青山学院大学 研究者情報   
 
TOPページ      


  サワダ ナオヒロ
  澤田 直宏   青山学院大学 国際マネジメント研究科   教授
■ 担当科目
     経営戦略基礎(専門職)、経営戦略(上級)
■ 専門分野及び関連分野
    経営戦略論 
■ 学歴
慶應義塾大学商学部卒業
慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了
一橋大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得退学
■ 最終学位
博士(商学)
■ 職歴
1996/04~2000/03  全国信用金庫連合会 (現 信金中央金庫)
2002/05~2004/02  A.T. カーニー 株式会社
2007/04~2011/03  横浜市立大学 国際総合科学部 准教授(任期付)
2011/04~2015/03  青山学院大学 国際マネジメント研究科 准教授
2015/04~現在      同 教授
■ 所属学会
Academy of Management
Strategic Management Society
組織学会
■ 
2012/03 ABSベスト・ティーチング・アワード(2011年度)
2014/03 ABSベスト・ティーチング・アワード(2013年度)
■ 研究テーマ
(短期) 海外進出先におけるローカル知識の吸収・活用が企業全体のパフォーマンス向上に与える影響についての実証研究 
(短期) 組織内コーディネーション機能が動的能力の向上に与えるインパクトについての実証分析 
■ 研究業績(著書・論文等)
1. 【論文】  Asakawa, K., Nakamura, H. & Sawada, N. (2010). "Firm's open innovation policy, laboratory's external collaborations, and laboratory's R&D performance" R&D Management, Vol. 40(2), pp. 109-123.[査読あり]  (共同)  2010/03
2. 【論文】  澤田直宏 (2014).「競合企業との相互作用に基づくビジネスシステムの形成および同プロセスが生み出す市場ニーズとのミスマッチ」 『組織科学』 47巻4号, pp.48-70.[査読あり]  (単独)  2014/06
3. 【論文】  澤田直宏・中村洋 (2010). 「新たな派生市場セグメントに対する既存ビジネスシステムの適応困難性」 『組織科学』 43巻3号, pp. 57-71.[査読あり]  (共同)  2010/03
4. 【論文】  中村洋・岡田正大・澤田直宏 (2006). 「経営資源・ケイパビリティ理論とSCP理論の動学的補完性に関する考察」 『組織科学』 40巻1号, pp. 60-73.[査読あり]  (共同)  2006/09
5. 【論文】  澤田直宏・中村洋・浅川和宏 (2010). 「オープン・イノベーションの成立条件―本社の経営政策および研究所の研究開発プロセスと研究開発パフォーマンスの観点から―」 『研究 技術 計画』 25巻1号, pp. 55-67.[査読なし]  (共同)  2010/12
6. 【著書】  須田敏子(編著) (2015).『日本型戦略の変化:経営戦略と人事戦略の補完性から探る』. 第1章,第4章,第5章1部,第6章1部,第7章1部.  (共同)  2015/03
7. 【著書】  宮副謙司・須田敏子・細田高道・澤田直宏 (2013). 『流通業のためのMBA入門―リーダーに求められる視点を学ぶ』 ダイヤモンド社. 第1部.  (共同)  2013/09
8. 【著書】  高野研一他 (2002). 『輝く組織の条件』 ダイヤモンド社. 第3章.  (共同)  2002/10
■ 研究業績(学会発表)
1. 2015/08/08 Sawada, N., Asakawa, K., & Nakamura, H. (2015). "Absorbing or leaking critical knowledge"  (Academy of Management, Vancouver, Canada.)
2. 2015/07/03 Sawada, N., Asakawa, K., & Nakamura, H. (2015). "Internal coordination systems and dynamic capabilities"  (European Group for Organizational Studies, Athens, Greece.)
3. 2015/05/31 Asakawa, K., Sawada, N. & Nakamura, H. (2015). "Exploring the hidden effect of internal coordination systems on ‘sensing’ technological opportunities"  (Strategic Management Society, St. Gallen, Switzerland.)
4. 2014/09/02 Sawada, N., Asakawa, K. & Nakamura, H. (2014). "How absorptive capacity and intellectual property protection regimes affect a firm's open search strategy"  (International Federation of Scholarly Associations of Management, Tokyo, Japan.)
5. 2013/10/01 Sawada, N., Nakamura, H. & Asawaka, K. (2013). "The effects of corporate-level R&D policies and laboratory-level collaborations on laboratory R&D performance"  (Strategic Management Society, Atlanta, Georgia.)
6. 2013/08/12 Sawada, N., Asakawa, K. & Nakamura, H. (2013). "Laboratory-level collaboration,corporate-level R&D policies, and laboratory R&D performance"  (Academy of Management, Lake Buena Vista, Florida.)
7. 2012/12/12 Asakawa, K., Sawada, N. & Nakamura, H. (2012). "R&D collaborations, open innovation policy, and R&D performance"  (Asia Academy of Management, Seoul, Korea.)
8. 2010/12/14 Sawada, N., Nakamura, H. & Asakawa, K. (2010). "Firm-level technology policies, laboratory-level collaboration, and laboratory R&D performance: An empirical study of the large Japanese firms"  (Asia Academy of Management, Macau, China.)
9. 2008/12/14 Asakawa, K., Nakamura, H. & Sawada, N. (2008). "Firm's open innovation policy, laboraotry's external collaborations and laboratory's R&D performance"  (Asia Academy of Management, Taipei, Taiwan.)
10. 2008/08/08 Asakawa, K., Nakamura, H. & Sawada, N. (2008). "External collaborations and R&D performance"  (Academy of Management, Anaheim, California.)
11. 2008/06/07 浅川和宏・中村洋・澤田直宏 (2008). 「対外的・対内的技術交流が研究所のR&D成果へ及ぼす相対的影響」  (組織学会, 神戸大学)
12. 2004/06/19 中村洋・岡田正大・澤田直宏 (2004). 「経営資源・ケイパビリティ論とSCPロジックの動学的統合仮説」  (組織学会, 東京大学)
 閉じる
 このページの先頭へ

 Copyright © 2003-2004 Aoyama Gakuin University. All Rights Reserved.