青山学院大学 研究者情報   
 
TOPページ      


  フクイ ヨシタカ
  福井 義高   青山学院大学 国際マネジメント研究科   教授
■ 担当科目
     財務分析(専門職)、マクロ経済データ分析(専門職)、財務会計(専門職)、統計的方法論Ⅰ(専門職)(院)
■ 専門分野及び関連分野
    会計制度・情報の経済分析, 法と経済学, 進化と社会行動, コーポレート・ガバナンス, 国際政治 
■ 学歴
東京大学法学部第三類卒業
カーネギーメロン大学大学院修士課程(経営工学専攻)修了
カーネギーメロン大学大学院博士課程(経営工学(会計学)専攻)修了
■ 最終学位
Ph.D.(経営工学)
■ 職歴
日本国有鉄道 勤務
東日本旅客鉄道株式会社 勤務
青山学院大学 非常勤講師
東北大学大学院経済学研究科 助教授
■ 所属学会
日本数理生物学会
軍事史学会
日本会計研究学会
アメリカ会計学会
アメリカ経済学会
■ 
1997/06 アメリカ会計学会Doctoral Consortium Fellow(アメリカ会計学会)
■ 研究テーマ
(長期) 公共交通における効率性と公共性 
(長期) 共産主義とファシズム 
(長期) 会計測定の相対性と企業価値の不変性 
(長期) 会計現象における期待の役割 
■ 社会的活動
1. 2002/04~ Chartered Financial Analyst
2. 2014/06~ 長谷工コーポレーション社外役員
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 【著書】  日本人が知らない最先端の「世界史」  (単独)  2016/07
2. 【著書】  鉄道は生き残れるか  (単独)  2012/08
3. 【著書】  会計基準研究の原点  (共同)  2012/06
4. 【著書】  体系現代会計学第1巻:企業会計の基礎概念  (共同)  2011/04
5. 【著書】  『会計測定の再評価』  (単独)  2008/12
6. 【著書】  事業継続能力監査と倒産予測モデル  (共同)  2008/05
7. 【著書】  『中国がうまくいくはずがない30の理由』  (単独)  2006/04
8. 【著書】  'Do the Japanese Work till They Drop?'"Japan: Why It Works,Why It Doesn't"(James Mak他編)    1998
9. 【論文】  張作霖爆殺ソ連犯行説 見逃された重要証言  (単独)  2016/05
10. 【論文】  過渡期にある会計研究  (単独)  2016/04
11. 【論文】  見つかりかけた忘れもの:概念フレームワークと変動する割引率  (単独)  2015/09
12. 【論文】  Hiroshima und Nagasaki  (単独)  2015/08
13. 【論文】  『21世紀の資本』の欺瞞と拡散する誤読  (単独)  2015/04
14. 【論文】  「性奴隷」誤解を解くカギはトルコに学べ  (単独)  2014/12
15. 【論文】  ケネディ米大使、実力は「?」  (単独)  2014/05
16. 【論文】  世界の「歴史」最前線(連載)  (単独)  2014/05
17. 【論文】  ひょっとすると役に立つかもしれない会計のはなし(連載~2016年3月)  (単独)  2014/04
18. 【論文】  A downward bias in probability of misclassification of human polymorphic loci?  (単独)  2013/08
19. 【論文】  衝撃の米国防総省「性犯罪報告」  (単独)  2013/08
20. 【論文】  ドイツ最大のタブー崩壊:反移民と脱ユーロ  (単独)  2012/09
21. 【論文】  "Discussion Paper: Who Should Take Responsibility for Unexpected Interest Changes? Lesson from the Privatization of Japanese Railroad System"  (共同)  2012/06
22. 【論文】  さらば、「正義の連合国」史観  (単独)  2012/01
23. 【論文】  「会計時評:増税+国債償還=世代”内”所得移転」  (単独)  2011/12
24. 【論文】  "The Imagined Dichotomy of Accounting versus Economic Income Concepts"  (単独)  2011/11
25. 【論文】  「会計時評:対外不均衡+対外不均衡=グローバル・バランス」  (単独)  2011/11
26. 【論文】  「会計時評:企業利益とGDP,どっちが粉飾しやすい?」  (単独)  2011/10
27. 【論文】  「公正価値会計の経済的帰結」  (単独)  2011/08
28. 【論文】  "What drives the profitability of Japanese multi-business corporations? A variance components analysis"  (共同)  2011/06
29. 【論文】  「利子率のファンダメンタル・バリュー」  (単独)  2010/12
30. 【論文】  「会計研究の危機:IFRSと基準の統一」  (単独)  2009/09
31. 【論文】  "Value Relevance Study―Relevant for What? ―and Beyond: Changing Equity Premium and Empirical Research"  (単独)  2008/11
32. 【論文】  "Twenty Years After"  (単独)  2008/03
33. 【論文】  「概念フレームワークの忘れもの:変動する資本コストと会計情報」  (単独)  2007/09
34. 【論文】  "Corporate Diversification, Performance, and Restructuring in the Largest Japanese Manufacturers"  (共同)  2007/09  [PDF]
35. 【論文】  「日中関係の構築を見誤るな」  (単独)  2006/11
36. 【論文】  「ルーズベルト対日戦決意の「背景」最新報告」  (単独)  2006/08
37. 【論文】  「東京裁判史観を痛打する『ヴェノナ』のインパクト」  (単独)  2006/05
38. 【論文】  「不動産投資における『見落とされた』リスク」  (共同)  2006/03
39. 【論文】  「会計基準の国際化:減損会計は投資家に資するか」  (単独)  2004/04
40. 【論文】  「規制ではなく競争を:会計基準・監査への市場メカニズム導入」  (単独)  2004/03
41. 【論文】  「米国の左翼、ヘレン・ケラーからリベラルまで」  (単独)  2003/07
42. 【論文】  「ゆとり教育:もう一つの巨大公共事業のゆくえ」  (単独)  2003/04
43. 【論文】  (コメント)「企業経営の規律づけの観点からみたディスクロージャー制度のあり方:ディスクロージャーにおける経営者の裁量を巡る問題を中心に」    2003/03
44. 【論文】  「情報カスケードと会計基準」  (単独)  2002/05
45. 【論文】  「残余利益に基づく業績評価:EVA®を中心に」  (共同)  2002/04
46. 【論文】  「地域経済の自律的発展と公共事業」  (共同)  2001/12
47. 【論文】  'The Great Illusion: Ignorance,Informational Cascades,and the Persistence of Unpopular Norms'  (共同)  1999/01  [PDF]
48. 【論文】  「日本の鉄道事業の全要素生産性」  (共同)  1996/01
49. 【その他】  さらば暗黒史観! 日本よ、今こそ真の独立を  (共同)  2016/09
50. 【その他】  アメリカはなぜ日本と戦争をしたのか(下)  (共同)  2013/02
51. 【その他】  アメリカはなぜ日本と戦争をしたのか(中)  (共同)  2013/01
52. 【その他】  アメリカはなぜ日本と戦争をしたのか(上)  (共同)  2012/12
53. 【その他】  (書評)「田村威文著『ゲーム理論で考える企業会計』」  (単独)  2011/05
54. 【その他】  (書評)「斎藤静樹著『会計基準の研究』」  (単独)  2009/08
55. 【その他】  (翻訳)シャム・サンダー「想像の中の会計という世界」  (単独)  2007/05
56. 【その他】  (翻訳)「悪の連結(リンケージ):北朝鮮と中国の無法」  (単独)  2004/09
■ 研究業績(招待講演)
1. 2015/12/05 過渡期にある会計研究  (日本会計研究学会第63回関東部会)
2. 2015/01/20 ハイパーインフレーション:第一次大戦後ドイツの経験から  (財務省財務総合政策研究所ランチミーティング)
3. 2014/07/25 経済理論から見た日本基準の合理性  (東京大学金融教育研究センター(CARF)セミナー)
4. 2014/06/11 社外取締役は必要か?  (日本監査役協会)
5. 2014/06/09 社外取締役は必要か?  (日本監査役協会)
6. 2011/02/04 公正価値会計の経済的帰結  (日本銀行金融研究所委託研究報告セミナー(単独))
7. 2010/11/26 客観的規範論の可能性:会計研究を例に  (武蔵大学経済セミナー(単独))
8. 2010/06/11 会計研究の基礎概念  (神戸大学経済経営研究所兼松セミナー(単独))
9. 2010/02/14 Where Is Accounting in Accounting Studies?  (日本会計研究学会課題研究委員会(単独))
10. 2009/06/25 企業価値評価における会計測定の相対性と変動する資本コスト  (大阪大学大学院経済学研究科(単独))
11. 2009/03/20 企業価値評価における会計測定の相対性と変動する資本コスト  (武蔵大学経済学部(単独))
12. 2009/03/02 企業価値評価における会計測定の相対性と変動する資本コスト  (日本銀行金融研究所(単独))
13. 2007/10 ヴェノナと昭和史再検討  (情報通信国際交流会(単独))
14. 2007/08 Big Unanswered Questions in Accounting  (American Accounting Association(単独))
15. 2003/02/03 Not Episode But Epitome: North Korea Kidnapped Innocent Citizens  (Heritage Foudnation(単独))
16. 2001/07/07 実証研究の前に理解しておきたいこと  (監査研究学会2001年度東日本部会(単独))
17. 2001/06/23 残余利益モデルによる業績評価  (一橋大学管理会計フォーラム(単独))
18. 2000/09/15 企業価値の評価と残余利益モデル  (日本管理会計学会2000年度全国大会(単独))
■ 研究業績(学会発表)
1. 2016/09/13 配当割引モデルと割引超過利益モデルの等価性と実証研究  (日本会計研究学会第75回大会(単独))
2. 2015/09/07 情報理論による実証分析と測定論の橋渡し  (日本会計研究学会第74回大会(単独))
3. 2010/05/16 1939年(昭和14年)のソ連対外政策:ノモンハンからポーランドそしてフィンランドへ  (軍事史学会年次大会(単独))
4. 2009/07/04 企業価値評価における会計測定の相対性と変動する資本コスト  (第17回大分会計学研究会(単独))
5. 2007/09/19 Is Public Private Partnership a Panacea for Transportation Infrastructure? A Lesson from the Funding of Japanese High-Speed train Network  (Second International Conference on Funding Transportation Infrastructure(共同))
6. 2007/08 癌因子制御の数理モデル:副作用のない薬をめざして  (新しい生物数学の研究交流プロジェクト(共同))
7. 2007/08 A Theory of Accounting Relativity: Double-Entry Bookkeeping as a Transformation of Coordinates  (American Accounting Association, Annual Meeting, Research Forum(単独))
8. 2007/07 What Drives the Profitability of Japanese Multi-Divisional Corporations? A Variance Components Analysis  (東京大学大学院経済学研究科実証ミクロフォーラム(共同))
9. 2007/06 What Drives the Profitability of Japanese Multi-Divisional Corporations? A Variance Components Analysis  (早稲田大学大学院商学研究科COEセミナー(共同))
10. 2006/10 A Consumption-Based Asset Pricing Model with Accounting Numbers: Corporate Earnings and Book Value are as Real as Consumption  (大阪大学社会経済研究所セミナー(単独))
11. 2006/09/07 ヴェノナと昭和史再検討  (近代日本史料研究会(単独))
12. 2006/08/03 Who Should Take Responsibility for Unexpected Interest Changes? Lesson from the Privatization of Japanese Railroad System  (First International Conference on Funding Transportation Infrastructure(共同))
13. 2006/08 A Consumption-Based Asset Pricing Model with Accounting Numbers: Corporate Earnings and Book Value are as Real as Consumption  (American Accounting Association, Annual Meeting, Research Forum(単独))
14. 2005/06/05 What Distinguishes Accouting Harassment from Sexual One?  (Illinois International Accounting Symposium on Corporate Governance and Accountability(単独))
15. 2003/03 More Stylized Facts before Theorizing: Toward a Data Acceptable Ohlson Model  (日本管理会計学会第三回リサーチ・セミナー(単独))
16. 2002/11/26 「会計情報の提供プロセスにおける経営者の裁量の意義と問題点」報告に関するコメント  (「企業経営の規律づけの観点からみたディスクロージャー制度のあり方:ディスクロージャーにおける経営者の裁量を巡る問題を中心に」ワークショップ(単独))
17. 2002/10/25 More Stylized Facts Before Theorizing: Toward a Data Acceptable Ohlson Model  (Interdisciplinary Accounting Conference(Carnegie Bosch Institute)(単独))
■ 外部資金導入状況(国からの補助金)
1. 2015/04~
2018/03
座標変換の学としての会計学再構築(科学研究費補助金)(挑戦的萌芽研究)
2. 2011/04~
2014/03
社会現象の会計的基礎とその存在論的考察(科学研究費補助金)(挑戦的萌芽研究(研究代表者(単独)))
3. 2008/04~
2011/03
会計基準の投資意思決定有用性に関する原理的考察と新たな方法論構築(科学研究費補助金)(挑戦的萌芽研究(研究代表者(単独)))
4. 2003/04~
2006/03
アジアのMBA育成の教育システム研究開発(科学研究費補助金)(基盤研究(B)(研究分担者))
 閉じる
 このページの先頭へ

 Copyright © 2003-2004 Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.