通知識ベース委員会委員長
12. 1990/04~
1992/03
厚生省大臣官房厚生行政情報システム検討委員会技術委員
13. 1991/09~
1991/09
国際協力事業団派遣シンガポールAIセンター短期専門家としてODA技術指導
14. 1992/09~
1992/09
国際協力事業団派遣シンガポールAIセンター短期専門家としてODA技術指導
15. 1995/02~
1995/03
国際協力事業団派遣アルゼンチン情報研修センター短期専門家としてODA技術指導
16. 1995/04~
1996/03
(社)私立大学情報教育協会ネットワーク研究委員会委員
17. 1995/05~
1999/03
(財)日本情報処理開発協会情報処理技術者試験委員会委員
18. 1995/11 青山学院大学・北本市公開講座講師「インターネット」
19. 1996/05 厚木市民講座講師
20. 1997/04~
1997/10
Java 大賞審査委員長(Javaコンソーシアム)
21. 1997/10 渋谷区民講座講師
22. 1997/10~
1998/03
2nd Int'l Conference on Worldwicle Compcting and Applications,プログラム委員会委員,IPSJ/ETL
23. 1997/11 APEC Conference on Information Literacy ’97招待講演
24. 1998/01~
1998/04
(社)情報処理学会会誌4月号ゲストエディタ
25. 1998/02~
1998/05
2nd HORB Symposium プログラム委員,電総研
26. 1998/05~
2000/10
(社)情報処理学会情報規格調査会SC22/Java SG委員
27. 1999 電子技術総合研究所流動研究員
28. 1999/01 GLINT99 conference,session 3,5 session chairman,ETL
29. 1999/06 (社)電子情報通信学会生涯講座講師「Javaとは」
30. 1999/09~
2000/09
ECMA TC41 委員
31. 1999/11 (社)電子情報通信学会生涯講座講師「Javaとは」
32. 2000/06~
2001/03
日本インターネット協会顧問
33. 2000/06 (社)電子情報通信学会生涯講座講師「Javaとは」
34. 2000/09 (社)情報処理学会セミナー「インターネットとビジネス」コーディネータ
35. 2002/05~
2003/05
特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ理事長
36. 2002/12~
2003/03
財)国際情報化協力センターアジアオープンソースビジネスモデル委員会委員
37. 2003/03~
2003/03
第1回Asia Open Source Software 2003 Round Table 議長(タイ)
38. 2003/09 “Why Free and Open Source is Important for Education”アルゼンチン情報処理研修センター(INET)講演および指導
39. 2003/11~
2003/11
第2回Asia Open Source Software Round Table議長(シンガポール)
40. 2003/12~
2005/03
独立行政法人産業技術総合研究所レビューボード委員
41. 2004/02~
2004/02
CLMV研修指導(タイ国NECTEC)
42. 2004/03~
2004/03
第3回Asia Open Source Software Round Table議長(ハノイ)
43. 2004/04~
2004/06
内閣官房IT国際政策懇談会構成員
44. 2004/08~
2004/08
ベトナム政府科学技術省OSSリーダ研修監修及び講師
45. 2004/08~
2004/09
第4回アジアOSS Roundtable議長(台北)
46. 2005/01 カンボジア政府国家ICT庁訪問及び指導
47. 2005/03 第5回アジアOSS Roundtable議長(北京)
48. 2005/04~ (財)国際情報化協力センター評議員
49. 2005/08~
2005/08
ベトナム政府科学技術省OSSリーダ研修監修及び講師
50. 2005/08~
2006/03
(財)国際情報化協力センターアジアIT人材育成委員会委員
51. 2005/08~
2007/07
独立行政法人日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員国際事業委員会委員
52. 2006/01 カンボジア政府国家ICT庁訪問及び指導
53. 2006/02~
2006/02
ベトナム政府科学技術省OSSリーダ研修監修及び講師
54. 2006/04~ 財)大学基準協会相互評価委員会分科会委員
55. 2006/07~
2006/07
IAMSCU広島会議実行委員、分団座長
56. 2006/10~
2007/02
iBiz2007国際会議プログラム委員会委員長
57. 2007/01~
2007/02
ベトナムハノイ市OSS集中研修監修及び講師
58. 2007/09 アムステルダム大学大学院にて講演(出席40名)
59. 2008/02~ iBiZ2008プログラム委員会委員長
60. 2008/07 ピラシカバメソジスト大学技術指導(ブラジル)
61. 2008/07~
2011/07
IAMSCU Executive Committee Member
62. 2008/10~
2008/10
日本キリスト教団第36回総会に西東京教区選出議員として出席
63. 2008/10~
2009/02
iBiZ2009国際シンポジウム実行委員会委員長
64. 2009/02~
2011/02
IAMSCU Vice President
65. 2009/03 FEC第一次ベトナム教育事情調査団団員
66. 2009/05~ 日本キリスト教団西東京教区常置委員
67. 2009/08~
2009/09
青山学院/ベトナム政府科学技術省共同による3DCG09集中研修の企画立案および現地指導
68. 2009/09 日越学長会議参加(学長・副学長に同行し、ハノイ訪問)
69. 2011/09 国立ソフトウェア・デジタルコンテンツ研究所(ベトナム)Android集中研修
70. 2011/11 International Conference on Women in High Education(ICWHE、インド、11月1日2日)
71. 2014/12~
2014/12
ベトナム政府科学技術省ハイテク局ゲストアドバイザ
72. 2015/12~
2015/12
ベトナム国家大学ホーチミン自然科学大学集中講座講師
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 【著書】  『「アジアにおけるインターネットビジネス教育システムモデルの国際開発研究」最終報告書』  (共同)  2009/03
2. 【著書】  (編著)『MBA国際マネジメント事典』(伊藤文雄,堀内正博編集代表)  (共同)  2007/10
3. 【著書】  『オープンソースがなぜビジネスになるのか』  (共同)  2006/06
4. 【著書】  『LINUX詳説 デスクトップ編』  (共同)  2005/03
5. 【著書】  『LINUX詳説 基礎編』  (共同)  2004/02
6. 【著書】  『Javaによる知的エージェント入門』ジョセフビーガス原著  (単独)  2002/09
7. 【著書】  「第5章 ネットワーク環境における情報の表現」『情報の表現』    2000/10/25
8. 【著書】  『HTML詳説』  (単独)  1999/04
9. 【著書】  (編著)「Java言語の今」  (単独)  1998/04
10. 【著書】  『New はやわかり Java』  (単独)  1997/07
11. 【著書】  『情報リテラシー教科書』    1997/04
12. 【著書】  (編著)『Javaプログラミング例題集』  (共同)  1997/03
13. 【著書】  『はやわかりJava』  (単独)  1996/04
14. 【著書】  (編著)American National Standard:Common Lisp  (共同)  1996/02
15. 【著書】  『GNU Emacs Lisp』  (共同)  1995/12
16. 【著書】  『Xウィンドウとその仲間たち』「Common LispとXウィンドウ」  (共同)  1992/05
17. 【著書】  『LISP原書第3版』  (共同)  1992/02
18. 【著書】  Guy L.Steele Jr.著『COMMON LISP第2版』  (単独)  1991/06
19. 【著書】  『知のキャンパス』「青山学院大学のコンピュータ環境」  (共同)  1991/04
20. 【著書】  『AI白書』「Lisp」  (共同)  1991/04
21. 【著書】  「青山学院大学のキャンパスネットワーク」『キャンパスネットワーキング』    1990/12
22. 【著書】  『UNIX詳説―基礎編― 第二版』  (共同)  1990/03
23. 【著書】  (編著)『COMMON LISPオブジェクトシステム―CLOSとのその周辺―』  (共同)  1989/01
24. 【著書】  『情報処理ハンドブック』(情報処理学会編)    1989
25. 【著書】  『理工系のBASIC入門』  (共同)  1988/04
26. 【著書】  Rodney A.Brooks原著『Common Lispプログラミング(ワークステーションシリーズ)』  (単独)  1986/11
27. 【著書】  (編著)『Jstarワークステーション(ワークステーションシリーズ)』  (共同)  1986/04
28. 【著書】  (編著)『ローカルエリアネット・ワーク―イーサネット概説(ワークステーションシリーズ)』  (共同)  1985/12
29. 【著書】  『UNIX詳説―基礎編』  (単独)  1984/10
30. 【著書】  『16ビットマイクロプロセッサ』「NS1600ファミリ」  (共同)  1982/04
31. 【著書】  『マイクロコンピュータのプログラミング』(石田晴久編)「乱数発生」  (共同)  1978/01
32. 【論文】  Strong “Theory of Selling”再考:消費者購買行動研究の情報ディレクトリ学的整理と現代のネットマーケティングの課題への示唆  (共同)  2016/03
33. 【論文】  SaaS仮想化手法とその応用  (共同)  2016/01
34. 【論文】  Promotion of IT as an enabler development for SMEs Innovation  (単独)  2014/09
35. 【論文】  コンカレント型の車載用組込みソフトウェア開発プロジェクトにおけるフロントローディング化と市場欠陥密度の改善  (共同)  2014/03
36. 【論文】  情報革命によるBtoBマーケティング・コミュニケーションの変化と経験価値の訴求  (共同)  2013/11
37. 【論文】  AIDA誕生の背景について  (共同)  2013/09
38. 【論文】  CoBRA法に基づくソフトウェア開発プロジェクトのプロジェクト特性を活用した見積もり精度改善  (共同)  2013/03
39. 【論文】  日本からベトナムへのFDIの背景要因について  (単独)  2012/09
40. 【論文】  Linux-コミュニティ型開発モデルの進展と法制II-オープンソースの利用に伴う著作権課題の技術変遷:Linuxが歩んだ道  (単独)  2012/05
41. 【論文】  Linux-コミュニティ型開発モデルの進展と法制I-オープンソースソフトウェアの原点となる権利と責任の概念  (単独)  2012/04
42. 【論文】  BESR:技術文明の背景原則の一つとして  (単独)  2011/07
43. 【論文】  「インフォメディアリのビジネスモデルの分析と類型化―ネット時代における案内広告の進化」  (共同)  2010/12
44. 【論文】  "Elements of Net Business Ethics"  (単独)  2009/09  [PDF]
45. 【論文】  「ビジネススクールにおけるIT教育・研究の役割」  (単独)  2007/10
46. 【論文】  An Interim Report on the Research Project on Internet Business Education Systems Model and its Application to a Capstore Project Class, "Part1 The Project Overview" "Part5 New Technologies and Creativity"  (共同)  2007/02
47. 【論文】  「アジアのIT国際連携」  (単独)  2005/10
48. 【論文】  「日本テレコム」  (共同)  2005/10
49. 【論文】  “UNIX OSの技術変遷”  (単独)  2005/02  [PDF]
50. 【論文】  「アジアOSSにおける合意形成過程について」  (単独)  2004/01
51. 【論文】  「米国規格制定過程におけるITグローバライゼーション戦略について」  (単独)  2003/05
52. 【論文】  「ANSI X3J13 Common Lisp標準策定合意過程(2)」  (単独)  2002/01
53. 【論文】  「マルチプロバイダ環境におけるカスタマからのQOS要求条件を実現するための取り組み」  (共同)  2001/11
54. 【論文】  「ANSI X3J13 Common Lisp標準策定合意過程」  (単独)  2001/09
55. 【論文】  「IT領域における国際標準策定プロセスに関する一考察」  (単独)  2000/09
56. 【論文】  「Javaによるネットワークコンピュティング環境」  (単独)  1998/12
57. 【論文】  「Java OSとJava実行環境」  (単独)  1998/04
58. 【論文】  「Javaの技術動向と今後の展望」  (単独)  1996/05
59. 【論文】  "Scheme:Past,Present and Future"  (共同)  1995/12
60. 【論文】  「ネットワーク時代の出版」  (単独)  1995/03
61. 【論文】  "On the Intenet Information Services"  (単独)  1995/02
62. 【論文】  "In a Stream from the singular space to a distributed world"  (単独)  1994/11
63. 【論文】  "The System Configuration Parameters at Green-hill"  (単独)  1993/01
64. 【論文】  「協調分散型LAN間接続方式を適用したキャンパスネットワークシステム」  (共同)  1992/06
65. 【論文】  「YY-Serverにおける入力機構について」  (共同)  1991/03
66. 【論文】  "An Overview of YY and YY on X"  (共同)  1991/02
67. 【論文】  「YYへのカラーグラフィック機構の組込みについて」  (共同)  1991/01
68. 【論文】  「Some Provisions on the Design of YY-Server for YY on X」  (共同)  1990/07
69. 【論文】  「An Overview of YY and YY on X:A CLOS Based Window Toolkit and its Implementation」  (共同)  1990/03
70. 【論文】  「What we have done with Common Lisp in Japan during 1984―1989」  (単独)  1990/03
71. 【論文】  「マウスインタフェースのための付加機構について」  (共同)  1989/11
72. 【論文】  「YY on X:A Configurable Object Oriented Window System」  (共同)  1989/10
73. 【論文】  「Design and Implementation of the Information Server」  (共同)  1989/07
74. 【論文】  "The Information Server"  (共同)  1989/02
75. 【論文】  「A-DISPATCH algorithm for CLOS Method Lookup and its Application to CAM-based Accelerator」  (単独)  1988/11
76. 【論文】  "The Apostle System Overview"  (共同)  1988/08
77. 【論文】  「Harmonic Connection Concept in the Trinity Initiative of Aoyama Gakuin Univesity」  (共同)  1988/07
78. 【論文】  「Common Lispにおける文字オブジェクトの扱いについて」  (単独)  1988/01
79. 【論文】  「コンピュータネットワーク利用の立場から情報ネットワーク特集」  (単独)  1987/11
80. 【論文】  「電子メール討論:Common Lispにおける実例」  (単独)  1987/08
81. 【論文】  「Common Loops―Common Lisp オブジェクト指向機能の標準化原案」  (単独)  1987/03
82. 【論文】  「Common Loopsのためのあるメッセージ送信機構」  (単独)  1986/11
83. 【論文】  「Common Lisp言語仕様上の現在の論点とその方向」  (単独)  1986/05
84. 【論文】  「Common Lispへのオブジェクト指向機能導入の動向」  (共同)  1986/03
85. 【論文】  「An Interpretation of Common Loops Specification」  (共同)  1985/12
86. 【論文】  「A Common Lisp Subset Proposal」  (単独)  1985/11
87. 【論文】  「A Design and An Implementation of Personal Lisp Systems considering IE」  (単独)  1985
88. 【論文】  「ポータブルバックエンド型LispプロセッサALPS/Ⅲの構想」  (単独)  1984/12
89. 【論文】  "Some Considerations on the Features of UNIX as a defacto Industrial Standard OS"  (単独)  1984/05
90. 【論文】  「8086用試作Lispの設計とその機能」  (単独)  1984/03
91. 【論文】  「ALPS/ⅡのLispとアセンブラ」  (共同)  1982/12
92. 【論文】  「ALPS/Ⅱのフリーストレージ処理機構」  (共同)  1982/05
93. 【論文】  「会話型人工知能専用機ALPS/ⅡのLisp処理機構」  (共同)  1982/01
94. 【論文】  「属性処理機能に基づく情報処理技術とその応用」  (単独)  1981/03
95. 【論文】  「コンパクトな処理系が可能な連想情報モデルについて」  (単独)  1980/03
96. 【論文】  "An Adaptable Lisp Machine based on Microprocessors"  (共同)  1979/11  [PDF]
97. 【論文】  「基本ソフトウェアの記述ツール」  (共同)  1979/06
98. 【論文】  「マイクロプロセッサを用いたLispマシンALPS/Ⅰ」  (共同)  1979/02
99. 【論文】  「システム記述言語の記述性」  (単独)  1979/01
100. 【論文】  「事務処理プログラム作成の体系化とFAST1」  (単独)  1978/04
101. 【論文】  「マイクロコンピュータによるLispマシン」  (共同)  1977/07
102. 【論文】  「LispマシンALPS/Ⅰ」  (共同)  1977/03
103. 【論文】  「マイクロコンピュータを用いたLispマシンの作成」  (単独)  1976/03
104. 【論文】  「ソフトウェアマネジメントシステムFAST1」  (共同)  1975/07
105. 【その他】  3DCG制作環境に関する調査研究報告書(文化庁委託 平成22年度メディア芸術情報拠点・コンソーシアム構築事業)  (共同)  2011/03
106. 【その他】  「16-CICC-PA03」『平成16年度「アジアOSS研修」開催報告書』    2005/03
107. 【その他】  「16-CICC-PA02」『平成16年度「アジアオープンソースソフトウェアシンポジウム」開催報告書』    2005/03
108. 【その他】  「3.2.7 ラウンドテーブル」『アジアにおけるオープンソースソフトウェアの現状及び今後の動向調査報告書』    2003/03
109. 【その他】  (翻訳)「Java言語仕様設計上の考慮点」  (単独)  1998/04
110. 【その他】  draft proposed American National Standard for Information Systems―Programming Language―Common Lisp  (共同)  1993/10
111. 【その他】  (翻訳)Guy L.Steele他著『Common Lisp』  (共同)  1985/08
112. 【その他】  (翻訳)ファルツ著『電子計算機データ構造論』「データアクセス」「記憶域の動的割付け」  (共同)  1981/01
■ 研究業績(招待講演)
1. 2011/07/28 BESR:A Research Project on Technological Civilization and our Value to Share  (Business Ethics and Social Responsibility(単独))
2. 2009/09/25 アジアデジタルコンテンツ研究会講演  (アジアデジタルコンテンツ研究会(単独))
3. 2007/09/05 (パネリスト)Virtual Knowledge Sharing  (Conference & Launch Programme(Science,Education and Learning in Freedom Project)European Union(共同))
4. 2007/09/05 (基調講演)Almost is not Enough  (Conference & Launch Programme(Science,Education and Learning in Freedom Project)European Union(単独))
5. 2007/02/27 (基調講演)Challenge for Internet Business Deployment in Asia  (iBiZ2007(Open Research Center,GSIM,Aoyama Gakuin)(単独))
6. 2005/07/11 Globalization: An aspect of Civilization with Technology  (IAMSCU 2005 基調講演(International Association of Methodist Schools, Colleges and Universities)(単独))
7. 2004/05/12 IT人材育成とコミュニティモデルの推進  (内閣府IT国際・政策懇談会(単独))
8. 2004/02/12 Challenges toward OSS Promotion  (CLMV OSS Training(NECTEC, CICC) (単独))
9. 2003/09/03 The Round Table for Asia OSS as a first step  (32nd International Conference on Computer Science and Operation Research (32 JAIIO)(SADIO, Argentine) (単独))
10. 2002/10/27 The History of Lisp Standardization during 1984-1990  (International Lisp Conference 2002(Assoc.of Lisp Users) (単独))
11. 2002/09/18 A Report from Japan  (HCJB 2003 Annual Conference (単独))
12. 1998/09/10 What we need for Mobile Computing : A case sutdy  (U.Houston Dept C.S(単独))
13. 1998/06/02 オブジェクト指向言語としてのJava  (「組み込み用途に浸透するJavaの性質」セミナー(日本ソフトウェア科学会 ISSN13418718)(単独))
14. 1998/05/19 Global Competition の時代の協調とリーダーシップ  (第2回HORB Symposium 通産省工技院電総研主催(単独))
15. 1997/09/19 Javaに期待されること,今出来ること  (「ネットワーク技術とその応用」連続セミナー(情報処理学会)(単独))
16. 1996/10/15 Java言語―オブジェクト指向言語としての性質とその技術動向―  (ネットワーク指向プログラミング言語チュートリアル(日本ソフトウェア科学会)(単独))
17. 1995/07/10 分散オブジェクト指向OS―Spring  (SPARC/UNIXコスモス(単独))
18. 1993/11/11 YY:Towards a New Horizon of Process Collaboration over Networks  (Carnegie Mellon University,Dopt of Computer Science PS seminar(単独))
19. 1992/08/13 The Establishment of Lisp Society of Japan  (Assoc.Lisp Users,proc.Second Int'l LUV’92(単独))
20. 1991/11/01 How we Evaluate the Past,Present and Future of Lisp  (Assoc.Lisp Users,LUV’91(単独))
■ 研究業績(学会発表)
1. 2012/12/08 車載組込みソフトウェア開発におけるチェーンリンクドモデルと回帰テストを適用したコンカレント型ソフトウェア開発プロセスの提案  (日本経営システム学会(共同))
2. 2009/03/10 Midyy デモ発表  (Eugage Expo(単独))
3. 2009/01/30 オープンリサーチセンタープロジェクト報告  (iBiZ2009国際シンポジウム(単独))
4. 2008/02/10 Elements of Net Business Ethics  (iBiZ2008(単独))
5. 2004/10/16 情報通信技術を本質的な構成要素とするビジネスに関するビジネスモデルについて  (ビジネスモデル学会(共同))
6. 2004/01 Real-time Streaming Business Architecture: Utilizing Existing ISP Networks and its Application to Music Concert  (Proc. of the 2nd International Conference on Information Technology for Application (ICITA 2004)(IEEE)(共同))
7. 2002/03/27 A Layer Enabling Transport Independent Connection  (Proc. International Conf. on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences(電子情報通信学会, KICS, IEEE IES & CS共催)(共同))
8. 2001/03/15 インターネットオークションの現状と比較指標  (第62回全国大会 4ZA-3(情報処理学会)(共同))
9. 2000/09/20 (講演)インターネットとビジネス:グローバル化した環境の中で考えるべきこと  (情報処理学会セミナー(単独))
10. 2000/03/14 Linuxにおける再利用可能なスレッドライブラリの実装  (第60回全国大会 1H-1(情報処理学会)(共同))
11. 1999/09/30 教育用JVMエミユレータの設計と試作  (第59回全国大会4L-3(情報処理学会)(共同))
12. 1997/11/04 Teaching Information Literacy for Seamless Personal Workspace  (APEC-CIL'97(単独))
13. 1991/12/12 YY : A Network Oriented Window Toolkit for Lisp Server  (第1回マルチエージェントと協調計算ワークショップ(ソフトウェア科学会)(単独))
14. 1990/03/15 YYonXにおけるYYWSの設計  (第40回全国大会3J-3(情報処理学会)(共同))
15. 1990/03/15 YYonX:概要設計  (第40回全国大会3J-2(情報処理学会)(単独))
16. 1990/03/15 A Requirement Analysis for A Portable Window System on Top of Common Lisp  (第40回全国大会3J-1(情報処理学会)(単独))
17. 1990/03/15 YYonXにおけるYY-serverの設計  (第40回全国大会3J-4(情報処理学会)(共同))
18. 1989/10/17 Apostle利用者環境の構築(2)―制御機構―  (第39回全国大会3T-7(情報処理学会)(共同))
19. 1989/10/17 Apostle利用者環境の構築(1)―概要設計―  (第39回全国大会3T-6(情報処理学会)(単独))
20. 1988/09/13 Apostle:協調結合に基づく分散処理システム(2)―システムの実現―  (第37回全国大会3E-5(情報処理学会)(共同))
21. 1988/09/13 Apostle:協調結合に基づく分散処理システム(1)―Trinity構想における構成―  (第37回全国大会3E-4(情報処理学会)(単独))
22. 1986/11/09 Discriminating Eval  (第三回全国大会A-4-2(ソフトウェア科学会)(単独))
23. 1986/03/18 Common Lispへのオブジェクト指向機能原案の言語仕様上の特徴と問題点  (WOOC86(ワークショップ on オブジェクト指向コンピューティング)(ソフトウェア科学会)(単独))
24. 1985/11/21 On the Principles behind Object-Oriented Facilities of Common Lisp for Alien Languages  (第2回全国大会4A-4(ソフトウェア科学会)(共同))
25. 1984/09/12 Lisp05コンパイラの設計  (第29回全国大会(情報処理学会)(単独))
26. 1984/05/29 Some Considerations on the Features of UNIX as a defacto Industrial Standard OS  (IMAC84 Committee,International Microcomputer Application Conf.(単独))
27. 1983/10/20 IMFとSGS:2つのTSS教育サポート  (第27回全国大会(情報処理学会)(単独))
28. 1983/10/19 8086系試作LispのOSプリミティブについて  (第27回全国大会(情報処理学会)(単独))
29. 1981/10/15 私学共通システム記述言語の試み  (1981年度全国大会(情報処理学会)(共同))
30. 1981/10/15 LispマシンALPS/Ⅱの性能と評価  (1981年度全国大会(情報処理学会)(共同))
31. 1979/11/15 An Adaptable Lisp Machine based on Microprocessors  (IEEE IEEECS International Micro & Mini Computer Conf.(単独))
32. 1979/05/26 ソフトウェア生産への構造的アプローチ  (1979年度春季大会(日本経営工学会)(単独))
33. 1979/03/16 ALPSからの2,3の話題  (記号処理研究会(情報処理学会)(単独))
34. 1978/08/22 ALPS/ⅠへのReduceのインプリメンテーション  (1978年度全国大会(情報処理学会)(単独))
35. 1978/08/21 第2回Lisp処理系コンテスト講評パネラ  (記号処理研究会(情報処理学会)(単独))
36. 1977/10/06 LispマシンALPS/Ⅰの性能評価  (記号処理研究会(情報処理学会)(単独))
37. 1977/10/04 ALPS/Ⅰの機能について  (1977年度全国大会(情報処理学会)(単独))
38. 1977/10/04 ALPS/Ⅰでの箱入娘パズルの解法について  (1977年度全国大会(情報処理学会)(単独))
39. 1977/07/14 マイクロコンピュータによるLispマシン  (マイクロコンピュータシンポジウム(情報処理学会)(単独))
40. 1977/07/07 マイクロコンピュータとLisp  (情報科学若手の会(情報処理学会)(単独))
41. 1977/05/01 連想情報モデルについて  (1977年度春季大会(日本経営工学会)(単独))
42. 1977/02/15 FAST1の基本機構について  (ソフトウェア工学研究委員会(情報処理学会)(単独))
43. 1976/11/22 LispマシンALPS/Ⅰ  (第4回記号処理研究委員会(情報処理学会)(単独))
44. 1976/11/21 マイクロコンピュータを用いたLispマシンALPS/Ⅰの設計  (1976年度全国大会(情報処理学会)(単独))
45. 1976/11/21 ALPS/Ⅰの固定プログラム開発のためのサポートシステム  (1976年度全国大会(情報処理学会)(単独))
46. 1976/11/21 ALPS/Ⅰでのバルクメモリインタフェイス機構とLispインタプリタ  (1976年度全国大会(情報処理学会)(単独))
47. 1975/11/04 ソフトウェアマネジメントシステムFAST1  (1975年度秋季大会(日本経営工学会)(単独))
■ 外部資金導入状況(国からの補助金)
1. 2004/04~
2008/03
アジアにおけるインターネットビジネス教育システムモデルの国際開発研究(その他の補助金・助成金)(オープンリサーチセンター私立大学学術研究高度化推進事業(研究分担者))
2. 2003/04~
2006/03
アジアのMBA育成の教育システム研究開発(科学研究費補助金)(基盤研究(B)(研究分担者))
3. 2001/05~
2004/03
知識処理言語のユ-ザインタ-フェ-スに関する研究(その他の補助金・助成金)(私立大学等経常費補助金(委託研究)(研究代表者(単独)))
4. 1988/04~
1989/03
協調結合のためのネットワーク研究装置(その他の補助金・助成金)(私立学校施設整備補助金(研究分担者))
5. 1986/04~
1987/03
メソッドディスクリミネーションの高効率化の研究(科学研究費補助金)(奨励研究(A)(研究代表者(単独)))
6. 1984/04~
1985/03
厚生行政情報システムにおける分散処理のあり方について(科学研究費補助金)(厚生省科学研究費(研究代表者(単独)))
7. 1982/04~
1983/03
機種独立性の高いシステム記述言語および処理系の研究(科学研究費補助金)(総合研究(A)(研究分担者))
■ 外部資金導入状況(受託研究・指定寄付金等)
1. 2004/11~
2005/03
知識処理言語のユーザインターフェースに関する研究(単独)(企業等からの受託研究)
2. 2004/09~
2005/02
アジアにおけるオープンソースソフトウェア推進のための人材育成に関する調査研究(単独)(企業等からの受託研究)
3. 2004/05~
2004/09
知識処理言語のユーザインターフェースに関する研究(単独)(企業等からの受託研究)
4. 2003/12~
2004/02
アジアにおけるオープンソースソフトウェア推進のためのロードーマップ構築に関する調査研究(単独)(企業等からの受託研究)
5. 1992/08 分散環境下でのユーザインタフェース構築用言語に関する研究(単独)(その他)
6. 1992/03 ISDNを用いた計算機間接続と分散データベースに関する基礎研究(単独)(その他)
 閉じる
 このページの先頭へ

 Copyright © 2003-2004 Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.